馬回虫

馬回虫(ウマ(ノ)カイチュウ、学名Parascaris equorum)とは、ウマロバラバシマウマウシ小腸、時に盲腸結腸寄生する回虫の1種。体長は♂15-28cm、♀18-50cm。感染様式は経口感染

馬回虫 Parascaris equorum
分類
: 動物界 Animalia
: 線形動物門 Nematoda
: 双腺綱 Secernentea
亜綱 : 旋尾線虫亜綱 Spiruria
: 回虫目 Ascaridida
上科 : 回虫上科 Ascaridoidea
: 回虫科 Ascarididae
亜科 : 回虫亜科 Ascaridinae
: Parascaris
: 馬回虫 P. equorum
学名
Parascaris equorum
(Goeze, 1782) Yorke & Maplestone, 1926[1]
和名
馬回虫

染色体は2本と非常に少なく、ドイツの動物学者テオドール・ボヴェリにより、1887年に初めての染色体削減(染色質削減)という現象が報告された動物でもある。

脚注

出典

  • 平詔亨ほか著 『家畜臨床寄生虫アトラス』 チクサン出版社 1995年 ISBN 9784885004100

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.