近鉄八尾駅

近鉄八尾駅(きんてつやおえき)は、大阪府八尾市北本町二丁目にある、近畿日本鉄道(近鉄)大阪線である。駅番号はD11

近鉄八尾駅
駅舎(バスターミナルの東側から)
きんてつ やお
Kintetsu-Yao
D10 久宝寺口 (1.3 km)
(1.5 km) 河内山本 D12
所在地 大阪府八尾市北本町二丁目153-2
駅番号  D11 
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 D 大阪線
キロ程 9.6 km(大阪上本町起点)
電報略号 ヤオ
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
37,867人/日
-2018年-
開業年月日 1924年大正13年)10月31日
* 駅名改称経歴
- 1928年 八尾駅→大軌八尾駅
- 1941年 大軌八尾駅→関急八尾駅
- 1944年 関急八尾駅→近畿日本八尾駅
- 1970年 近畿日本八尾駅→近鉄八尾駅

配線図
凡例

久宝寺口駅

河内山本駅

構内(上りホーム上本町方から)

歴史

駅構造

相対式2面2線のホームを持つ高架駅。改札・コンコースは2階、ホームは3階にある。改札口は中央口と西口の2ヶ所。中央口の北側にバスターミナルがある。また、中央口からはLINOASに続く空中連絡通路があり、LINOASを経由してArio八尾ショッピングモールへ連絡することが可能。近鉄八尾駅の1階部分はショッピングセンターや飲食店街となっている。

高安駅以西での準急の10両編成運転に対応できるよう、ホームは10両分の有効長が確保されている。

のりば

のりば路線方向行先
1 D 大阪線 下り D 河内国分名張・方面 M 伊勢志摩方面 E 名古屋方面
2 上り D 布施大阪上本町方面 A 大阪難波尼崎神戸三宮奈良方面

特徴

営業・設備面

停車列車

  • 準急以下の一般列車が停車しており、大阪方面からの区間準急は当駅から名張駅まで各駅に停車する[8]
  • 昼間時間帯は区間準急が毎時3本、普通列車が毎時5本停車する[8]

利用状況

2018年11月13日における1日乗降人員37,867人である[9]

近年における1日乗降・乗車人員は以下の通り。

年度別1日乗降・乗車人員
年度 特定日 1日平均
乗車人員[10]
出典
調査日 乗降人員 乗車人員
1990年(平成02年) 11月06日 42,086 21,200 25,097 [11]
1991年(平成03年) -
1992年(平成04年) 11月10日 41,035 20,523 24,356 [12]
1993年(平成05年) - 23,757
1994年(平成06年) - 23,121
1995年(平成07年) 12月05日 43,695 21,976 22,946 [13]
1996年(平成08年) - 22,660
1997年(平成09年) - 21,873
1998年(平成10年) 11月10日 38,395 19,264 21,031 [14]
1999年(平成11年) - 20,239
2000年(平成12年) 11月07日 36,013 17,965 19,623 [15]
2001年(平成13年) - 18,960
2002年(平成14年) - 18,229
2003年(平成15年) 11月11日 34,033 17,021 17,747 [16]
2004年(平成16年) - 17,442
2005年(平成17年) 11月08日 33,783 16,892 17,866 [17]
2006年(平成18年) - 18,901
2007年(平成19年) - 19,091
2008年(平成20年) 11月18日 34,116 17,106 18,527 [18]
2009年(平成21年) - 18,149
2010年(平成22年) 11月09日 32,823 16,345 18,197 [19]
2011年(平成23年) - 18,149
2012年(平成24年) 11月13日 34,353 17,089 18,909 [20]
2013年(平成25年) - 19,082
2014年(平成26年) - 18,689
2015年(平成27年) 11月10日 35,762 17,871 19,041 [21]
2016年(平成28年) - 19,292
2017年(平成29年) - 19,174
2018年(平成30年) 11月13日 37,867 18,818 19,259 [22]

