額田県

額田県(ぬかたけん)は、明治4年(1871年)に三河国および尾張国南部を管轄するために設置された。現在の愛知県東部にあたる。

沿革

管轄区域

[注釈 2] [注釈 3]

なお、太政官布告では以下の各旧県の飛地領を管轄するとあるが、布告と実際の当該地域の府県再編の日付が前後している部分があるため、実際に管轄したかどうかは不明である。

歴代知事

  • 明治4年11月15日(1871年12月26日) - 明治5年11月27日(1872年12月27日) : 権令・林厚徳(元徳島藩士

脚注

注釈

  1. 現在の名古屋市緑区の一部である有松町大高町を含む。
  2. 現在の豊明市の一部である旧知多郡落合村・大脇村・東阿野村を含む。
  3. 現在の東海市の一部である旧愛知郡柴田新田の南部(南柴田村)は名古屋県であった。

出典

    関連項目


    先代:
    田原県豊橋県半原県西大平県
    岡崎県挙母県西尾県西端県
    刈谷県重原県三河国
    名古屋県の一部(尾張国知多郡
    伊那県の一部(三河国)
    行政区の変遷
    1871年 - 1872年
    次代:
    愛知県
    This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.