酢だこさん太郎

酢だこさん太郎(すだこさんたろう)は、菓道の生産する駄菓子である。一袋に1枚入りで約10円で小売りされる。また、小型の袋詰めされたものが60袋で1パックとなっており、こちらは約600円で販売される。後述の60枚が入ったものは、透明プラスチックのパックに、10段ずつ6列に並べられて格納されている。さらに、このパックをいくつか並べて段ボールに入れた「カートン」という単位があるが、市場関係者以外ではまず目にしない。

名称通りにタコを使用しているわけでなく、魚板(スケトウダラすり身を板状にしたもの)にをベースとした甘酸っぱいタレを塗ったもので、味と食感の再現度は高い。

蒲焼さん太郎など他のシリーズ(のし梅さん太郎、マスカットになっちゃいましたは除く)は乾燥しているが、酢だこさん太郎は水分量が多く、しっとりとしているのが特徴である。

厚さ約1mmの長方形で茶色く、表面のざらざら感が特徴的。食べるときは多くの場合、食いちぎるようにして食べる。

パッケージは白地でタコと蛸壺の絵が描かれている。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.