迢空賞

迢空賞(ちょうくうしょう)は、日本歌人民俗学者国文学者の釈迢空(折口信夫)にちなんで設けられた短歌の賞。

概要

前年1月から12月に刊行された歌集の中で最も優れたものに与えられ、短歌界では最も権威ある賞とされている。主催は角川文化振興財団(第9回までは角川書店)で、1967年に第1回が行われた。受賞作には賞状、記念品および副賞100万円が贈られる。授賞式は毎年6月、俳句の同様の賞である蛇笏賞と一緒に行われる。候補作は従来非公表であったが、2013年の第47回より最終候補作が事前に公表されるようになった。

2020年の選考委員

受賞作一覧

回数受賞者と作品
第1回1967年吉野秀雄 『病室の牡丹』他
第2回1968年鹿児島寿蔵 『故郷の灯』他
第3回1969年近藤芳美 『黒豹』他
第4回1970年加藤克巳 『球体』他
第5回1971年葛原妙子 『朱霊』他
第6回1972年前川佐美雄 『白木黒木』他
第7回1973年香川進 『甲虫村落』他
岡野弘彦 『滄浪歌』他
第8回1974年田谷鋭 『水晶の座』他
第9回1975年上田三四二 『湧井』他
第10回1976年宮柊二 『獨石馬』他
第11回1977年斎藤史 『ひたくれなゐ』
第12回1978年前登志夫 『縄文記』
第13回1979年玉城徹 『われら地上に』
第14回1980年生方たつゑ 『野分のやうに』
窪田章一郎『素心臘梅』
第15回1981年前田透 『冬すでに過ぐ』
第16回1982年大西民子 『風水』
武川忠一 『秋照』
第17回1983年岡井隆 『禁忌と好色』
第18回1984年佐藤佐太郎 『星宿』
島田修二 『渚の日日』
第19回1985年山中智恵子 『星肆』
第20回1986年馬場あき子 『葡萄唐草』
第21回1987年岡部文夫 『雪天』
第22回1988年吉田正俊 『朝の霧』
第23回1989年塚本邦雄 『不變律』
第24回1990年(該当作なし)
第25回1991年安永蕗子 『冬麗』
第26回1992年森岡貞香 『百乳文』
第27回1993年(該当作なし)
第28回1994年佐佐木幸綱 『瀧の時間』
第29回1995年篠弘 『至福の旅びと』
第30回1996年(該当作なし)
第31回1997年富小路禎子 『不穏の華』
第32回1998年清水房雄 『旻天何人吟』
第33回1999年尾崎左永子 『夕霧峠』
第34回2000年春日井建 『白雨』、『友の書』
第35回2001年高野公彦 『水苑』
第36回2002年竹山広 『射祷』(『竹山広全歌集』所収)
第37回2003年岡部桂一郎 『一点鐘』
第38回2004年永田和宏 『風位』
第39回2005年小池光 『時のめぐりに』
第40回2006年岩田正 『泡も一途』
小島ゆかり 『憂春』
第41回2007年栗木京子 『けむり水晶』
第42回2008年伊藤一彦 『微笑の空』
第43回2009年石川不二子 『ゆきあひの空』
河野裕子 『母系』
第44回2010年坂井修一 『望楼の春』
第45回2011年島田修三 『蓬歳断想録』
第46回2012年渡辺松男 『蝶』
第47回2013年米川千嘉子 『あやはべる』

候補作:雨宮雅子『水の花』、橋本喜典『な忘れそ』、花山多佳子『木立ダリア』、宮英子『青銀色』

第48回2014年玉井清弘 『屋嶋』

候補作:北沢郁子『道』、佐伯裕子『流れ』、佐藤通雅『昔話』、福島泰樹『焼跡ノ歌』

第49回2015年(該当作なし)

候補作:阿木津英『黄鳥』、秋葉四郎『みな陸を向く』、来嶋靖生『硯』、今野寿美『さくらのゆゑ』、蒔田さくら子『標のゆりの樹』

第50回2016年大島史洋『ふくろう』

候補作:春日真木子『水の夢』、外塚喬『山鳩』、内藤明『虚空の橋』、水原紫苑『光儀(すがた)』

第51回2017年橋本喜典『行きて帰る』

候補作:三枝昂之『それぞれの桜』、花山多佳子『晴れ・風あり』、福島泰樹『哀悼』、吉川宏志『鳥の見しもの』

第52回 2018年 三枝浩樹『時禱集』

候補作:佐藤通雅『連灯』、外塚喬『散録』、水原紫苑『えぴすとれー』

第53回 2019年 内藤明『薄明の窓』

候補作:春日真木子『何の扉か』、佐伯裕子『感傷生活』、日高堯子『空目の秋』

第54回 2020年 三枝昂之『遅速あり』

候補作:川野里子『歓待』、桑原正紀『秋夜吟』、花山多佳子『鳥影』、吉川宏志『石蓮花』

歴代選考委員

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.