難波田憲利

難波田 憲利(なんばた のりとし、?  寛永12年5月5日1635年6月19日)は、江戸時代初期の徳川氏家臣。1546年の河越夜戦で討死したとされる難波田憲重の孫である。父は難波田憲次。通称は善右衛門。

文禄元年(1592年)から徳川家康秀忠に仕え、大番に列す。番を辞した後は、小普請となった。寛永12年(1635年)に62歳で死去。法名は常慶。墓は雑司が谷法明寺。妻は山上七右衛門忠宗の娘。

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.