近代社格制度

近代社格制度(きんだいしゃかくせいど)とは、明治維新以降、『延喜式』に倣って、新たに神社を等級化した制度である。第二次世界大戦後に廃止されたが、「旧社格」などの名称で神社の格を表す目安とされる。

歴史

京都府亀岡市の出雲大神宮(京都府亀岡市)の社名標。旧社格とともに旧称の「出雲神社」が刻まれる。

明治4年5月14日1871年7月1日)に太政官布告「官社以下定額・神官職制等規則」により制定。これ以前の初期の社格として神祇官直支配社(大奉幣社・中奉幣社・小奉幣社)や勅祭社(大祭社・中祭社・小祭社)があった。

昭和21年(1946年2月2日連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の神道指令により神社の国家管理が廃止されると同時に廃止。GHQの干渉を恐れ、石の社名標の社格が刻まれた部分をセメントで埋めた神社が多かった。その後セメントを除去した社名標もあるが、現在でもそのままのものも多い。

神社本庁は昭和23年(1948年)に包括する旧官国幣社の全てを別表神社に指定、人事で特別に扱うとしたが、これは社格とは無関係である。

分類

近代社格制度では、社格を官社諸社民社)、無格社に分ける。伊勢の神宮は、「全ての神社の上にあり、社格のない特別な存在」とされた。

官社

官社とは、祈年祭新嘗祭に国から奉幣を受ける神社である。官社は神祇官が祀る官幣社と、地方官(国司)が祀る国幣社に分けられ、律令制の社格に倣ってそれぞれに大・中・小の格があり、「昇格」が行われた。官幣社・国幣社をまとめて官国幣社ともいう。

主として官幣社は二十二社天皇皇族を祀る神社など朝廷に縁のある神社、国幣社は各国の一宮や地方の有力神社が中心である。官幣社・国幣社に実質的差異はないが、例祭について、官幣社へは皇室宮内省)から、国幣社へは国庫から幣帛が供進された点が異なる(祈年祭・新嘗祭はどちらも皇室から奉幣を受ける)。明治初年、国家の宗祀であるとして、官費が官社の経費として支給されたが、明治20年(1887年)度より毎年国庫から各社に保存金が下付され、明治39年(1906年)4月、供進金制度となった。金額は次第に増加し、昭和12年(1937年)度には73万円になった。また、朝鮮神宮台湾神宮にはそれぞれの総督府から、靖国神社陸軍省から、供進金があった。当初は官幣社のみに菊花紋章の社殿の装飾への使用が認められたが、明治7年(1874年)に国幣社にも認められた。

国幣大社は当初から指定された神社はなく、大正4年(1915年)に国幣中社の気多神社(現・気多大社)などが昇格したのが最初である。

諸社からの昇格もあったため、全国約11万社のうち最終的に官社へ列格したのは218社であった。

官社の社格の順

官国幣社(官社)については、官幣社は国幣社よりも格が上とされ、それぞれ大・中・小の順に格が下がる。

『神道辞典』などによると、官幣大社>国幣大社>官幣中社>国幣中社>官幣小社>国幣小社>別格官幣社 となるが、官幣中社と国幣大社はどちらが上かなどの明確な規定はない。

別格官幣社

後に、国家に功績を挙げた忠臣や、国家のために亡くなった武将・志士・兵士などを祭神として祀る神社のために別格官幣社が創設され、明治5年(1872年)に楠木正成を主祭神とする湊川神社が初の別格官幣社に列格している。別格官幣社は官幣小社と待遇は同じであるが、国幣小社よりも上位とされた規定はない。

なお、臣下であった菅原道真を主祭神とする天満宮天神信仰によって祭神は雷神と同一視されたため、北野神社(現・北野天満宮)と太宰府神社(現・太宰府天満宮)の2社が例外的に別格官幣社ではなく待遇が上となる官幣中社に列した。

