韓国バスケットボールリーグ

韓国バスケットボールリーグ
競技プロバスケットボール
開始年1996年
参加チーム10
 韓国
前回優勝蔚山モービスフィバス

韓国バスケットボールリーグは、大韓民国の男子プロバスケットボールのリーグである。略称KBL

歴史

韓国バスケットボールリーグ
各種表記
ハングル 한국농구연맹
漢字 韓國籠球聯盟
発音 ハングクノングヨンメン
英語 Korean basketball League (KBL)

プロリーグ構想が持ち上がったのは1993年。 1996年にリーグ機構が創立され、翌1997年に初のリーグ戦が行われる。 が、当時はアジア通貨危機下でもあり、当時参戦したチームの名称の多くは変わっている。 この2005~2006シーズンも2チームの親会社が入れ替わった。 現在では韓国での冬のメインスポーツとして親しまれているが、2014年を境に観客数は年々減少している。

ルール

各チームが登録できる選手数は15人まで。 外国人選手は各チーム2人まで登録できるが、2009-2010シーズンからは1人だけ出場することができる。2018-19シーズンから新たに外国人選手に対し身長制限が設けられ、2m以上の選手は出場できない。試合規定はバスケットボール競技規則に基づく。

運営方式

レギュラーシーズン

10月から3月中旬にかけ、各チーム6試合総当り(ラウンドロビン制)のリーグ戦(54試合)を行い、プレーオフ出場チームを決定。 6位までのチームがプレーオフ出場権を得る。

オールスター戦

1月最終土日に開催。 南部選抜チームと中部選抜チームが対戦する。 2005年からは中国のプロバスケットリーグとのオールスター戦も、併せて行われるようになった。

プレーオフ・ファイナル

プレーオフ1回戦
a.レギュラーシーズン3位と6位
b.レギュラーシーズン4位と5位
で3勝先勝したチームが勝ち上がり
プレーオフ2回戦
aの勝者とレギュラーシーズン2位
bの勝者とレギュラーシーズン1位
で3勝先勝したチームが勝ち上がり
ファイナル
プレーオフ2回戦の勝者が対戦。4勝先勝したチームが優勝
2005-2006年より優勝チームは、bj-KBL チャンピオンシップゲームズに進出

構成球団(内はホームタウン)

オールスター戦で中部選抜になる球団

チームホームタウンKBL参入年度過去のチーム名
ソウル三星サンダースソウル特別市1996年
  • 水原三星サンダース(1997-2001)
ソウルSKナイツソウル特別市1997年
  • 清州SKナイツ(1997-2001)
仁川電子ランドエレファンツ仁川広域市1996年
  • 仁川大宇ゼウス(1997-1999)
  • 仁川新世紀ビッグス(1999-2001)
  • 仁川SKビッグス(2001-2003)
  • 仁川電子ランドブラックスライーマー(2003-2009)
安養KGC人参公社京畿道安養市1996年
  • 安養SBSスターズ(1997-2005)
  • 安養KT&Gカイツ(2006-2009)
  • 安養韓国人参公社(2010)
原州DBプロミ江原道原州市1996年
  • 原州ナレ・ブルーバード(1997-1999)
  • 原州三宝エクサス(1999-2002)
  • 原州TGエクサス(2002-2003)
  • 原州TG三宝エクサス(2003-2005)

オールスター戦で南部選抜になる球団

チームホームタウンKBL参入年度過去のチーム名
全州KCCイージス全羅北道全州市1996年
  • 大田現代ダイナット(1997-1999)
  • 大田現代ガリバーズ(1999-2001)
高陽オリオンズ京畿道高陽市1996年
  • 大邱東洋オリオンズ(1997-2003)
  • 大邱オリオンズ(2003-2011)
釜山KTソニックブーム釜山広域市1996年
  • 光州羅山フラマンズ(1997-1999)
  • 光州ゴールドバンク・クリッカーズ(1999-2000)
  • 麗水ゴールドバンク・クリッカーズ(2000-2001)
  • 麗水コリアテンダープルミ(2001-2003)
  • 釜山コリアテンダーMAX10(2003.9-2003.11)
  • 釜山KTFマジックウィングズ(2003.11-2009)
昌原LGセイカーズ慶尚南道昌原市1997年
  • 慶南LGセイカーズ(1997-1998)
蔚山モービスフィバス蔚山広域市1996年
  • 釜山起亜エンタープライズ(1997-2001)
  • 蔚山モービス・オートモンス(2001-2004)

歴代ファイナル

シーズン勝者戦績敗者MVP備考
  11997年釜山起亜エンタープライズ4勝1敗原州ナレブルーバード姜東煕(カン・ドンヒ)
  21997年-1998年大田現代ダイナット4勝3敗釜山起亜エンタープライズ許載(ホ・ジェ、起亜*)
  31998年-1999年大田現代ガリバーズ4勝1敗釜山起亜エンタープライズ趙成遠(チョ・ソンウォン)
  41999年-2000年清州SKナイツ4勝2敗大田現代ガリバーズ徐章勲(ソ・ジャンフン)
  52000年-2001年水原三星サンダース4勝1敗昌原LGセイカーズ朱熙正(チュ・ヒジョン)
  62001年-2002年大邱東洋オリオンズ4勝3敗ソウルSKナイツマーカス・ヒックス
  72002年-2003年原州TGエクサス4勝2敗大邱東洋オリオンズデビット・ジャクソン
  82003年-2004年全州KCCイージス4勝3敗原州TG三宝エクサス李相(イ・サンミン)
  92004年-2005年原州TG三宝エクサス4勝2敗全州KCCイージス金鋳城(キム・ジュソン)
102005年-2006年ソウル三星サンダース4勝0敗蔚山モービスフィバス姜赫(カン・ヒョク)
112006年-2007年蔚山モービスフィバス4勝3敗釜山KTFマジックウィングズ梁東根(ヤン・ドングン)
122007年-2008年原州東部プロミ4勝1敗ソウル三星サンダース金鋳城
132008年-2009年全州KCCイージス4勝3敗ソウル三星サンダース秋承均(チュ・スンギュン)
142009年-2010年蔚山モービスフィバス4勝2敗全州KCCイージスハム・ジフン
152010年-2011年全州KCCイージス4勝2敗原州東部プロミハ・スンジン
162011年-2012年安養KGC人参公社4勝2敗原州東部プロミオ・セグン
172012年-2013年蔚山モービスフィバス4勝0敗ソウルSKナイツヤン・ドングン
182013年-2014年蔚山モービスフィバス4勝2敗昌原LGセイコスムン・テヨン
192014年-2015年蔚山モービスフィバス4勝0敗原州東部プロミヤン・ドングン
202015年-2016年高陽オリオンズ4勝2敗全州KCCイージスイ・スンヒョン
212016年-2017年安養KGC人参公社4勝2敗ソウル三星サンダースオ・セグン
22 2017年-2018年 ソウルSKナイツ 4勝2敗 原州DBプロミ Terrico White
232018年-2019年蔚山モービスフィバス4勝1敗仁川電子ランドエレファンツイ・デソン
242019年-2020年シーズン途中終了のため行われず

関連項目

脚注

    外部リンク

    This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.