陰毛

陰毛(いんもう、: Pubic hair)は、ヒトの陰部生殖器)周辺に生えているである。別名としてはちんげ、まんげ性毛、アンダーヘアがあるが、医学的には陰毛が統一用語である[1]

男性(左)および女性(右)の陰毛
女性の陰毛。大陰唇陰裂)に沿って陰毛が発生する。

陰毛の生理

男性のタナー段階。思春期前は男性器・陰毛共にI。男性器がIIになることで思春期に入るが、陰毛がIIになるのはそれより後となり、以降もタナー段階の進み具合が男性器と陰毛で必ずしも同一になるとは限らない。
女性のタナー段階。思春期前は乳房・陰毛共にI。乳房がIIになることで思春期に入るが、陰毛がIIになるのはそれより後となり、以降もタナー段階の進み具合が乳房と陰毛で必ずしも同一になるとは限らない。

第二次性徴期における副腎皮質ホルモン分泌に従い思春期以降、男性は陰茎の増大(男性器タナー段階III)から約1年後、女性は乳房のタナー段階IIIまたはIV(初経の1年前から3年後の間)に達した頃[2]、また第二次性徴における身長の伸びのピークを迎えた頃から発生する。女性は陰毛の発生より前に生じる乳房の成長開始(乳房のタナー段階IIで、ジュニアブラを着け始めるべき時期)で思春期に入った事に気づきやすいが、男性は男性器の成長開始(男性器のタナー段階II)時点で思春期に入った事に気づきにくく、身長の伸びのピークを迎えるか陰毛が発生(後述する陰毛のタナー段階Ⅱ)した時点で思春期に入った事に気づきやすい[3][4]

殆どの男性は男性器の成長のタナー段階IIIから約1年後に発毛する(発毛時、男性器のタナー段階は成長に個人差があるため、IIIのままかIV以降に成長しているかのどちらかとなる)が、女性は乳房の成長のタナー段階V(成人型、初経から3年後以降)になっても発毛が見られないか、僅かしか発毛しない無毛症(かわらけは俗称)の人が僅かながら見られる。無毛症であってもホルモン剤によって発毛させる事や植毛も可能ではあるが、皮下脂肪型肥満を含む肥満視床下部性肥満プラダーウィリー症候群)等の性腺発育不全や放射線治療被曝による副作用後遺症等が原因でなければ健康上の心配はない。陰毛が男性は10歳未満、女性は8歳未満に発生すると、性早熟症と診断される[2]

陰毛の性質

陰毛は一般に縮れ毛であり、陰部に集中して発毛する。陰毛の濃さ、面積等は個人個人の差が大きい。また頭髪と同じく、加齢等によって毛の色が白くなる事もある。生殖器周辺のみにしか発毛しない人がいる一方で、の辺りから臀部まで生える人もいる。

陰毛はタナー段階で以下の段階で成長していく[2]

  1. 陰毛なし(思春期前・思春期初期)
  2. 真っ直ぐ又はややカールした陰毛を見る。男性は陰茎基始部に見られ、この時点で既に思春期に入っている事に気づく。女性は大陰唇(陰裂)に沿って陰毛が発生するが、最初は大陰唇(陰裂)の内側から発生し始めるため、発生し始めは足を揃えた状態では見えにくい。
  3. 陰毛が硬くカールして、恥骨結合部にまばらに拡がる。
  4. 陰毛が成人型になるが、大腿中央部までは拡がっていない。女性は恥骨結合をまたいで縦長(菱形)となる。
  5. 大腿部まで拡がり、逆三角形型となる。日本人女性はⅤに成らないことが少なくない。

陰毛の色は、基本的に頭髪の色と同じである。ただし頭髪が金髪であっても性器の一部が見えないように黒に染めている場合や、また頭髪はブリーチして金髪茶髪に見えても陰毛は自然な色のままである事もある。頭髪の他にも、眉毛の太さで陰毛の濃い薄いが明らかになることもある。眉毛の濃い人は陰毛も濃いという説もあるが、それはむしろを除いた全身の毛に対して言える事である。

