開宝

開宝(かいほう)は、北宋の太祖趙匡胤の治世に行われた3番目の元号。968年 - 976年。

  • 元年11月 : 乾徳より改元。
  • 4年 : 南漢が宋に降る。
  • 8年 : 科挙に殿試が導入される。南唐が宋に降る。
  • 9年10月癸丑(20日) : 太祖崩御。
  • 9年10月甲寅(21日) : 太宗趙光義が即位。
  • 9年12月 : 太平興国と改元。

西暦等との対照表

開宝元年2年3年4年5年6年7年8年9年
西暦968年969年970年971年972年973年974年975年976年
干支戊辰己巳庚午辛未壬申癸酉甲戌乙亥丙子
応暦18応暦19
保寧
保寧2保寧3保寧4保寧5保寧6保寧7保寧8

関連項目

前の元号:
乾徳
中国の元号
北宋
次の元号:
太平興国
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.