香港語言学学会粤語拼音方案

香港語言学学会粤語拼音方案(ホンコンごげんがくがっかいえつごピンインほうあん)、略称粤拼 (えつピン、Jyutping, ユッピン) とは、粤語(広東語)をラテン文字によって表記する方法の一つ。香港語言学学会 (LSHK) によって1993年に制定された。特にコンピュータ処理の分野で支持されており、インプットメソッド(粤拼輸入法)として発展している。

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0212JIS X 0213繁体字)が含まれています。

粤拼の歴史

声母

19の声母が立てられている。

b
/p/
p
/pʰ/
m
/m/
f
/f/
d
/t/
t
/tʰ/
n
/n/
l
/l/
g
/k/
k
/kʰ/
ng
/ŋ/
h
/h/
gw
/kʷ/
kw
/kʷʰ/
w
/w/
z
/ts/
c
/tsʰ/
s
/s/
j
/j/

韻母

56の韻母が立てられている。

ø -p -t -k -m -n -ng -i -u
i- i
[iː]
ip
[iːp̚]
it
[iːt̚]
ik
[ɪk̚]
im
[iːm]
in
[iːn]
ing
[ɪŋ]
iu
[iːu]
yu- yu
[yː]
yut
[yːt̚]
yun
[yːn]
u- u
[uː]
ut
[uːt̚]
uk
[ʊk̚]
un
[uːn]
ung
[ʊŋ]
ui
[uːi]
e- e
[ɛː]
ek
[ɛːk̚]
eng
[ɛːŋ]
ei
[ei]
eo- eot
[ɵt̚]
eon
[ɵn]
eoi
[ɵy]
oe- oe
[œː]
oek
[œːk̚]
oeng
[œːŋ]
o- o
[ɔː]
ot
[ɔːt̚]
ok
[ɔːk̚]
on
[ɔːn]
ong
[ɔːŋ]
oi
[ɔːi]
ou
[ou]
a- ap
[ɐp̚]
at
[ɐt]
ak
[ɐk̚]
am
[ɐm]
an
[ɐn]
ang
[ɐŋ]
ai
[ɐi]
au
[ɐu]
aa- aa
[ɑː]
aap
[ɑːp̚]
aat
[ɑːt̚]
aak
[ɑːk̚]
aam
[ɑːm]
aan
[ɑːn]
aang
[ɑːŋ]
aai
[ɑːi]
aau
[ɑːu]
m
/m̩/
ng
/ŋ̩/
  • mng は単独で音節を構成する鼻音独立成韻「唔」(m)「」「五」(ng) にのみ使われる。

声調

広東語には九声があるが、入声が3声を占めるので音の高さとしては実質6つであり、1から6までの数字で表記される。

調名 陰平陰上陰去陽平陽上陽去陰入中入陽入
第1声第2声第3声第4声第5声第6声第7声第8声第9声
表記 123456136
調値 55 / 53353321 / 111322532
例字
fu1

fu2

fu3

fu4

fu5

fu6

fuk1

fok3

fuk6

fan1

fan2

fan3

fan4

fan5

fan6

fat1

faat3

fat6

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.