通信機器

通信機器(つうしんきき、telecommunications equipment)とは、電気通信を行うための機器である。1990年代ごろから、インターネットの発展と送信するデータの増大に伴い、通信機器と情報機器の境界は曖昧になってきている[1][2]

種類

通信機器は、以下のような種類に分けられる[3]

メーカー

世界の五大通信機器(携帯電話器を除く)メーカー(2015年の総収益)

  1. エリクソン
  2. ノキアネットワークス アルカテル・ルーセント
  3. ファーウェイ
  4. シスコシステムズ
  5. ZTE

世界の五大ルータ・スイッチメーカー(2015年6月 Global Service Provider Survey)

  1. シスコシステムズ
  2. ノキアネットワークス アルカテル・ルーセント
  3. ジュニパーネットワークス
  4. ファーウェイ
  5. ZTE

世界の十大携帯電話器メーカー(2013年第2四半期、出荷台数)[4]

  1. サムスン電子 (24.7%)
  2. マイクロソフトモバイル (14.0%)
  3. アップル (7.3%)
  4. LGエレクトロニクス (3.9%)
  5. ZTE (3.5%)
  6. ファーウェイ (2.6%)
  7. レノボ (2.5%)
  8. TCL集団 (2.3%)
  9. ソニーモバイルコミュニケーションズ (2.2%)
  10. クールパッド (1.8%)

2014年現在、多くの通信機器メーカーが、供給のために財政的に努力し、中国に拠点を置くメーカーの市場占有率が上昇し、2G・3Gネットワークによる収入は減少しているが、成長市場の4G装置によっては完全に相殺されていない[5]

中古の通信機器

通信装置の技術の速い進化により、事業者は、自身のネットワークを維持するための別のより安い選択肢として、中古の通信機器にも着目することを強いられている。中古通信機器の市場は、過去10年で急速に拡大した。機器が製造中止されたことにより、入手が困難になる部品を取るために中古品を入手することもある[6]

関連項目

  • ネットワーク機器

出典

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.