長崎市長

長崎市長(ながさきしちょう)は、長崎県県庁所在地である長崎市首長である。現市長は田上富久

現在までに2人の市長が銃撃事件の被害者となっている。

また、田川務以降5人続けて長崎市域外の出身者[1]が市長となっている。

官選

氏名就任年月日退任年月日在任期間備考
北原雅長1889年(明治22年)6月8日1895年(明治28年)6月7日6年前職:対馬島司、元職:長崎県少書記官
2横山寅一郎1895年(明治28年)6月22日1901年(明治34年)6月21日11年8ヶ月前職:長崎県会副議長
31901年(明治34年)6月22日1902年(明治35年)7月29日
41902年(明治35年)9月18日1907年(明治40年)2月21日
5北川信従1907年(明治40年)5月16日1913年(大正2年)5月24日6年前職:長崎地方裁判所検事正
6薄定吉1913年(大正2年)8月21日1913年(大正2年)9月18日28日(最短)前職:岐阜県知事
助役の再選を非政友派と中立団の議員から阻止され辞職。
任期は1ヶ月にも満たなかった。
7高崎行一1913年(大正2年)12月25日1917年(大正6年)12月24日8年元職:長崎県教育課長
81918年(大正7年)1月17日1922年(大正11年)1月16日
9錦織幹1922年(大正11年)11月11日1926年(大正15年)11月10日4年元職:新潟県内務部長
10富永鴻1927年(昭和2年)3月23日1931年(昭和6年)3月22日4年前職:長崎県知事
11草間秀雄1931年(昭和6年)7月23日1934年(昭和9年)3月31日2年8ヶ月元職:大蔵省造幣局長(1929年(昭和4年)退官)
12笹井幸一郎1934年(昭和9年)5月21日1938年(昭和13年)5月20日4年元職:愛媛県知事
13青木善祐1938年(昭和13年)8月29日1940年(昭和15年)3月11日1年7ヶ月前職:長崎市助役
14井野次郎1940年(昭和15年)7月6日1941年(昭和16年)5月23日10ヶ月前職:東京市助役
15岡田寿吉1941年(昭和16年)10月22日1945年(昭和20年)10月21日5年前職:三菱長崎造船所副長、初の民間出身者。
長崎市への原子爆弾投下時の市長。
161945年(昭和20年)10月22日1946年(昭和21年)10月15日

公選

氏名就任年月日退任年月日在任期間備考
17大橋博1947年(昭和22年)4月9日1951年(昭和26年)4月3日4年前職:三菱長崎製鋼所副所長
18田川務1951年(昭和26年)4月27日1955年(昭和30年)4月13日16年(最長)弁護士
191955年(昭和30年)5月2日1959年(昭和34年)5月1日
201959年(昭和34年)5月2日1963年(昭和38年)5月1日
211963年(昭和38年)5月2日1967年(昭和42年)5月1日
22諸谷義武1967年(昭和42年)5月2日1971年(昭和46年)5月1日12年前職:長崎県議会議員
231971年(昭和46年)5月2日1975年(昭和50年)5月1日
241975年(昭和50年)5月2日1979年(昭和54年)5月1日
25本島等1979年(昭和54年)5月2日1983年(昭和58年)5月1日16年(最長)前職:長崎県議会議員
261983年(昭和58年)5月2日1987年(昭和62年)5月1日
271987年(昭和62年)5月2日1991年(平成3年)5月1日
281991年(平成3年)5月2日1995年(平成7年)5月1日
29伊藤一長1995年(平成7年)5月2日1999年(平成11年)5月1日12年前職:長崎県議会議員
在職中に死去[2]
301999年(平成11年)5月2日2003年(平成15年)5月1日
312003年(平成15年)5月2日2007年(平成19年)4月18日
32田上富久2007年(平成19年)4月22日2011年(平成23年)4月21日13年[3]前職:長崎市職員
332011年(平成23年)4月24日2015年(平成27年)4月23日
342015年(平成27年)4月26日2019年(平成31年)4月25日
352019年(平成31年)4月26日現職

選挙

投票日当選者得票数他候補者有権者数投票率
11947年(昭和22年)4月05日大橋博032,122菅野一郎14,278 今泉佳三郎 9,984096,29365.61%
21951年(昭和26年)4月23日田川務045,599木原津与志38,586 大橋博23,148131,06386.70%
31955年(昭和30年)4月30日074,488加藤錦43,419 坪内八郎6,057160,43678.80%
41959年(昭和34年)4月30日113,952宮島豊16,639 大串喜代造11,005182,31279.91%
51963年(昭和38年)4月30日063,013松本光之52,287 松尾哲男48,885222,60375.60%
61967年(昭和42年)4月28日諸谷義武083,774鈴田正武78,348 宮本一9,882236,95774.94%
71971年(昭和46年)4月25日116,173荒木徳五郎53,051 吉田次雄22,552268,37273.76%
81975年(昭和50年)4月27日107,103阿部国人52,029 岩口夏夫49,069 森正雄10,978293,11576.49%
91979年(昭和54年)4月22日本島等116,474諸谷義武98,973 深町孝郎12,840298,09678.27%
101983年(昭和58年)4月27日133,368岩口夏夫86,464 川口龍也12,969237,59277.07%
111987年(昭和62年)4月26日082,814宮川雅一62,015 中村重光49,575 塩飽志郎38,485 川口龍也6,491315,03276.79%
121991年(平成03年)4月21日117,392宮川雅一109,637 山口実752 若島征四郎415320,93971.98%
131995年(平成07年)4月23日伊藤一長105,670本島等60,897 浅田五郎33,867 茅野丈二19,541 若島征四郎325327,56067.91%
141999年(平成11年)4月25日140,142五貫淳65,318328,97963.67%
152003年(平成15年)4月27日114,165吉富博久50,920 石川悟13,528 花岡光六6,253 若島和美1,017330,51657.63%
16[4]2007年(平成19年)4月22日田上富久078,006横尾誠77,113 山本誠一19,189 前川智子8,321.648 前川悦子2,677.344364,18155.14%
172011年(平成23年)4月24日150,842太田まさひで26,316 中田ごう12,762360,16453.28%
182015年(平成27年)4月19日(告示)
---
現職以外の届け出がなく、無投票で田上富久が当選。
長崎市長選での無投票当選は戦後初。
---
---
192019年(平成31年)4月21日086,319橋本剛54,136 高比良元19,239 吉富博久4,207350,39547.33%

脚注

  1. 伊藤一長は生地(現在の山口県長門市)から幼時に長崎市に転居。公式には長崎市出身としていた。
  2. 統一地方選挙の一環として行われ、伊藤自身も立候補していた市長選挙の期間中の2007年4月17日長崎駅付近にて狙撃され、翌18日死去(長崎市長射殺事件)。同月18日から市長選挙投開票日の22日までは市長不在となり、当時副市長であった内田進博(のぶひろ)が市長職務代理者を務めていた。市長選挙は19日午後5時まで補充立候補を受け付けた上、当初の予定通り同月22日に投開票が行われ、補充立候補で出馬した田上が当選した。
  3. 2020年(令和2年)6月時点
  4. 選挙期間中に現職の伊藤一長長崎市長射殺事件により死亡し、田上富久と横尾誠(伊藤の娘婿)が補充立候補。

参考資料

  • 「市制百年 長崎年表」(1989年(平成元年)4月1日, 長崎市役所

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.