高木典雄

高木 典雄(たかき のりお、1951年8月10日 - )は、日本政治家国土交通官僚福岡県うきは市長(3期)。

本来の表記は「木典雄」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
高木 典雄
たかき のりお
生年月日 (1951-08-10) 1951年8月10日(69歳)
出生地 福岡県浮羽郡浮羽町(現・うきは市
出身校 福岡大学商学部2部
所属政党 無所属

当選回数 3回
在任期間 2012年7月15日 - 現職

略歴

福岡県浮羽郡浮羽町(現・うきは市)生まれ。1970年福岡県立浮羽東高等学校を卒業し[1]建設省九州地方建設局に入省[2]1974年福岡大学商学部2部卒業[1]

1994年、建設省九州地方建設局から浮羽町助役に出向(1998年まで)[3]

国土交通省福岡国道事務所副所長、九州地方整備局調査官、九州地方整備局総括調整官などを歴任[2]

2012年3月、国土交通省を退官[1]。同年5月25日、うきは市長の怡土康男が任期中、肺炎により死去[4]。怡土の死去に伴って行われた市長選挙(7月8日告示、7月15日執行)に立候補し、無投票で初当選した[3]

2016年、再選。投票率は56.10%[5]。2020年、3期目の当選。

市政

  • 2020年8月3日~5日開催の市議会臨時会に、新型コロナウイルス対策の財源に充てるため、自身の同年8月から12月までの月額給与を20%減額する条例案を提出し、可決された。副市長については10%、教育長については7%減額する[6]

脚注

関連項目

  • 田中勇一 - 元国土交通省官僚。高校卒業後、建設省入省
公職
先代:
怡土康男
福岡県うきは市長
2012年 -
次代:
現職
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.