官幣国幣社等外別格

神奈川県により県内宗社として明治3年(1870年)に創建された伊勢山皇大神宮が、明治4年(1871年)に列されたもの。神祇省の令達書によれば「右神社ハ元伊勢神宮勧請ノ儀二付、官幣国幣社等外別格ニ處シ」とあるが、正式に制定された社格ではなかった。神奈川県もそれを不服とし、その後たびたび官幣中社あるいは国幣中社への昇格を求めている。

諸社

諸社は府県社郷社村社に分類される。

府県社は、台湾の、台湾、北海道樺太から奉幣を受け、郷社は府県、、またはから、村社は市町村から奉幣を受けた。また当初あった藩社より奉幣を受けるとされたが、藩社が指定される前に廃藩置県で藩が消滅したため、列格した神社はない。ほか、朝鮮の「道供進社」は朝鮮の「道」から、同じく朝鮮の「府供進社」は朝鮮の「」から奉幣を受け、内地の府県社に相当した。

府社の社格は東京府・大阪府・京都府の3府に所在の神社に与えられ、県社はそれ以外の県に所在の神社に与えられたが、北海道や樺太は「県」がないにもかかわらず県社とされた。また、1943年東京都が誕生したが「府社」の名称はそのままとされ、近代社格制度の廃止まで「都社」はないままだった。

明治政府は当初、府藩県社(府藩県崇敬神社)と郷社(郷邑産土神社)の2種類で諸社を管理しようとしており、「郷社」については、氏子を管理するための特定の行政機能を示すものであった。明治政府は太政官布告大小神社氏子取調氏子調)で宗教政策を行い、江戸時代までの寺請制度に代わって、国民に対して在郷の神社の氏子となり、出生や住所の移動の際には守札の発行などが義務づけられた。この制度により、全国にはこれまで自然形成された村とほぼ同数の18万社あまりが成ったという。あくまでも氏子を管理するものであるため、官国幣社・府藩県社でも氏子がある場合は同時に郷社であることも考慮されていた。さらにその後、村社も郷社と同様の意味を持つが、郷社に付属するものとして設定されたものの、わずか2年で制度は廃止となった。しかし郷社定則は近代の氏神・氏子制度の基本となり、現代の氏子区域の基となった。その後、市政町村制度の施行や、いわゆる「明治の大合併」による行政区分の整理で一村一社の存在意義も薄れ、1906年(明治39年)の神社合祀令を経ると、明治末期には全国の神社の数は11万社余にまで減じた。

昇格もあったため、全国約11万社のうち最終的な府県社は1,148社、郷社は3,633社、村社は44,934社であったとされる[1]

神饌幣帛料供進社

明治40年(1907年)からは、府県郷を始め、村社(指定神社以上)が例祭に地方公共団体の神饌幣帛料の供進を受けることが、大正3年(1914年)4月からは祈年祭・新嘗祭にも神饌幣帛料の供進を受けることが、それぞれ認められ、神饌幣帛料供進社と称された。神饌幣帛料供進指定神社、あるいは社格と併せ指定県社指定村社等の表現も為される。

諸社の社格の順

諸社(民社)は、府社=県社=藩社>郷社>村社の順である。

これらの社格の区別は実質的な待遇の差異を伴わず、特に官国幣社においては、官幣社と国幣社の区別の意義などがはっきりしなかった。より整備された社格制度を作ることも考えられたが、成立しなかった。だが、実質的な待遇を見れば、官国幣社、神饌幣帛料供進社(府県社と郷村社の一部)、それ以外の神社の3段階の社格になったといえる。

なお、社格とは国家による待遇の差を表したもので、その神社への崇敬の厚さを表したものではない。

無格社

無格社は、法的に認められた神社の中で村社に至らない神社であり、正式な社格ではなく、社格を有する神社と区別するための呼称だったが、社格の一種ともされるようになった。無格社の神社であってもほとんどは氏子を有し、村社以上の神社とは、神饌幣帛料供進がなかった点や境内地が地租もしくは地方税免除の対象とされなかった点などが異なる以外に、目立った相違はない。規模の小さな無格社の多くは、明治末期の神社合祀で廃社とされた。