その他

  • 毎年8月の最終土曜・日曜日に、当駅前で「八尾河内音頭祭り」が行われてきたが、2012年度からは9月の第一日曜日のみで、久宝寺緑地にて開催されている。

駅周辺

公共施設

神社仏閣

商業施設

八尾西武跡地にできたLINOAS

教育機関

金融機関

医療機関

バス

近鉄バス
なお、2番のりばは1番のりばと3番のりばの間に存在したが現在は廃止。かつては、山本駅前(2・3番のりば)、あべの橋布施駅前(5番のりば)への路線があったほか、門真団地(6番のりば)や愛あいバス(八尾市コミュニティバス、5番のりば)なども発着していた。この他、07番JR久宝寺駅行がアリオ八尾・八尾駅筋バス停から発着している。また大阪市営バスも乗り入れ、あべの橋・地下鉄動物園前方面、JR平野駅へ向かう路線(7番のりば)が存在していた。大阪市営バスは2014年3月31日をもって撤退し、同年5月31日より近鉄バス26番志紀車庫前行が1番のりばから7番のりばへ変更となった[23]が、2017年3月末の路線休止で発着がなくなった。
大阪バス
大阪バスの2路線は近鉄バスがかつて運行していた路線[25]を一部復活させるような形で開設している。

隣の駅

近畿日本鉄道
D 大阪線
快速急行・急行
通過
準急・区間準急(区間準急は河内山本方向各駅停車)
布施駅 (D06) - 近鉄八尾駅 (D11) - 河内山本駅 (D12)
  • 近畿大学入試当日などに区間準急の一部が長瀬駅(D08)に臨時停車することがある。
普通
久宝寺口駅 (D10) - 近鉄八尾駅 (D11) - 河内山本駅 (D12)

脚注

  1. 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』2号 近畿日本鉄道 1、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月22日、18-23頁。ISBN 978-4-02-340132-7。
  2. 近畿日本鉄道株式会社『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』近畿日本鉄道、2010年12月、678頁。全国書誌番号:21906373
  3. 今尾恵介(監修)『日本鉄道旅行地図帳』8 関西1、新潮社、2008年、23頁。ISBN 978-4-10-790026-5。
  4. 近畿日本鉄道株式会社『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』近畿日本鉄道、2010年12月、378・870頁。全国書誌番号:21906373
  5. “近鉄は来月16日から ラッシュ時の混雑緩和図る”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (1995年2月15日)
  6. “平成19年4月1日から、近鉄主要路線でICカードの利用が可能になります” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2007年1月30日), http://www.kintetsu.jp/news/files/iccard20070130.pdf 2016年3月7日閲覧。
  7. 近鉄時刻表2018年3月17日ダイヤ変更号、p.70 - p.87
  8. 近鉄時刻表2018年3月17日ダイヤ変更号、p.124 - p.147・p.284 - p.306
  9. 駅別乗降人員 大阪線 - 近畿日本鉄道
  10. 八尾市統計書
  11. 大阪府統計年鑑(平成3年) (PDF)
  12. 大阪府統計年鑑(平成5年) (PDF)
  13. 大阪府統計年鑑(平成8年) (PDF)
  14. 大阪府統計年鑑(平成11年) (PDF)
  15. 大阪府統計年鑑(平成13年) (PDF)
  16. 大阪府統計年鑑(平成16年) (PDF)
  17. 大阪府統計年鑑(平成18年) (PDF)
  18. 大阪府統計年鑑(平成21年) (PDF)
  19. 大阪府統計年鑑(平成23年) (PDF)
  20. 大阪府統計年鑑(平成25年) (PDF)
  21. 大阪府統計年鑑(平成28年) (PDF)
  22. 大阪府統計年鑑(令和元年) (PDF)
  23. 【5月31日】近鉄八尾駅前 志紀車庫前行きのりば変更について - 近鉄バス2014年5月23日
  24. 9月23日(月・祝) 市内路線バス 『八尾志紀線』 運行開始のお知らせ”. 大阪バス. 2020年1月1日閲覧。
  25. 布施八尾線は大蓮線、八尾志紀線は恩智線・志紀線・八尾市愛あいバス
  26. (PDF, 大阪バス 2018年4月12日)

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.