生物学的意味付け

性行為をする為のアイキャッチや性行為ができる体に成長したことを示す為に発毛する、陰毛が生殖器を保護する、男性が興奮する起爆剤の一種である等諸説があるものの現時点では明確にはなっていない。

また霊長類のうち人類だけ体毛の殆どが薄くなっているのに、逆に陰毛が発達しているのは何故なのか等解明されていない事も多い。ただ、陰毛が発育の後期に発生する点から見ても、人類が体毛を失ったあとに、新たに獲得した形質である可能性が示唆されている。

陰毛に関する俗称

俗称には男女の区別を設けてそれぞれをチン毛チンチロ毛マン毛メコ毛オメ毛と呼ぶ表現も使われる。

また、健康上問題がなく故意に陰毛をそり落としたり、発毛する時期にもかかわらずまだ陰毛が生えていない状態の事を俗語でパイパンと言うことがある。

陰毛にまつわる伝説

伝説的な話として、の時代の美女と言われる楊貴妃は陰毛が足に達するくらい非常に長いと言われる話がある。しかし毛乳頭によって毛が造られ一定の期間に渡って伸び、やがて抜け落ちるという毛周期により話程長くなる事はないと考えられる。

また陰毛の生え際の形によって性格や健康状態などが判るという、一種の占いもある。陰毛が濃く広範囲に生えている人は、「情が深い」と言う者もいる。

かつての日本では、召集された兵士が妻や恋人の陰毛をお守りとして戦地へ持参したという話やプロ麻雀師が一大勝負に赴く時に懇意の情婦の陰毛を「運気が向上する」とお守りとして持参したという話もあり、これに倣って陰毛が受験や賭け事や勝負事でのお守りになるという言説もしばしば見られる。

科学的な根拠があるという訳ではないこれらの例も神秘的な物と捉える、古い時代からの性器崇拝の名残りであるといえよう。

陰毛とその表現

西洋では宗教による禁欲主義的な思想の影響等から、陰毛や性器の表現が抑制される傾向が古くからあった。しかし、古代ギリシアに造られたアリストパネス喜劇女の平和』には浴場での女性同士の会話として話相手の陰毛が綺麗に脱毛されている事に言及する場面がある。また、イタリアルネサンスの代表的な芸術家であるミケランジェロの彫刻・ダビデ像1504年)には若い男性の陰毛が表現されている。

女性を描いた絵画や彫刻は古代から数多く存在するがはっきりと陰毛が描かれる様になったのは、19世紀後半のギュスターヴ・クールベによる『世界の起源』(1866年)や20世紀の前半に活躍したベルギーポール・デルヴォーの絵画辺りからである。女性の陰毛が表現されるのが遅くなったのは西洋においては古代ギリシャ以来、美しい女性は陰毛を含めて体毛を抜いておくのが身だしなみだとされていた事が大きな要因と考えられる。

日本では、江戸時代春画にしばしば陰毛が描かれているが明治維新後に制定された刑法175条によって陰毛が描かれたものは猥褻であるとされ、メディアにおいてその表現は長い間禁じられていた。しかし東京国際映画祭の招待作品であったジョージ・オーウェル原作の映画『1984』に女性の陰毛が露わになるシーンがあって問題となったが、招待作品である事から特例として映像を修正することなく上映することが認められた。それ以後、いわゆるヘアヌードと呼ばれるヌード写真が刑法で猥褻と見なされることは事実上なくなり映画ビデオなど様々なメディアにおいて陰毛の描写については規制が緩和された。逆に、陰毛規制が行われていた頃には発毛前の少女のヌードには規制が行われなかったものが、むしろ児童ポルノ規制の強化によって許されなくなった。

