防護マスク4型

防護マスク4形(ぼうごマスクよんがた)は、全陸上自衛官が装備する化学科の装備品。85式防護マスク4型とも呼ばれる。1985年昭和60年)度採用[1][2]

概要

  • 重量:約2kg
  • 有毒ガスフォールアウトなどを吸引しないように顔面に装着して人体を防護するための装備。ガスを吸収するための丸型の缶を覆面中央部に装着し、液滴保護のためにフードを装着する。
  • 構成品はマスク、吸収缶、蛇腹型のホース。
  • 4形に改良を加えた00式個人用防護装備の防護マスク4形(B)(00式防護マスク)は、4形を基に眼ガラス部分が大きくなり(プラスチック製)、水筒用のチューブが付属し、近視者用の矯正レンズのバリエーションが増えた。4形と違い00式個人防護装備は全員に貸与されている。
  • マスクを入れておく防護マスクケースは当初はOD色であったが、最近は迷彩服2型と同様の迷彩のものに変わりつつある。

製作

脚注

  1. 興研株式会社 広報・IR室. 2019年12月期決算説明資料”. 興研株式会社. p. 9. 2020年11月23日閲覧。
  2. 第57期報告書”. 興研株式会社. p. 8. 2020年11月23日閲覧。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.