全国約11万社のうち、無格社は1938年(昭和13年)の調査では60,496社あり、当時の神社数の半数であった。最終的には59,997社が存在したとされる[1]

その他

社格ではないが、民立の護国神社政府に保護された神社を区別するため、後者を内務大臣指定護国神社とした。

これとは別に、神社の祭礼に天皇から勅使が遣わされることがあり、このような神社を勅祭社とよびこれも社格に類して使われた。

官国幣社一覧

「社名」、「社格」は1946年の近代社格制度廃止時のもので、外地の神社は廃座時のもの。「所在地」は現在のもので、海外の神社については日本統治時代の地名。「式内」は式内社(名神は名神大社)、「一宮」は各国の一宮(括弧書きは新一の宮)、「別表」は別表神社単立神社の別。「-」は、当時、神社がなかったことを示す。

社名現在の社名所在地式内一宮別表他の社格
官幣大社
札幌神社北海道神宮北海道札幌市中央区蝦夷国別表
月山神社月山神社山形県鶴岡市名神別表
鹿島神宮鹿島神宮茨城県鹿嶋市名神常陸国別表勅祭社
香取神宮香取神宮千葉県香取市名神下総国別表勅祭社
安房神社安房神社千葉県館山市名神安房国別表
氷川神社氷川神社埼玉県さいたま市大宮区名神武蔵国別表勅祭社
日枝神社日枝神社東京都千代田区別表
明治神宮明治神宮東京都渋谷区別表勅祭社
三嶋神社三嶋大社静岡県三島市名神伊豆国別表
浅間神社富士山本宮浅間大社静岡県富士宮市名神駿河国別表
諏訪神社諏訪大社長野県諏訪市ほか名神信濃国別表
熱田神宮熱田神宮愛知県名古屋市熱田区名神別表勅祭社
気比神宮気比神宮福井県敦賀市名神越前国別表
日吉(ひえ)神社日吉(ひよし)大社滋賀県大津市名神別表二十二社
建部神社建部大社滋賀県大津市名神近江国別表
多賀神社多賀大社滋賀県犬上郡多賀町小社別表
近江神宮近江神宮滋賀県大津市別表勅祭社
国懸神宮日前神宮・國懸神宮和歌山県和歌山市名神紀伊国単立
日前神宮名神紀伊国
竈山神社竈山神社和歌山県和歌山市小社別表
熊野坐神社熊野本宮大社和歌山県田辺市名神別表
熊野速玉神社熊野速玉大社和歌山県新宮市大社別表
丹生都比売神社丹生都比売神社和歌山県伊都郡かつらぎ町名神紀伊国別表
賀茂別雷神社賀茂別雷神社(上賀茂神社)京都府京都市北区名神山城国別表二十二社・勅祭社
賀茂御祖神社賀茂御祖神社(下鴨神社)京都府京都市左京区名神山城国別表二十二社・勅祭社
石清水八幡宮石清水八幡宮京都府八幡市別表二十二社・勅祭社
松尾神社松尾大社京都府京都市西京区名神別表二十二社
平野神社平野神社京都府京都市北区名神別表二十二社
稲荷神社伏見稲荷大社京都府京都市伏見区名神単立二十二社
平安神宮平安神宮京都府京都市左京区別表勅祭社
八坂神社八坂神社京都府京都市東山区別表二十二社
白峯神宮白峯神宮京都府京都市上京区別表
大神神社大神神社奈良県桜井市名神大和国別表二十二社
大和神社大和神社奈良県天理市名神別表二十二社
石上神宮石上神宮奈良県天理市名神別表二十二社
