難波孝一

難波 孝一(なんば こういち、1949年9月1日 - )は、日本裁判官弁護士東京地方裁判所所長代行や、東京高等裁判所部総括判事を経て、森・濱田松本法律事務所客員弁護士、法務省司法試験考査委員

人物・経歴

1972年中央大学法学部法律学科卒業。司法修習を経て、1979年東京地方裁判所判事補任官。1982年釧路地方裁判所帯広支部判事補。1984年最高裁判所事務総局民事局付。1986年東京地方裁判所判事補。1987年千葉地方裁判所判事補。1990年広島高等裁判所判事職務代行。1993年最高裁判所司法研修所教官(民事裁判)。[1]

1994年法務省司法試験考査委員民法)。1997年東京地方裁判所判事。1999年東京地方裁判所部総括判事。2008年法務省法制審議会委員非訟手続家事審判)。2009年東京地方裁判所部総括判事所長代行。2010年熊本地方裁判所長。2012年東京高等裁判所部総括判事[1]

2014年定年退官、東京弁護士会弁護士登録、森・濱田松本法律事務所客員弁護士。2016年法務省司法試験考査委員(民事訴訟法)、筑波大学法科大学院有識者会議委員[1]。2019年にはKYB外部調査委員会委員長として、免震装置のデータ改ざん問題の調査にあたった[2]。同年アドバンテスト取締役 監査等委員[3]

裁判

著書

  • 『少額訴訟の審理方法に関する研究: よりやさしい運営をめざして』(共著)司法研修所 2001年
  • 『民事証拠法大系』(門口正人福田剛久金井康雄と共編)青林書院 2003年 - 2005年
  • 『労働事件審理ノート』(山口幸雄三代川三千代と共編)判例タイムズ社 2005年
  • 『要件事実の基礎理論』(伊藤滋夫と共編)青林書院 2005年
  • 『民事事実認定重要判決50選』(奥田隆文と共編)立花書房 2015年
  • 『企業訴訟総論』(稲生隆浩横田真一朗金丸祐子と共著)中央経済社 2017年
  • 『業務場面でつかむ!民法改正で企業実務はこう変わる』(監修)第一法規出版 2018年

脚注

先代:
小林正明
熊本地方裁判所長
2010年 - 2012年
次代:
永松健幹
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.