野田良之

野田 良之(のだ よしゆき、1912年10月15日 - 1985年10月11日)は、日本法学者東京大学名誉教授。専門はフランス法、比較法

人物

日本における比較法学の草分けであり、「比較法文化論」という言葉を作ったといわれる。ブラジル合衆国ペトロポリス市生まれ。父は外交官。生涯独身であった。門下生に稲本洋之助ら。

1959年に日仏法学会を設立した。

略歴

学歴

職歴

  • 1936年 東京帝国大学法学部助手(杉山直治郎が指導)
  • 1939年 東京帝国大学法学部助教授
  • 1949年 東京帝国大学法学部教授
  • 1974年 定年退官、学習院大学法学部教授

著作

著書

  • 教育の理想 コンドルセの民主主義教育論 弘文堂 1950
  • 法における歴史と理念 東京大学出版部 1951 「法と社会」叢書
  • フランス法概論 上巻 第1・2 有斐閣全書 1954-55
  • 内村鑑三とラアトブルフ 比較文化論へ向かって みすず書房 1986.12
  • 栄誉考 柏随想 みすず書房 1986.5
  • 近代日本思想史大系 7 近代日本法思想史 碧海純一と共編 有斐閣 1979.12

翻訳

記念論集

  • 東西法文化の比較と交流 野田良之先生古稀記念 山口俊夫ほか編集 有斐閣 1983.6

解説

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.