青木戒三

青木 戒三(あおき かいぞう、1880年明治13年)6月 - 没年不詳)は、朝鮮総督府官僚

経歴

秋田県出身。1905年(明治38年)に東京帝国大学法科大学独法科を卒業し、大学院に学んだ[1]高等文官試験に合格し、1908年(明治41年)より石川県事務官を務めた[1]。その後、統監府書記官、同警視、朝鮮総督府書記官、農商工部水産課長、殖産局水産課長、鉄道局長専売局長を歴任[1]1925年大正14年)、全羅北道知事となり、翌年に平安南道知事に転じた[1]

1929年昭和4年)に退官した後は、昭和水利組合嘱託を務めた[2]

親族

脚注

参考文献

  • 人事興信所編『人事興信録 第8版』人事興信所、1928年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第3版』帝国秘密探偵社、1931年。


This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.