長沙市

長沙市(ちょうさし/チャンシャーし、中国語: 长沙市拼音: Chángshā shì、長沙語:t͡sã1333sɿ21: Changsha City)は中華人民共和国湖南省省都。略称は、別称は星城。中国中南部における大都市で、隣接2市と「長株潭都市圏」を構成し、「新一線都市」及び全国交通ハブ都市の一つ、2,400年以上の歴史を持つ古都である。

中華人民共和国 湖南省 長沙市
上から時計回り:都心部を望む、岳麓山杜甫江閣橘子洲、梅溪湖国際文化芸術センター、岳麓書院愛晩亭
上から時計回り:都心部を望む、岳麓山杜甫江閣橘子洲、梅溪湖国際文化芸術センター、岳麓書院愛晩亭
略称:
別称:星城 / 山水洲城 / 屈賈之郷 / 瀟湘洙泗
旧称:臨湘 / 潭州 / 善化
長沙市の位置
長沙市の位置
中心座標 北緯28度11分46秒 東経112度58分20秒
簡体字 长沙
繁体字 長沙
拼音 Chángshā
カタカナ転写 チャンシャー
長沙語 t͡sã1333
国家  中華人民共和国
湖南
行政級別 地級市
政府所在地 岳麓区岳麓大道
起源 およそ2,400年前
市と改制 1933年
市委書記 呉桂英
市長 鄭建新
面積
総面積 11,819 km²
市区 2,150 km²
海抜 23.5 - 1607.9 m
人口
総人口(2020) 880 万人
人口密度 710 人/km²
戸籍人口(2018) 728.86 万人
市区人口(2019) 457.32 万人
経済
GDP(2020) 12,142.52 億元
一人あたりGDP 137,983元
電話番号 731
郵便番号 410000
ナンバープレート 湘A
行政区画代碼 430100
市樹 クスノキ
市花 ツツジ
2017年の人間開発指数(HDI)は0.824。
公式ウェブサイト Changsha.gov.cn
長沙市
中国語
繁体字 長沙
簡体字 长沙
郵政式Changsha
朝鮮語
ハングル창사
ベトナム語
ベトナム語Trường Sa

建設機械と新材料をはじめとした工業、サービス業を中心に、娯楽と文化産業、特にマスコミ・バラエティー番組制作で全国的に知名度が高い。21世紀初頭からの十年間に中国の主要都市の中でGDP成長率が最も高く、一人当たりGDPは2万米ドル超。

市域は6市轄区・2県級市・1から構成される。総人口は2020年末で880万人に達し、市内総生産は1兆2,142億元(約20兆円)である。

概要

長沙は、長江中流地方、湖南省東部の湘江下流の河谷平野に位置し、市内6区と県級市瀏陽市寧郷市及び長沙県を管轄し、省都として湖南省の行政・経済・文化・科学・交通・教育の中心都市となる。華中六大都市の一つであり、中国南部の高速鉄道網航空路の中枢の一つである。長沙を中心に、南部の株洲市湘潭市を含む「長株潭都市圏」は人口1,500万人を超える大都市圏である。

屈原賈誼などの有名詩人のため「屈賈之郷」と呼ばれ、「惟楚有才、於斯為盛」という名句を残した岳麓書院により北宋時代儒教の聖地となったため「瀟湘洙泗」とも称される。地理的には岳麓山湘江橘子洲の中に市街が囲まれたため「山水洲城」とも呼ばれる。市内では湘語に属する長沙語が、寧郷市では寧郷語が、瀏陽市では贛語に属する瀏陽語が使用される。

長沙の町は現在位置に建造され2,400年以上の歴史が経ち、「長沙」の名は先秦時代の『逸周書・王会』にまで遡る。湘江両岸の白砂を意味する「」に古越語の接頭辞である「」を加え「長沙」と名付けられた。秦代には長沙郡が設置され、前漢には長沙国が成立、五代十国時代の長沙は南楚の都であった。清代末期長沙は中国四つの米・茶貿易都市の一つとなり、近世では主な政治革命の拠点都市となった。 譚嗣同らは長沙に時務学堂を設け、黄興らはここで華興会を結成、毛沢東もここで早期の政治運動を展開した。1930年代には一時繁栄を極めたが、その後は「文夕大火」により壊滅的な打撃を受けた。

