雑司が谷駅

雑司が谷駅(ぞうしがやえき)は、東京都豊島区雑司が谷二丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)副都心線である。駅番号F 10

雑司が谷駅
1番出入口(2008年6月14日
ぞうしがや
Zoshigaya
F 09 池袋 (1.8 km)
(1.5 km) 西早稲田 F 11
所在地 東京都豊島区雑司が谷二丁目6-1
駅番号 F10[1]
所属事業者 東京地下鉄(東京メトロ)
所属路線 [1]副都心線
キロ程 13.1 km(和光市起点)
電報略号 ソウ
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
19,339人/日
-2019年-
開業年月日 2008年平成20年)6月14日[2][3]
乗換 鬼子母神前停留場都電荒川線

雑司が谷駅
配線図
凡例

池袋駅

2 1

西早稲田駅

ホーム(2009年6月)

歴史

駅構造

島式ホーム1面2線を有する地下駅

建設中の環状5の1号線(東池袋交差点 - 千登世橋間)の地下にあり、ホームは地表から33.8mに位置し、東京メトロの駅では5番目に深い駅に該当する。

出入口は3か所あり、1番出入口は都電荒川線鬼子母神前停留場の前にある。法明寺鬼子母神堂へ向かうには、この出入口から鬼子母神通り商店睦会を通って行くのが早い。

2番出入口は千登世橋脇の明治通り沿いにある豊島区立千登世橋教育文化センター地下1階部分(元々豊島区立雑司が谷図書館があった場所)にある。

3番出入口は目白通り高田一丁目交差点付近にあり、そこに至る通路の途中に動く歩道が設置されている。当初の計画では目白通り沿いの出入口は検討されていなかったが、近隣住民の要望により設置された経緯がある[4]

のりば

番線路線行先
1 副都心線 新宿三丁目渋谷横浜元町・中華街方面
2 池袋和光市森林公園飯能方面

(出典:東京メトロ:構内図

発車メロディ

開業当初からスイッチ制作の発車メロディ(発車サイン音)を使用している。

曲は1番線が「シーサイド」(谷本貴義作曲)、2番線が「ティータイム」(福嶋尚哉作曲)である[5]

利用状況

2019年(令和元年)度の1日平均乗降人員19,339人であり[6]、東京メトロ全130駅中126位。副都心線内では最も少ない。開業前の予想乗降人員は1.7万人であった。

開業以来の1日平均乗降乗車人員推移は下表の通りである。

年度別1日平均乗降・乗車人員[7]
年度 1日平均
乗降人員[8]
1日平均
乗車人員[9]
出典
2008年(平成20年) [備考 1]10,205 [備考 1]5,107 [* 1]
2009年(平成21年) 11,492 5,836 [* 2]
2010年(平成22年) 12,394 6,277 [* 3]
2011年(平成23年) 12,799 6,475 [* 4]
2012年(平成24年) 13,638 6,893 [* 5]
2013年(平成25年) 15,873 8,025 [* 6]
2014年(平成26年) 16,688 8,444 [* 7]
2015年(平成27年) 17,437 8,825 [* 8]
2016年(平成28年) 17,896 9,063 [* 9]
2017年(平成29年) 18,381 9,293 [* 10]
2018年(平成30年) 19,061 9,622 [* 11]
2019年(令和元年) 19,339
備考
  1. 2008年6月14日開業。開業日から翌年3月31日までの計291日間を集計したデータ。

駅周辺

バス路線

最寄りバス停留所は、鬼子母神前千登世橋となる。以下の路線バスが乗り入れ、東京都交通局西武バスにより運行されている。

鬼子母神前 (3番出入口付近)

