通貨記号

通貨記号(つうかきごう)とは、通貨の名前を短く表記するために用いられる図形記号である。国際的にはISO 4217コードが用いられ、各国内では通貨記号が用いられるが、固有の記号が存在しない通貨も多数ある。

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています。

ユーロの導入により、ヨーロッパの多くの通貨記号は使われなくなった。欧州連合は、新しい独自の通貨記号として「」を定義して文字コードと字形をUnicodeに登録し、ユーロ記号の世界的な認知がユーロの成功に寄与したとしている。

インドは、2009年に近隣諸国でも使われている"R"と"s"の合字の通貨記号「₨」を変えるために公開コンペを実施し[1]2010年7月15日にラテン文字の"R"とデーヴァナーガリーの"र"を組み合わせた「」をルピーの通貨記号として新たに定めた。

使用法

貨幣の金額表記の記号位置は通貨によって異なる。英語圏ラテンアメリカ£50.00, R$50,00 と額面の前に、フランスドイツスカンジナビア諸国などのヨーロッパ各国は 50.00 S と額面の後に記し、カーボベルデ・エスクードや、廃止前のポルトガル・エスクードは 50$00 、フランス・フランは 1234 、と小数点の位置に記す[2]

小数点の区切り文字は地域、言語などによってそれぞれ異なり、イギリスの価格表記は £5·52 と小数点を中黒で記し、5,00 ピリオドコンマで記す国も多い。表記の国際標準は小数点の項で詳述されている。

デザイン

公式のユーロ記号のデザイン
様々な公式の以外のユーロ記号のデザイン

古くから使われている通貨記号も、それ以前の通貨から少しずつ変化して来たものである。ドルとペソの記号 ($)は、「スペイン・ドル」とも呼ばれる8レアル銀貨(real de a ocho)で使われていた物であり、ポンドとリラの記号 (£)は、古代ローマの通貨リーブラ (libra) の頭文字 L に由来する。

通貨を新しく導入した場合や、既存の通貨の記号を変更した場合も、それ以前に使われていた通貨記号に近い象徴性を持つ。通貨記号によく見られる中央の直線は、安定性の象徴である[3]インド・ルピー新しい記号 は、ラテン文字とデーヴァナーガリー文字を組み合わせたものである。

新規通貨記号の導入時は表示ソフトウェアの普及や入力機器の交換などを要するが、ユーロ記号はフォントへの対応が仕様に規定されておらず配慮不足が非難され[1]、様々なユーロ記号が用いられている。

現行の通貨の通貨記号

記号使用している通貨備考
¤国際通貨記号正しい記号が使用できない時に使う
؋アフガニスタンアフガニ
Arマダガスカル・アリアリ[4]
฿タイバーツ
B/.パナマバルボア
Brエチオピアブル
Brベラルーシ・ルーブル
Bs.ボリビアボリビアーノベネズエラ・ボリバル(ベネズエラの旧通貨)やボリバル・フエルテ(ベネズエラの現通貨)でも使用される
Bs.F.ベネズエラボリバル・フエルテBs.も使用される。
GH₵ガーナセディ
¢セントセンターボ (通貨)などアメリカ合衆国ドルメキシコ・ペソなどの1/100の補助単位
cセント、センターボ (¢) の別表記オーストラリア・ドルニュージーランド・ドル南アフリカランドユーロ(以上は「セント」)CFAフラン(サンチーム)で使用される。
Ch.ブータンチェルタムニュルタムの1/100の補助単位
コスタリカ・コロンエルサルバドルサルバドール・コロンでも使われていたが、2001年にアメリカ合衆国ドルが導入され廃止された。
Dガンビアダラシ
денマケドニア・デナールラテン文字転記: DEN
دجアルジェリア・ディナールラテン文字転記: DA
.د.بバーレーン・ディナールラテン文字転記: B.D.
د.عイラク・ディナールラテン文字転記: I.D.
JDヨルダン・ディナール
د.كクウェート・ディナールラテン文字転記: K.D.
ل.دリビア・ディナールラテン文字転記: LD
динセルビア・ディナールラテン文字転記: din
د.تチュニジア・ディナールラテン文字転記: DT
د.م.モロッコ・ディルハムラテン文字転記: DH または Dhs
د.إUAEディルハムラテン文字転記: DH または Dhs
Dbサントメ・プリンシペドブラ
$ドルオーストラリア・ドル(A$)、バハマ・ドル (B$)、 バルバドス・ドル (Bds$)、 ベリーズ・ドル (BZ$)、 バミューダ・ドル (BD$)、 ブルネイ・ドル (B$)、 カナダドル (Can$)、 ケイマン諸島・ドル (CI$)、 東カリブ・ドル (EC$)、 フィジー・ドル (FJ$)、 ガイアナ・ドル (G$)、[5] 香港ドル(HK$/元/圓)、 ジャマイカ・ドル (J$)、 キリバス・ドルリベリア・ドルナミビア・ドル (N$)、 ニュージーランド・ドル(NZ$)、シンガポールドル (S$)、 ソロモン諸島ドル (SI$)、 スリナム・ドル (SRD)、 ニュー台湾ドル (NT$/元/圓)、 トリニダード・トバゴ・ドル (TT$)、 ツバル・ドルアメリカ合衆国ドル(US$)、ジンバブエ・ドル (Z$))
ペソアルゼンチン・ペソチリ・ペソ (CLP$)、 コロンビア・ペソ (COL$)、 キューバ・ペソ ($MN)、 キューバ・兌換ペソ (CUC$)、 ドミニカ・ペソ (RD$)、 メキシコ・ペソ (Mex$)、ウルグアイ・ペソ ($U))
ニカラグア・コルドバ (C$)
ブラジルレアル (R$)
トンガパアンガ
記号の縦棒は1本または2本。
ベトナムドン
֏アルメニアドラム
Escカーボベルデ・エスクード縦線が2本のドル記号(シフラン)も使用される。
ユーロ欧州連合経済通貨同盟 (EMU) 参加国、及び一部のEUに加盟していない欧州の小国(モンテネグロコソボ)で使われる
ƒアルバ・フロリン(Afl.)[6]
アンティル・ギルダー(NAƒ)
かつてはオランダギルダーを表示する記号として用いられた。
Ftハンガリーフォリント
FBuブルンジ・フラン
FCFA中央アフリカCFAフランAlso CFA[7]