春日神社春日大社奈良県奈良市名神別表二十二社・勅祭社
廣瀬神社廣瀬大社奈良県北葛城郡河合町名神別表二十二社
龍田神社龍田大社奈良県生駒郡三郷町名神別表二十二社
丹生川上神社丹生川上神社(中社)奈良県吉野郡東吉野村名神別表二十二社
丹生川上神社上社奈良県吉野郡川上村別表
丹生川上神社下社奈良県吉野郡下市町別表
橿原神宮橿原神宮奈良県橿原市別表勅祭社
吉野神宮吉野神宮奈良県吉野郡吉野町別表
枚岡神社枚岡神社大阪府東大阪市名神河内国別表
大鳥神社大鳥大社大阪府堺市西区名神和泉国別表
住吉神社住吉大社大阪府大阪市住吉区名神摂津国別表二十二社
生国魂神社生国魂神社大阪府大阪市天王寺区名神別表
水無瀬神宮水無瀬神宮大阪府三島郡島本町別表
廣田神社廣田神社兵庫県西宮市名神別表二十二社
伊弉諾神社伊弉諾神宮兵庫県淡路市名神淡路国別表
出雲大社出雲大社島根県出雲市名神出雲国別表勅祭社
赤間神宮赤間神宮山口県下関市別表
香椎宮香椎宮福岡県福岡市東区別表勅祭社
宗像神社宗像大社福岡県宗像市名神別表
筥崎宮筥崎宮福岡県福岡市東区名神筑前国別表
宇佐神宮宇佐神宮大分県宇佐市名神豊前国別表勅祭社
阿蘇神社阿蘇神社熊本県阿蘇市名神肥後国別表
宮崎神宮宮崎神宮宮崎県宮崎市別表
鵜戸神宮鵜戸神宮宮崎県日南市別表
霧島神宮霧島神宮鹿児島県霧島市別表
鹿児島神宮鹿児島神宮鹿児島県霧島市大社大隅国別表
樺太神社(廃社)樺太豊原市
台湾神宮(廃社)台湾台北州台北市
朝鮮神宮(廃社)朝鮮京畿道京城府勅祭社
扶余神宮(未鎮座)朝鮮忠清南道扶餘郡
関東神宮(廃社)関東州旅順市
南洋神社南洋神社(廃社の後に再建)南洋庁パラオコロール
国幣大社
気多神社気多大社石川県羽咋市名神能登国単立
南宮神社南宮大社岐阜県不破郡垂井町名神美濃国別表
多度神社多度大社三重県桑名市名神別表
熊野神社熊野大社島根県松江市名神出雲国別表
大山祇神社大山祇神社愛媛県今治市名神伊予国別表
高良神社高良大社福岡県久留米市名神筑後国別表
官幣中社
金鑚神社金鑚神社埼玉県児玉郡神川町名神別表
鎌倉宮鎌倉宮神奈川県鎌倉市単立
井伊谷宮井伊谷宮静岡県浜松市北区別表
金崎宮金崎宮福井県敦賀市別表
御上神社御上神社滋賀県野洲市名神別表
伊太祁󠄀曽神社伊太祁󠄀曽神社和歌山県和歌山市名神紀伊国別表
熊野那智神社熊野那智大社和歌山県東牟婁郡那智勝浦町別表
梅宮神社梅宮大社京都府京都市右京区名神単立二十二社
貴船神社貴船神社京都府京都市左京区名神別表二十二社
大原野神社大原野神社京都府京都市西京区別表二十二社
吉田神社吉田神社京都府京都市左京区別表二十二社
北野神社北野天満宮京都府京都市上京区別表二十二社
坐摩神社坐摩神社大阪府大阪市中央区名神摂津国別表
生田神社生田神社兵庫県神戸市中央区名神別表
海神社海神社兵庫県神戸市垂水区名神別表
長田神社長田神社兵庫県神戸市長田区名神別表
吉備津神社吉備津神社岡山県岡山市北区名神備中国別表
厳島神社厳島神社広島県廿日市市名神安芸国別表
住吉神社住吉神社山口県下関市名神長門国別表