改革開放以降も一時経済成長が遅かったが、1990年代から高度成長を迎え、2015年に中国中部初の国家級新区である湘江新区を設立した。現在、建設機械と新材料を主とし、自動車、電子情報、家電製品、バイオ医薬を補助とする産業チェーンを有している。現地に進出している日系企業は100社超、外国企業の中ではグローバル500が併せて173社ある。ユネスコ「世界メディアアーツ都市」に指定されているなど、文化産業の発展が著しい。国内屈指の地方テレビ局である湖南テレビの影響力によって、中国の芸能人・有名人が数多く訪れる。都心地に演芸バーやディスコ・カラオケバーなどがたくさん立ち並び、「娯楽の都市」と呼ばれる不夜城である。

国からは全国的交通ハブ都市に指定されており、京広線などの2本以上の鉄道線と、京港旅客専用線をはじめとする3本の高速鉄道線が交わり合い、近隣都市をつなぐ長株潭都市間鉄道や長沙リニア快線などが走行している。同市には、スーパーハイブリッド米、スーパーコンピュータ「天河1号」、中国初のレーザー3Dプリンタなどが誕生している。

地理

北は岳陽市益陽市、西は婁底市、南は株洲市湘潭市、東は江西省萍郷市と接する。

長沙は瀏陽河および撈刀河湘江に合流する地点にあたる。

歴史

長沙の名は早くも『逸周書』に見え、春秋戦国時代には国に属し、成王のとき黔中郡が置かれたことに始まる。秦代に秦36郡のひとつとして長沙郡が設置されている。代初には呉芮を封じて臨湘県を都とする長沙王国が設置され、5代46年間続いた。長沙王国のである軑侯利蒼一族の墓所として有名な馬王堆漢墓を今に伝える。唐代から清末にかけて潭州の中心として発展し、中華民国が成立すると1933年長沙市と改称、湖南省の省都とされ現在に至っている。

1938年長沙大火では多くの文化財を失うと同時に1939年から1944年にかけては日中戦争の戦場ともなっている。

行政区画

6市轄区・2県級市・1県を管轄下に置く。

長沙市の地図

長沙市

  • 1949年10月1日 - 中華人民共和国湖南省長沙市が発足。東区南区西区北区文芸区金盆区岳麓区会春区が成立。(8区)
  • 1950年4月 - 金盆区・文芸区・岳麓区・会春区が合併し、郊区が発足。(5区)
  • 1953年10月 - 郊区の一部が分立し、水上区が発足。(6区)
  • 1956年11月30日 - 水上区が郊区に編入。(5区)
  • 1959年3月31日 (4区1県)
    • 湘潭専区長沙県を編入。
    • 郊区が長沙県に編入。
  • 1960年8月26日 - 長沙県の一部が分立し、岳麓区が発足。(5区1県)
  • 1962年1月12日 - 長沙県の一部が分立し、郊区が発足。(6区1県)
  • 1974年1月6日 - 岳麓区が西区に編入。(5区1県)
  • 1977年12月21日 - 長沙県の一部が分立し、望城県が発足。(5区2県)
  • 1983年2月8日 - 湘潭地区瀏陽県岳陽地区湘陰県益陽地区寧郷県を編入。(5区5県)
  • 1983年7月13日 - 湘陰県が岳陽地区に編入。(5区4県)
  • 1993年1月16日 - 瀏陽県が市制施行し、瀏陽市となる。(5区1市3県)
  • 1996年4月22日 (5区1市3県)
    • 西区・郊区・望城県の各一部が合併し、岳麓区が発足。
    • 東区および郊区の一部が合併し、芙蓉区が発足。
    • 南区・西区・郊区の各一部が合併し、天心区が発足。
    • 北区および西区・郊区・長沙県・望城県の各一部が合併し、開福区が発足。
    • 南区の残部・郊区の残部が合併し、雨花区が発足。
  • 2008年1月 - 望城県の一部が岳麓区に編入。(5区1市3県)
  • 2008年3月 - 望城県の一部が岳麓区に編入。(5区1市3県)
  • 2011年5月20日 - 望城県が区制施行し、望城区となる。(6区1市2県)
  • 2015年1月14日 - 長沙県の一部が天心区・雨花区に分割編入。(6区1市2県)
  • 2017年4月9日 - 寧郷県が市制施行し、寧郷市となる。(6区2市1県)