Pegged 1:1 with West African CFA franc
Frフランコモロ・フラン (CF)、コンゴ・フラン (CF, FC)、ジブチ・フラン (Fdj/DF)、ギニア・フラン (FG/GFr)、スイス・フラン (SFr))F も使用される。フランス・フランの記号として1988年に が提案されたが、正式な採用はされなかった。
FRwルワンダ・フラン[8]RF[9] と RFr[10] も有効。
CFA西アフリカCFAフラン
Gハイチグールド
grポーランドグロシュズウォティの1/100の補助単位
パラグアイグアラニー とも
hチェコハレルコルナの1/100の補助単位
ウクライナフリヴニャ
ラオスキープ₭N とも
チェコ・コルナ
krクローネデンマーク・クローネ(Dkr)、ノルウェー・クローネ
スウェーデン・クローナ
フェロー・クローネ
アイスランド・クローナ (Íkr)
knクロアチアクーナ
MKマラウイ・クワチャ
ZKザンビア・クワチャ
Kzアンゴラクワンザ
Kミャンマーチャット
パプアニューギニアキナ
ジョージアラリUnicode: U+20BE georgian lari sign Unicode 8.0 に追加予定。
Lアルバニアレク
ホンジュラスレンピラ
レソトロチ(単数形)、スワジランドリランゲニ(単数形)の記号としても使われる。これらの通貨は、単数形と複数形で記号が異なる(複数形は、ロチはM、リランゲニはE)。
ポンド記号 £ もまれに使用される。
Leシエラレオネレオン
Eスワジランドリランゲニリランゲニ(lilangeni)の複数形エマランゲニ(emalangeni)の頭文字。1リランゲニのみ通貨記号は"L"になる。
lpクロアチアリパクーナの1/100の補助単位
トルコ・リラ
Mレソトロチロチ(loti)の複数形マロチ(maloti)の頭文字。1ロチのみ通貨記号は"L"になる。
アゼルバイジャン・マナトm. , man. とも。U+20BC()。Unicode 7.0 にて追加された。
KMボスニア・ヘルツェゴビナ兌換マルクキリル文字で КМ とも
MTモザンビークメティカル[11]MTn とも
ミル、ミリ など通貨単位の1/1000である補助単位。マルタ(1/1000マルタ・リラ)、アメリカ合衆国(1/10セント)。
NfkエリトリアナクファNfa[7] とも
ナイジェリアナイラ
Nu.ブータンニュルタム
UMモーリタニアウギア[12]
MOP$マカオ・パタカ圓 や 元 も使用される。
フィリピン・ペソ, PHP, P とも
Pt.エジプト・ピアストルエジプト・ポンドの1/100の補助単位
£ポンドイギリス・ポンドフォークランド諸島ポンド(FK£)、ジブラルタル・ポンドマンクス・ポンド(M£)、セントヘレナ・ポンドポンド記号から派生したリラ記号が存在するが、リラトルコ、かつてのイタリアなど)を表示する記号としても用いられる。
ج.م.エジプト・ポンドラテン文字転記: L.E.
まれに £E や E£ とも書かれる。
LLレバノン・ポンド
LSシリア・ポンド
Pボツワナプラ
Qグアテマラケツァル
qアルバニアチンダルクレクの1/100の補助単位
R南アフリカランドルーブルの記号としても使われる。
R$ブラジルレアルドル記号は縦線が2本(シフラン)で書かれることも多い。
イラン・リヤルUnicode: U+FDFC rial sign
ر.ع.オマーン・リアル
ر.قカタール・リヤルラテン文字転記: QR
ر.سサウジアラビア・リヤルラテン文字転記: SR.
ریال とも
カンボジアリエル
RMマレーシアリンギット
pペニー(ペンス)(イギリスなど)現在はポンドの1/100。十進法化前のペニーについては#かつて使われていた通貨記号を参照。
沿ドニエストル・ルーブル
ロシア・ルーブルU+20BD[13] - 2013年12月11日に制定され、Unicode 7.0 にて追加された。
Rf.モルディブルフィヤMRf. , MVR , .ރ とも
インド・ルピー2010年までは や Reを使用していた。他に言語別の記号がある(#言語別のルピー記号を参照)。
ルピーモーリシャス・ルピー[14]ネパール・ルピー[15] (N₨/रू.)、パキスタン・ルピースリランカ・ルピー (SLRs/රු)インド・ルピーでも使用されていたが、2010年に に変更した。
SReセーシェル・ルピー[16]SR とも
Rpインドネシアルピア
イスラエル新シェケル
Kshケニア・シリングKSh とも
Sh.So.ソマリア・シリング[17]
UShウガンダ・シリング
S/.ペルーソル
лвブルガリアレフラテン文字転記: lv
сомキルギス・ソムラテン文字転記: som
バングラデシュタカTk , とも
WS$サモアタラ記号は、かつての名称「西サモアドル」(West Samoan tala)による。
T , ST. も使用される。
カザフスタンテンゲ
モンゴルトゥグルグ
VTバヌアツバツ[18]
大韓民国ウォン
朝鮮民主主義人民共和国ウォン
¥日本
中華人民共和国人民元(元)
横線は1本または2本。
「元(圆)」は「円(圓)」の略表記であり、圓や圆は東アジア各地の通貨単位(マカオ・パタカ香港ドルニュー台湾ドルなど)の呼称としても使われているが、日本円と人民元以外では円記号(¥)は使わない。
ポーランドズウォティ

