隆州

隆州(りゅうしゅう)は、中国にかつて存在した南北朝時代から唐代にかけて、現在の四川省南充市一帯に設置された。

魏晋南北朝時代

南朝梁により設置された北巴州を前身とする。554年廃帝3年)、西魏により北巴州は隆州と改称された。

隋代

初には、隆州は4郡10県を管轄した。582年開皇2年)、蓬州隆城郡が廃止され、隆州に統合された。583年(開皇3年)、隋が郡制を廃すると、隆州の属郡は廃止された。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、隆州は巴西郡と改称され、下部に10県を管轄した[1]。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

隋代の行政区画変遷
区分開皇元年区分大業3年
隆州蓬州巴西郡
盤竜郡南宕渠郡金遷郡白馬郡隆城郡閬内県 南部県 蒼渓県
南充県 相如県 晋城県
西水県 奉国県 儀隆県
大寅県
閬内県
南部県
漢昌県
安漢県
相如県
晋安県
晋城県
西水県
奉国県
義陽県
儀隆県
大寅県

唐代

618年武徳元年)、により巴西郡は隆州と改められた。隆州は閬中、南部・蒼渓・南充・相如・晋安・西水・新井・奉国・思恭・儀隆・大寅・新政の13県を管轄した。712年先天元年)、玄宗の諱を避けるために隆州は閬州と改称された[2]

脚注

  1. 隋書』地理志上
  2. 旧唐書』地理志四
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.