テレビなどで放映される時には陰毛が写っているとモザイクぼかしなどによって修正されるが、一部の番組では陰毛が写っていても修正されない場合がある。ビデオによる撮影では陰毛が写っているシーンがあるとモザイクをかけるが、俗に言われる裏ビデオではモザイクによる修正をしない場合が多い。また生放送では陰毛が映っているシーンがあるがいきなり修正することができず、画面を切り替えたりカメラを違う視点に変えたりするなどそれらに対処する術が難しい。このように日本国内での規制・自主規制はいまだに厳しいが、韓国では陰毛の写った媒体を曝け出すと日本よりも厳しい罪に問われることがある。

欧米のほとんどの国々では陰毛や性器を映像とする事自体は自由であり、青少年の目に触れないようにするという観点からの規制が存在するのみである。しかし、国によってはヌーディズムのために裸体でいることを認められた特定の区域以外において人前で陰毛を含めた陰部を見せると犯罪となる場合もある。

なおヨーロッパではベネトンエイズ撲滅キャンペーンの一環として数十人の老若男女の陰毛・外性器の写真を並べた新聞広告を出したことがあるが、この時は特段の問題にはなっていない。

この他、雑誌などにおいて人体のことを取り上げ何故陰毛・陰毛が生えてくるのかという記事がしばしば見られる。

陰毛と衛生

毛じらみ症は、陰毛に寄生して繁殖する小さな吸血昆虫であるケジラミが性行為の相手から移ってくることにより発症し、激しい痒みを引き起こす。診察を受け、剃毛して軟膏を塗るなどの治療が必要である。

包茎手術や帝王切開あるいは虫垂炎手術など、性器やそれに近い部位の手術を実施する場合には毛根で雑菌が繁殖して術後の化膿を防ぐために剃毛が行われることがあるが剃毛によって引き起こされる感染症のリスクもあることから、剃毛をできるだけ省いている病院もある[5]切開を伴わない通常の分娩でも剃毛が行われてきたが、意味がないという事から剃毛せずに分娩する医師が増えている。

男性は、仮性包茎包皮に陰毛が引き込まれ(俗に「そば食い」と呼ばれる状態)、ペニスが動く事により陰毛が引っ張られて痛みを生じることがある。陰毛を包皮から取り出せば済む事であるが、ペニスが陰毛に触れないように分離する構造の下着も発明されている。仮性包茎の手術を勧める広告には、陰毛が包皮内の恥垢に触れることで雑菌の繁殖がうながされることが書かれている場合が少なくない。しかし日常的に性器を洗って清潔にしておく事で解消できる問題であり、商業主義的な広告であるとの見方もある。

女性は排泄の後、トイレットペーパーを使用するにあたっては前から後ろへ向かって拭くように幼児期から育てるべきだというのが常識となっている。これは大便内に存在する大腸菌などが性器やその周辺の陰毛に付着して繁殖しないようにとの配慮からである。

またにあるアポクリン汗腺分泌液によって強い臭いが出るわきがと同様に、陰部のアポクリン汗腺によるすそわきがもある。わきがはわきのアポクリン汗腺を外科的に取り除いてほぼ完全になくすことができるが、すそわきがの場合には永続的な効果のある治療は困難である。陰毛を永久的に脱毛して日常的に陰部をよく洗浄して清潔にしておく事によって、生活に支障のない程度の効果は期待できるようである。

陰毛を剃ることの意義

イスラム教では『コーラン』に記載されている通り、陰毛を剃ることを義務づけている。その理由として、陰毛は衛生的に非常に不潔とされており、オーラルセックス時に口に毛が入ることが好ましくないと考えられており、また蒸れなどでかゆみの原因になるとされている。このように、西洋・イスラム圏では、陰毛を剃ることはセックスパートナーへの配慮と自身への配慮を兼ねている。

脚注

  1. 思春期と陰毛”. 思春期. 三宅婦人科内科医院 (2008年8月). 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月3日閲覧。
  2. 思春期の発現・大山建司
  3. 「思春期早発症」とは(武田薬品工業)
  4. 思春期早発症の症状(武田薬品工業)
  5. 美馬, 達哉 (2006年5月9日). 第9回 儀礼としての「てい毛」”. SAFTY JAPAN. 医療社会学からみたリスク. 日経BP. 2011年5月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月12日閲覧。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.