鎚金

鎚金(ついきん)とは、鎚起(ついき)とも呼ばれ、槌で薄い金属板を裏から打ち出して、肉彫を施すという鍛造技術の1つ。鍛金打出技法に含まれる。

鋳造製の原型あるいはその代わりとなる当金松脂の上にの板を重ねて角鏨で肉彫する。金属の伸展性を利用して薄造りで堅牢さを必要とされる金属器物の制作に用いられる。

その技法は古墳時代には既に見られ、奈良時代には「鎚鍱像」と呼ばれる鎚金による押出仏の存在が知られている。時代が下ると甲冑面頬銅花瓶やかんとなど様々な製品に応用されていった。

新潟県では弥彦山から算出される銅を原料とした鎚起銅器が江戸時代から作られるようになり、現代でも玉川堂が生産している。

参考文献

  • 鈴木友也「鎚金」(『日本歴史大事典 2』(小学館、2000年) ISBN 978-4-09-523002-3)
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.