釜揚げうどん

釜揚げうどん(天ぷら付)

釜揚げうどん(かまあげうどん)は、茹でたうどんを、で締めずにそのまま食べる料理。

概要

通常の水で締めたうどんのようなコシやエッジがなく、表面にはぬめりがある。うどん内部の熱によってデンプンのアルファ化が進行するため、放置すれば時間の経過とともに食感が変化していく。

一般のうどん店では、うどんを茹で汁と一緒にに盛り、ざるうどんのように猪口に入れたつゆと共に供される。

讃岐うどんの製麺所や家庭などでは、鍋から直接丼鉢に手繰り寄せ、その上からめんつゆ生醤油をかけて食べることもある(釜ぶっかけ、釜醤油)。

また、生卵を加えたものは釜玉うどんと呼ばれる。

湯だめうどん

湯だめうどんは、茹でた後に水で締め、ぬめり取りを行ったうどんを再度湯通しし、桶に張ったお湯に入れた状態で供される。外見上は釜揚げうどんと同じだが、水で締める工程が入るため食感は通常の温うどんと同じである。の状態は茹で置き時間によって大きく異なる。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.