高平郡 (西晋)

高平郡(こうへい-ぐん)は、中国にかつて存在した晋代から北斉にかけて、現在の山東省西部に設置された。

概要

山陽郡を前身とした。西晋が建国されると、陳騫が高平公に封じられ[1]高平国が立てられた。高平国は兗州に属し、昌邑鉅野方与金郷湖陸高平南平陽の7県を管轄した[2]

南朝宋のとき、高平郡は高平・方与・金郷・鉅野・平陽・亢父の6県を管轄した[3]

北魏のとき、高平郡は高平・方与・金郷・平陽の4県を管轄した[4]

北斉のとき、高仁英が高平王に封じられた[5]

脚注

  1. 晋書』陳騫伝
  2. 『晋書』地理志上
  3. 宋書』州郡志一
  4. 魏書』地形志二中
  5. 北斉書』後主紀
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.