太宰府神社太宰府天満宮福岡県太宰府市別表
英彦山神社英彦山神宮福岡県田川郡添田町別表
八代宮八代宮熊本県八代市別表
台南神社(廃社)台湾台南州台南市
国幣中社
函館八幡宮函館八幡宮北海道函館市別表
鹽竈神社志波彦神社・鹽竈神社宮城県塩竈市陸奥国別表
志波彦神社名神
大物忌神社鳥海山大物忌神社山形県飽海郡遊佐町名神出羽国別表
都々古別神社都都古別神社(八槻都都古別神社)福島県東白川郡棚倉町八槻名神陸奥国別表
都々古別神社都都古和気神社(馬場都都古別神社)福島県東白川郡棚倉町馬場名神陸奥国別表
伊佐須美神社伊佐須美神社福島県大沼郡会津美里町名神岩代国別表
二荒山神社二荒山神社(日光二荒山神社栃木県日光市名神下野国別表
二荒山神社二荒山神社(宇都宮二荒山神社栃木県宇都宮市名神下野国別表
貫前神社一之宮貫前神社群馬県富岡市名神上野国別表
大洗磯前神社大洗磯前神社茨城県東茨城郡大洗町名神別表
酒列磯前神社酒列磯前神社茨城県ひたちなか市名神別表
玉前神社玉前神社千葉県長生郡一宮町名神上総国別表
寒川神社寒川神社神奈川県高座郡寒川町名神相模国別表
鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮神奈川県鎌倉市相模国別表
浅間神社浅間神社山梨県笛吹市名神甲斐国別表
生島足島神社生島足島神社長野県上田市名神別表
弥彦神社弥彦神社新潟県西蒲原郡弥彦村名神越後国別表
射水神社射水神社富山県高岡市名神越中国別表
白山比咩神社白山比咩神社石川県白山市小社加賀国別表
若狭彦神社若狭彦神社若狭姫神社福井県小浜市名神若狭国別表
真清田神社真清田神社愛知県一宮市名神尾張国別表
大県神社大県神社愛知県犬山市名神別表
敢国神社敢国神社三重県伊賀市大社伊賀国別表
出雲神社出雲大神宮京都府亀岡市名神丹波国単立
籠神社籠神社(元伊勢籠神社)京都府宮津市名神丹後国別表
出石神社出石神社兵庫県豊岡市名神但馬国別表
伊和神社伊和神社兵庫県宍粟市名神播磨国別表
中山神社中山神社岡山県津山市名神美作国別表
安仁神社安仁神社岡山県岡山市東区名神備前国別表
速谷神社速谷神社広島県廿日市市名神別表
宇倍神社宇倍神社鳥取県鳥取市名神因幡国別表
水若酢神社水若酢神社島根県隠岐郡隠岐の島町名神隠岐国別表
美保神社美保神社島根県松江市小社別表
玉祖神社玉祖神社山口県防府市小社周防国別表
田村神社田村神社香川県高松市名神讃岐国別表
金刀比羅宮金刀比羅宮香川県仲多度郡琴平町別表
伊曽乃神社伊曽乃神社愛媛県西条市名神別表
忌部神社忌部神社徳島県徳島市名神別表
大麻比古神社大麻比古神社徳島県鳴門市名神阿波国別表
土佐神社土佐神社高知県高知市大社土佐国別表
西寒多神社西寒多神社大分県大分市大社豊後国別表
田島神社田島神社佐賀県唐津市名神別表
住吉神社住吉神社長崎県壱岐市名神別表
海神神社海神神社長崎県対馬市名神対馬国別表
諏訪神社諏訪神社長崎県長崎市別表
新田神社新田神社鹿児島県薩摩川内市薩摩国別表
官幣小社
大國魂神社大國魂神社東京都府中市別表
