馮友蘭

馮 友蘭(ふう ゆうらん、拼音: Féng Yǒulán簡体字: 冯友兰1895年12月4日 - 1990年11月26日[1])は、20世紀中国哲学研究者。新儒家の一人。は芝生(しせい)。堂号は三松堂。河南省南陽府唐県の出身。

馮友蘭

1915年北京大学の哲学科に入学し、1919年にはコロンビア大学に留学を果たす。アンリ・ベルクソンジョン・デューイバートランド・ラッセルの影響を受ける。

中国に帰国した後は、燕京大学中山大学清華大学で教鞭を執る。日中戦争期は西南聯合大学で教鞭を執る。1946年ペンシルベニア大学に招聘されて教鞭を執る。1952年、北京大学教授に就任。1990年、逝去。

主な著書

  • 『一種人生観』(1924年
  • 『中国哲学史』上下巻(1934年) - 『清華大学叢書』の1冊。胡適の『中国哲学史大綱』と並ぶ中国人自身の手になる中国哲学史の筆頭。
  • 『新理学』(1939年
  • 『新事論』(1940年
  • 『新世訓』(1940年)
  • 『新原道』(1945年
  • 『中国哲学史論文集』(1958年
  • 『四十年的回顧』(1959年
  • 『中国哲学史新編』全7巻 - 1964年マルクス主義の観点から『中国哲学史』を書き直すという名目で1・2巻を出版[2]文革終了後の1982年から続刊[1]
    • 日本語訳: 『新編中国哲学史』全2巻、森下修一訳、林書店(1966年)、NDLJP:2970969

脚注

  1. 高橋忠彦・小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)『馮友蘭』 - コトバンク
  2. 李宗桂 著、本間啓介 訳「二十世紀中国哲学研究の詳察と新世紀の展望」『倫理学』第19巻、筑波大学倫理学原論研究会、2002年、 144頁。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.