陸警隊

陸警隊(りっけいたい)とは、海上自衛隊における、基地等の警備を担当する部隊である。長は陸警隊長。各地方隊警備隊に置かれている。一部陸警隊の隊員ワッペンにはSECURITY REACTION TEAMの文字が入っている。

陸警隊
国籍 日本
軍種 海上自衛隊
任務施設警護
上級部隊警備隊 (海上自衛隊)


主たる任務としては、海上自衛隊施設の警備、隊員の規律の統一、施設の防火及び火気の取締り、礼砲台の管理及び運用(横須賀陸警隊に限る)、警備犬の運用を行う[1]。24時間態勢で人や車両の出入りを監視する。規律や風紀に関わる行動も任務に含まれるが、警務隊とは別の部隊である。

任務の遂行のため、陸上自衛官と同じ戦闘服(迷彩服2型)を着用することもあり、64式7.62mm小銃9mm拳銃等の小火器及び銃剣、警棒、さすまた等の各種警備用機材、警備犬等を保有する。一部の陸警隊員は徒手格闘(自衛隊格闘術)、銃剣道の訓練も積極的に実施している。 また、陸警隊員を示す職域区分の警備員に係る教育は第1術科学校の海曹士特修科警備課程で行われている。

部隊

大湊防空陸警隊

ソビエト連邦の崩壊前後の世界情勢に鑑み、1993年3月31日には大湊警備隊の大湊陸警隊が廃止され、代わって大湊防空陸警隊が新編された。航空機による急襲に対処すべく、81式短距離地対空誘導弾スティンガーミサイル等の対空火器を多数保有していた。しかし情勢が安定したため、2006年4月3日に廃止され、大湊陸警隊に再編成された[2]

出典

  1. 警備隊の編制に関する訓令(昭和45年9月28日海上自衛隊訓令第21号)
  2. 大湊警備隊公式Webサイト 沿 革

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.