開敷華王如来

開敷華王如来(かいふけおうにょらい、梵名:サンクスミタラージャ、संकुसुमितराज、[saṃkusumitarāja])は、仏教における信仰対象である如来の一尊。梵名は「開花した蓮の花の王」の意。

胎蔵曼荼羅中台八葉院

修行の努力によって、蓮の花が開くように菩提心が開花(開転)し、大悲利他の心を起すことを表す如来。

修行(大悲行)は、発心に次ぐプロセスなので胎蔵曼荼羅の中央、中台八葉院の南方(画像では中央の大日如来の向かって右)に位置する。

結んだ施無畏印(せむいいん)は、衆生が仏教に帰依することに「畏れなくていい」と励ます仏意を表す。

種子字はआ(ā)アー

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.