長沙郡

長沙郡(ちょうさ-ぐん)は、中国にかつて存在した秦代から唐代にかけて、現在の湖南省長沙市一帯に設置された。

概要

秦のとき長沙郡が立てられた。

紀元前202年高帝5年)、呉芮が長沙王となり、長沙国が立てられた[1]紀元前157年文帝後7年)、長沙王呉著が死去し、後嗣がいなかったため、長沙国は廃止された[2]紀元前155年景帝2年)、劉発が長沙王となり、長沙国が立てられた[3]前漢の長沙国は荊州に属し、臨湘連道益陽下雋烝陽湘南昭陵茶陵容陵安成の13県を管轄した。王莽のとき、填蛮郡と改められた[4]

後漢が建てられると、長沙郡の称にもどされた。後漢の長沙郡は臨湘・羅・醴陵・連道・益陽・下雋・酃・湘南・昭陵・攸・茶陵・容陵・安成の13県を管轄した[5]

のとき、長沙郡は臨湘・攸・羅・醴陵・下雋・劉陽・建寧・呉昌・蒲圻・巴陵の10県を管轄した[6]

南朝宋のとき、長沙国は湘州に属し、臨湘・攸・羅・醴陵・瀏陽・建寧・呉昌の7県を管轄した[7]

南朝斉のとき、長沙郡は臨湘・湘陰・羅・醴陵・瀏陽・建寧・呉昌の7県を管轄した[8]

589年開皇9年)、南朝陳を滅ぼすと、長沙郡は廃止されて、潭州に編入された。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、潭州は長沙郡と改称された。長沙郡は長沙・衡山・益陽・邵陽の4県を管轄した[9]

621年武徳4年)、唐が蕭銑を平定すると、長沙郡は潭州と改められた。742年天宝元年)、潭州は長沙郡と改称された。758年乾元元年)、長沙郡は潭州と改称され、長沙郡の呼称は姿を消した[10]

脚注

  1. 漢書』高帝紀下
  2. 『漢書』呉芮伝
  3. 『漢書』景帝紀
  4. 『漢書』地理志下
  5. 後漢書』郡国志四
  6. 晋書』地理志下
  7. 宋書』州郡志三
  8. 南斉書』州郡志下
  9. 隋書』地理志下
  10. 旧唐書』地理志三
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.