言語別のルピー記号

言語別のルピー記号
言語記号
シンハラ語U+0DD4 sinhala rupee sign (HTML: ු)
グジャラート語U+0AF1 gujarati rupee sign (HTML: ૱)
カンナダ語U+0CB0 kannada rupee sign (HTML: ರ)
タミル語U+0BF9 tamil rupee sign (HTML: ௹)
ブラーフミー系文字U+A838 north indic rupee mark (HTML: ꠸)

かつて使われていた通貨の通貨記号

関連項目

出典

  1. Westcott, K. (2009) India seeks rupee status symbol, BBC 10 March 2009, accessed 1 September 2009
  2. Moedas”. Banco de Cabo Verde. 2016年3月25日閲覧。
  3. The real. rs money. (PDF)”. ECB. p. 3. 2011年5月21日閲覧。
  4. Banky Foiben'i Madagasikara. Accessed 24 Feb 2011.
  5. Bank of Guyana. Accessed 25 Feb 2011.
  6. Centrale Bank van Aruba. About Us – A Brief History of the Bank." Accessed 23 Feb 2011.
  7. Forexforums.com. "Currency symbol finder." Accessed 24 Feb 2011.
  8. National Bank of Rwanda. "Legal tender." Accessed 25 Feb 2011.
  9. University of British Columbia: Saunders School of Business. "Currencies of the World." Accessed 25 Feb 2011.
  10. Lonely Planet. "Rwanda." Accessed 25 Feb 2011.
  11. Banco de Moçambique. Accessed 25 Feb 2011.
  12. Banque Centrale de Mauritanie. Accessed 25 Feb 2011.
  13. Рに横棒を入れたようなデザイン()。
  14. Bank of Mauritius. Accessed 25 Feb 2011.
  15. Nepal Rastra Bank. Accessed 24 Feb 2011.
  16. Central Bank of Seychelles. Accessed 25 Feb 2011.
  17. Central Bank of Somalia. Accessed 24 Feb 2011.
  18. The Reserve Bank of Vanuatu. "Current Banknotes and Coins in Circulation." Accessed 25 Feb 2011.
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.