長谷川好道

長谷川 好道(はせがわ よしみち、1850年10月1日嘉永3年8月26日) - 1924年大正13年)1月27日)は、日本陸軍軍人韓国駐剳軍司令官、参謀総長朝鮮総督を歴任。官位は元帥陸軍大将従一位大勲位功一級伯爵

長谷川 好道
生誕 1850年10月1日
周防国玖珂郡岩国
長州藩岩国領
死没 (1924-01-27) 1924年1月27日(73歳没)
所属組織 精義隊
大日本帝国陸軍
軍歴 1871年 - 1924年
最終階級 元帥陸軍大将
墓所 青山霊園
長谷川好道

略歴

1850年(嘉永3年)10月1日長州藩支藩岩国藩士・長谷川藤次郎の子として生まれる。剣術師範であった父について剣術を修める。戊辰戦争には精義隊小隊長として参戦する。

明治後は大阪兵学寮学生となり、1871年(明治4年)8月に陸軍少尉心得、同年12月には陸軍大尉・5番大隊長。1872年(明治5年)4月、陸軍少佐、翌年5月歩兵第1連隊長心得、同6月中佐として西南戦争に従軍する。戦後、広島鎮台歩兵第11連隊長、同鎮台参謀、大阪鎮台参謀長、中部監軍部参謀を経て陸軍大佐に昇進する。1885年(明治18年)フランス差遣を命ぜられ、翌年の1886年(明治19年)12月、陸軍少将・歩兵第12旅団長に昇進する。歩兵第12旅団長時代に、日清戦争に出征して旅順攻撃で戦功を立てる。

1895年(明治28年)、軍功により男爵を授爵して華族に列せられる。1896年(明治29年)6月、陸軍中将に進んで第3師団長1898年(明治31年)には近衛師団長日露戦争では鴨緑江会戦遼陽会戦などに善戦した。1904年(明治37年)6月、陸軍大将に進級し、同年9月には韓国駐剳軍司令官に就任。

1906年(明治39年)4月、功一級金鵄勲章を受章し、翌年9月、子爵に陞爵。1908年(明治41年)の軍事参議官を経、1912年(明治45年)1月20日、参謀総長。1915年(大正4年)、元帥府に列せられる。

この間、伯爵に陞爵した長谷川は1916年(大正5年)10月16日、寺内正毅の後任として朝鮮総督に就任する[1]。総督在任中の朝鮮で起こった三・一独立運動に対し、軍を動員して鎮圧したことなどが武断政治として批判を浴び、土地調査事業を完了させたものの、わずか3年で斎藤実に交替する。

1924年(大正13年)1月28日薨去。墓所は東京都港区南青山青山霊園

備考

長谷川好道のイラスト
  • 長谷川の生誕の地である山口県岩国市には岩国練武場がある。これは長谷川の生家跡であり、長谷川の意志を以って土地が岩国町に寄贈されたものである。同地には生誕の地を示す石碑が建ち、同練武場は山口県選定近代化遺産に指定される。また、岩国市紅葉谷公園にある六角亭は、長谷川が朝鮮から贈られたものをこの地へ移設した。
  • 邸宅牛込区(現在の新宿区早稲田町40番地にあった[2]
  • 養嗣子猪三郎は、陸軍士官学校3期生で、のちに陸軍少将に昇っている。

栄典・授章・授賞

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

脚注

  1. 『官報』第1265号、大正5年10月18日。
  2. 『人事興信録』データベース
  3. 元帥陸軍大将伯爵長谷川好道特旨叙位ノ件 アジア歴史資料センター Ref.A11113269100 
  4. 『官報』第1019号「叙任」1886年11月20日。
  5. 『官報』第2625号「叙任及辞令」1892年4月2日。
  6. 『官報』第4172号「叙任及辞令」1897年6月1日。
  7. 『官報』第5740号「叙任及辞令」1902年8月21日。
  8. 『官報』第7253号「叙任及辞令」1907年8月31日。
  9. 『官報』第635号「叙任及辞令」1914年9月11日。
  10. 『官報』第3428号「叙任及辞令」1924年1月30日。
  11. 『官報』第553号「賞勲叙任」1885年5月8日。
  12. 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  13. 『官報』第3273号「叙任及辞令」1894年5月30日。
  14. 『官報』第3644号「叙任及辞令」1895年8月21日。
  15. 『官報』第6573号「叙任及辞令」1905年5月31日。
  16. 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月30日。
  17. 『官報』第7272号「授爵敍任及辞令」1907年9月23日。
  18. 『官報』第7808号・付録「辞令」1909年7月6日。
  19. 『官報』第7771号「叙任及辞令」1909年5月24日。
  20. 『官報』第1194号「叙任及辞令」1916年7月24日。
  21. 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  22. 『官報』第1187号「叙任及辞令」1916年7月15日。
  23. 『官報』第2612号「叙任及辞令」1921年4月19日。
  24. 『官報』第3428号「叙任及辞令」1924年1月30日。
軍職
先代:
桂太郎
第3師団
第3代:1896年6月6日 - 1898年1月14日
次代:
児玉源太郎
先代:
奥保鞏
近衛師団
第7代:1898年1月14日 - 1904年9月8日
次代:
浅田信興
先代:
原口兼済
韓国駐箚軍司令官
第2代:1904年9月8日 - 1908年12月21日
次代:
大久保春野
先代:
奥保鞏
参謀総長
第9代:1912年1月20日 - 1915年12月17日
次代:
上原勇作
公職
先代:
寺内正毅
朝鮮総督
第2代:1916年10月16日 - 1919年8月12日
次代:
斎藤実
日本の爵位
先代:
陞爵
伯爵
長谷川(好道)家初代
1916年 - 1924年
次代:
長谷川猪三郎
先代:
陞爵
子爵
長谷川(好道)家初代
1907年 - 1916年
次代:
陞爵
先代:
叙爵
男爵
長谷川(好道)家初代
1895年 - 1907年
次代:
陞爵
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.