那波活所

那波 活所(なば かっしょ、文禄4年(1595年) - 正保5年1月3日1648年1月27日))は、江戸時代初期の儒学者。名は信吉・方・觚。字は道円。通称は平八。

人物・経歴

播磨国姫路豪農の家に生まれ、京都の銅駝坊に移り、藤原惺窩に師事した[1]林羅山松永尺五堀杏庵とともに「惺窩門四天王」の一人と称される[1]1623年(元和9年)肥後国熊本藩加藤忠広に仕えたが、1630年(寛永7年)に致仕[1]。加藤家改易の後、1635年寛永12年)から紀伊国和歌山藩徳川頼宣に儒臣として仕えた[1]京都銅駝坊の自宅で没した[1]

那波木庵は長男、『学問源流』などを著した那波師曾(魯堂)は玄孫にあたる[1]。後世の孫には、京都大学教授で東洋史学者の那波利貞がある。

著作

  • 『活所遺稿』
  • 『活所忘備録』
  • 『桜譜』- の専門書の先駆けであるばかりでなく、桜の品種を記載したものとして貴重。
  • 『四書註者考』
  • 『人君明暗図』
  • 古活字版『倭名類聚抄
  • 古活字版『白氏文集』

脚注

  1. 岡本勝雲英末雄 『新版 近世文学研究事典』 おうふう、2006年2月、246頁。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.