長沙専区

  • 1949年10月1日 - 中華人民共和国湖南省長沙専区が成立。湘潭県長沙県岳陽県醴陵県瀏陽県湘陰県平江県臨湘県が発足。(8県)
  • 1950年7月1日 - 湘潭県の一部が分立し、湘潭市が発足。(1市8県)
  • 1950年7月 (1市8県)
    • 湖北省沔陽専区監利県の一部(巴山垸・三合垸・広山垸・五号垸・剪刀池村および普豊垸・保安垸・洪水港村・芦席湾村の各一部)が岳陽県に編入。
    • 岳陽県の一部(三益郷・復興垸・十合垸・丘江垸・克成垸・中洲垸・熊家垸および永固垸・新挽垸・固成垸の各一部)が湖北省沔陽専区監利県に編入。
  • 1951年2月 (1市8県)
    • 岳陽県の一部(春清郷・永益郷)が湖北省沔陽専区監利県に編入。
    • 湖北省沔陽専区監利県の一部(江南郷)が岳陽県に編入。
  • 1951年5月26日 - 長沙県の一部が分立し、望城県が発足。(1市9県)
  • 1951年6月6日 - 湘潭県の一部が分立し、株洲市が発足。(2市9県)
  • 1952年6月17日 (2市9県)
    • 湖北省孝感専区蒲圻県の一部(下万垸)が臨湘県に編入。
    • 臨湘県の一部(新運洲)が湖北省孝感専区蒲圻県に編入。
  • 1952年9月24日 - 長沙専区が湘潭専区に改称。

気候

長沙市(1981〜2010年平均、極値1951〜2014年)の気候
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
最高気温記録 °C (°F) 26.9
(80.4)
30.6
(87.1)
32.8
(91)
36.1
(97)
36.3
(97.3)
38.2
(100.8)
39.7
(103.5)
40.6
(105.1)
38.2
(100.8)
37.2
(99)
30.9
(87.6)
24.9
(76.8)
40.6
(105.1)
平均最高気温 °C (°F) 8.4
(47.1)
11.2
(52.2)
15.3
(59.5)
22.0
(71.6)
26.9
(80.4)
30.1
(86.2)
33.5
(92.3)
32.6
(90.7)
28.4
(83.1)
23.3
(73.9)
17.6
(63.7)
11.8
(53.2)
21.8
(71.2)
日平均気温 °C (°F) 5.1
(41.2)
7.6
(45.7)
11.3
(52.3)
17.6
(63.7)
22.4
(72.3)
25.9
(78.6)
29.2
(84.6)
28.3
(82.9)
24.0
(75.2)
18.6
(65.5)
12.9
(55.2)
7.6
(45.7)
17.5
(63.5)
平均最低気温 °C (°F) 2.7
(36.9)
5.0
(41)
8.5
(47.3)
14.3
(57.7)
19.1
(66.4)
22.8
(73)
25.9
(78.6)
25.1
(77.2)
20.9
(69.6)
15.4
(59.7)
9.6
(49.3)
4.6
(40.3)
14.5
(58.1)
最低気温記録 °C (°F) −9.5
(14.9)
−11.3
(11.7)
−2.3
(27.9)
1.9
(35.4)
8.9
(48)
13.1
(55.6)
18.9
(66)
16.7
(62.1)
11.8
(53.2)
2.4
(36.3)
−2.8
(27)
−10.3
(13.5)
−11.3
(11.7)
降水量 mm (inch) 79.8
(3.142)
94.4
(3.717)
141.9
(5.587)
185.4
(7.299)
193.1
(7.602)
225.0
(8.858)
161.9
(6.374)
114.7
(4.516)
82.4
(3.244)
67.6
(2.661)
73.3
(2.886)
49.3
(1.941)
1,468.8
(57.827)
平均降水日数 14.2 14.1 17.4 16.4 15.9 14.2 10.3 10.5 8.4 9.9 8.5 9.8 149.6
% 湿度 81 81 80 79 79 81 74 78 80 79 77 77 78.8
平均月間日照時間 60.4 60.1 76.8 107.5 138.1 146.1 227.9 204.2 150.6 131.9 119.6 101.2 1,524.4
出典: 中国气象局 国家气象信息中心 2014-02-01

温暖湿潤気候に属する。特に夏は非常に蒸し暑く不快指数が高く「三大ボイラー」と称される重慶武漢南京にも匹敵し、これらに長沙も加えて「四大ボイラー」と呼ばれることもある。

経済

市内には長沙経済技術開発区と長沙ハイテク産業開発区が設置され、2008年の全市生産総額(GDP)は3000.98億元、2015年は8510.13億元(1366.3億米ドル)。一人あたりGDPは2015年に115443元(18535米ドル)。

観光

教育

古くは中国最初の最高学府である岳麓書院が置かれ、現在でも国家重点大学が5校存在する中国国内の教育・研究重点都市として位置する。

交通

長沙黄花国際空港

ゆかりの人物

友好都市

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.