隆武

隆武(りゅうぶ)は、中国南明政権(亡命政権)の隆武帝朱聿鍵の治世で使われた年号1645年7月 - 1646年

改元

弘光元年(1645年)閏6月15日、軍に捕らえられた弘光帝に代わり、福州において唐王朱聿鍵が皇帝に即位(隆武帝)、年号を「隆武」と定め、その年の7月1日を以って改元した。

しかし、隆武2年8月28日、隆武帝(朱聿鍵)もまた清軍に捕らわれたため、11月5日に隆武帝の弟、朱聿𨮁が広州で即位した。年号を「紹武」と定め、踰年改元法に則り、翌年(1647年)1月1日を以って紹武元年に改元する予定であったが、12月15日に清軍の攻撃を受け紹武帝(朱聿𨮁)が自害したことにより、紹武年号は施行されなかった。

一方、この年の11月18日には、弘光帝の従兄弟にあたる永明王朱由榔も肇慶で皇帝に即位し(永暦帝)、年号を「永暦」と定め、踰年改元法に則り、翌年1月1日を以って永暦元年に改元した。

西暦等との対照表

隆武元年2年
西暦1645年1646年
干支乙酉丙戌
順治2年3年

関連項目

前の元号:
弘光
中国の元号
南明
次の元号:
永暦
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.