陳普才

陳 普才(ちん ふさい、生没年不詳)は、代から代にかけての人物。陳漢の初代皇帝陳友諒の父にあたる[1]

生涯

河南江北行省陽府(現在の湖北省仙桃市)の漁師[2]。三男の陳友諒が陽府の獄吏の職を捨てて出歩いているのを嘆き[2]、陳友諒が四男の陳友仁と共に[2]徐寿輝の元へ向かおうとした時は止めようとしたが、陳友諒は聞かなかった[1]。陳友諒が皇帝に即位するとその元へ赴いた[1]大定3年(1363年)に陳友諒が鄱陽湖の戦い朱元璋に敗死する[1]と、その次男の陳理が即位したが、翌徳寿2年(1364年)、朱元璋に都の武昌を攻められて降伏[1]し、陳漢は滅亡した。

降伏後、陳普才は朱元璋から承恩侯に封じられた[1][3]洪武5年(1372年)に孫の陳理が高麗へ移るよう洪武帝朱元璋に命じられると、陳普才はそれに伴って滁陽に赴いた[1][2]

出典

  1. 明史』巻一百二十三 列伝第十一 陳友諒
  2. 罪惟録』列伝巻六 漢陳友諒
  3. 『国初群雄事略』巻四 漢陳友諒
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.