乗り場系統主要経由地行先運行事業者所管備考
白61日本女子大前江戸川橋都立新宿山吹高校前牛込柳町駅前曙橋新宿駅西口都営練馬
日本女子大前・江戸川橋山吹町朝、夜1本ずつ
日本女子大前ホテル椿山荘東京前
白61目白駅前聖母病院入口落合南長崎駅前新江古田駅前東長崎駅通り練馬車庫前都営練馬
目白駅前
千登世橋
乗り場系統主要経由地行先運行事業者所管備考
池65池袋駅東口都営練馬
池86池袋駅東口都営早稲田
池袋駅東口池袋サンシャインシティ
宿20宿20-1池袋西武百貨店(池袋駅東口)西武練馬1~2本/時
池65目白駅前・聖母病院入口・落合南長崎駅前・哲学堂江古田二丁目都営練馬
練馬車庫前日中・夜間のみ
池86高田馬場二丁目・東新宿駅前・新宿伊勢丹前(新宿追分)・北参道表参道渋谷駅東口都営早稲田
高田馬場二丁目・東新宿駅前新宿伊勢丹前(新宿追分)平日1本のみ
高田馬場二丁目・西早稲田早稲田
宿20目白駅・目白五丁目・中井駅東中野駅中野坂上新宿駅西口西武練馬1本/時
宿20-1目白駅目白五丁目西武練馬夜2本のみ

その他

  • 駅名は「雑司谷」であり、所在地の現在の地名に合わせている。同一駅名ではないものの、都電との接続駅としては21世紀になってから、かつ、東京メトロ発足後初めて開業した。
  • 当駅の建設の際に行われた遺跡の調査では、江戸時代茶碗徳利が多数出土している[11]
  • 2008年11月30日からセブン銀行ATM網拡充を図る一環として1・2番出口側のコンコースに同行のATMが設置された[12]

隣の駅

東京地下鉄(東京メトロ)
副都心線
急行・通勤急行
通過
各駅停車
池袋駅 (F 09) - 雑司が谷駅 (F 10) - 西早稲田駅 (F 11)

脚注

注釈

  1. 以前は「雑司ヶ谷停留場」であったが、当駅との混同を避けるため、副都心線開業日に都電荒川線の雑司ヶ谷停留場を「都電雑司ヶ谷停留場」に改称した[10]

出典

  1. 東京地下鉄 公式サイトから抽出(2019年5月26日閲覧)
  2. “首都圏の地下鉄ネットワークがますます便利に! 東京メトロ副都心線(和光市~渋谷間)平成20年6月14日(土)開業(予定)ホームドア・エスカレーター・エレベーターなどの施設も充実” (日本語) (プレスリリース), 東京地下鉄, (2008年1月31日), オリジナルの2012年5月16日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20120516005037/http://www.tokyometro.jp/news/2008/2008-04.html 2020年5月2日閲覧。
  3. “平成20年6月14日(土)副都心線開業! 東武東上線、西武有楽町線・池袋線との相互直通運転を開始” (日本語) (プレスリリース), 東京地下鉄, (2008年5月14日), オリジナルの2020年2月17日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200217162413/https://www.tokyometro.jp/news/2008/2008-25.html 2020年3月8日閲覧。
  4. 『副都心線「雑司が谷駅」開業祝賀実行委員会』より
  5. 音源リスト|東京メトロ”. 株式会社スイッチオフィシャルサイト. 株式会社スイッチ. 2019年10月3日閲覧。
  6. 各駅の乗降人員ランキング - 東京メトロ
  7. としまの統計 - 豊島区
  8. レポート - 関東交通広告協議会
  9. 東京都統計年鑑 - 東京都
  10. “都電荒川線「雑司ヶ谷」停留場の名称変更のお知らせ” (日本語) (プレスリリース), 東京都交通局, (2008年6月8日), オリジナルの2008年7月9日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20080709005117/http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/newsevent/news/toden/2008/tdn_i_200806081_h.html 2020年5月2日閲覧。
  11. 交通新聞社鉄道ダイヤ情報』2008年7月号・副都心線関連記事
  12. セブン銀 ATM網拡充 コンビニ飛び出し、駅にも - フジサンケイ ビジネスアイ2008年12月4日

出典

東京都統計年鑑

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.