難波戦記

難波戦記(なにわせんき・なんばせんき)もしくは大坂軍記(おおさかぐんき)は、大坂の陣についての軍記物1672年(寛文12年)に刊行された。

12巻12冊本が最初に作られ、その後増補されていった。増補版では特に、1672年(寛文12年)の三宅可参(衝雪斎)の序跋をもつものが普及した。

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.