集団自決

集団自決(しゅうだんじけつ)とは人が集団で自決を行う事。

語義

集団自決は集団自殺とはニュアンスが異なり、日本の辞書によっては自殺と自決で違う語義説明をしている[1]。しかし、過去の出来事・事件の中にも、「集団自決」「集団自殺」の両方の語彙が使われるものもある。

『鉄の暴風』を書いた太田良博が、沖縄戦史執筆の際に初めて用いた造語で、太田以前には存在しないともいわれる[2]

歴史上の事件の諸例

古代中国

  • 紀元前 - 墨家の集団が守備の不成功の責任をとり集団自決。呂氏春秋に記載されている。

古代ユダヤ

ロシア

ギリシャ

インドネシア

インドネシアでは集団自決をププタンといい、オランダによるバリ島侵攻、すなわちバリ戦争(1846年から1849年)、ロンボク戦争(1894年)、バリ侵攻(1906年)、バリ侵攻 (1908年)までの戦闘においてバリ島のいくつかの王国で実施された。

日本

戊辰戦争中の1868年白虎隊のうち白虎士中二番隊による集団自決が知られる。20名が自刃し、うち飯沼貞吉は生き残る。

第二次世界大戦における諸例。

関連作品

脚注

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.