高木惟矩

高木 惟矩(たかぎ これのり、1838年天保9年[1]) - 1886年明治19年)7月3日[1][注 1])は、幕末福井藩士明治時代の官吏筑摩県参事。通称は庄次郎[1][2]

経歴

福井藩士、高木庄右衛門延清の子[2]1857年(安政4年2月)明道館の外塾助となり、1859年(安政6年2月)同館役輩、1861年(文久元年11月)製造方見習、同年12月、製造方を経て、1864年(元治元年4月)大番組として京都堺町御門警衛詰となる[2]戊辰戦争に従軍[1]

維新後は、1869年(明治2年10月)高山県大参事[1]、筑摩県権参事を経て、1874年(明治7年)3月、筑摩県参事に就任[3][4]1876年(明治9年)8月まで務めた[3][4]

1879年(明治12年)宮城県黒川加美郡長に任じ、1880年(明治13年)新潟県勧業課長となった[1]。1886年(明治19年)7月3日、東京で病没した[1]

栄典

位階

脚注

注釈

  1. 『越前人物志 上』696頁では明治19年1月3日没。

出典

  1. 大植 1935, 223頁.
  2. 福田 1910, 693頁.
  3. 保科 1882, 157頁.
  4. 赤羽ほか 1989, 806頁.

参考文献

  • 保科保 編 『地方沿革略譜』 報告社、1882年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/784650
  • 福田源三郎 『越前人物志 上』 玉雪堂、1910年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/993478
  • 大植四郎 編 『国民過去帳 明治之巻』 尚古房、1935年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1262271
  • 赤羽篤ほか 編 『長野県歴史人物大事典』 郷土出版社、1989年。ISBN 4876631263。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.