竈門神社竈門神社福岡県太宰府市名神別表
志賀海神社志賀海神社福岡県福岡市東区名神別表
住吉神社住吉神社福岡県福岡市博多区名神筑前国別表
波上宮波上宮沖縄県那覇市琉球国別表
国幣小社
岩木山神社岩木山神社青森県弘前市(津軽国)別表
古四王神社古四王神社秋田県秋田市別表
駒形神社駒形神社岩手県奥州市小社陸中国別表
出羽神社出羽神社山形県鶴岡市小社別表
湯殿山神社湯殿山神社山形県鶴岡市別表
秩父神社秩父神社埼玉県秩父市小社知知夫国別表
箱根神社箱根神社神奈川県足柄下郡箱根町別表
小国神社小国神社静岡県周智郡森町小社遠江国別表
浅間神社神部神社・浅間神社・大歳御祖神社静岡県静岡市葵区別表
大歳御祖神社
神部神社小社
伊豆山神社伊豆山神社静岡県熱海市小社別表
戸隠神社戸隠神社長野県長野市別表
穂高神社穂高神社長野県安曇野市名神別表
度津神社度津神社新潟県佐渡市小社佐渡国別表
高瀬神社高瀬神社富山県南砺市小社越中国別表
雄山神社雄山神社富山県中新川郡立山町小社越中国別表
菅生石部神社菅生石部神社石川県加賀市小社別表
剣神社剣神社福井県丹生郡越前町小社別表
水無神社飛騨一宮水無神社岐阜県高山市小社飛騨国別表
伊奈波神社伊奈波神社岐阜県岐阜市小社別表
砥鹿神社砥鹿神社愛知県豊川市小社三河国別表
津島神社津島神社愛知県津島市小社別表
尾張大国霊神社尾張大国霊神社愛知県稲沢市小社別表
吉備津彦神社吉備津彦神社岡山県岡山市北区備前国別表
吉備津神社吉備津神社広島県福山市備後国別表
沼名前神社沼名前神社広島県福山市小社別表
大神山神社大神山神社鳥取県米子市小社別表
倭文神社倭文神社鳥取県東伯郡湯梨浜町小社伯耆国別表
日御碕神社日御碕神社島根県出雲市小社別表
物部神社物部神社島根県大田市小社石見国別表
須佐神社須佐神社島根県出雲市小社別表
佐太神社佐太神社島根県松江市小社別表
忌宮神社忌宮神社山口県下関市小社別表
千栗八幡宮千栗八幡宮佐賀県三養基郡みやき町肥前国別表
柞原八幡宮柞原八幡宮大分県大分市豊後国別表
藤崎八旛宮藤崎八旛宮熊本県熊本市中央区別表
都農神社都農神社宮崎県児湯郡都農町小社日向国別表
枚聞神社枚聞神社鹿児島県指宿市小社薩摩国別表
京城神社(廃社)朝鮮京城府
竜頭山神社(廃社)朝鮮慶尚南道釜山府
大邱神社(廃社)朝鮮慶尚北道大邱府
平壌神社(廃社)朝鮮平安南道平壌府
光州神社(廃社)朝鮮全羅南道光州府
江原神社(廃社)朝鮮江原道春川郡
全州神社(廃社)朝鮮全羅北道全州府
咸興神社(廃社)朝鮮咸鏡南道咸興府
新竹神社(廃社)台湾新竹州新竹市
台中神社(廃社)台湾台中州台中市
嘉義神社(廃社)台湾台南州嘉義市
社名現在の社名所在地主な祭神別表他の社格
別格官幣社
上杉神社上杉神社山形県米沢市上杉謙信別表
霊山神社霊山神社福島県伊達市北畠親房北畠顕家別表
東照宮東照宮(日光東照宮栃木県日光市徳川家康単立
唐沢山神社唐沢山神社栃木県佐野市藤原秀郷別表
常磐神社常磐神社茨城県水戸市徳川光圀徳川斉昭別表
小御門神社小御門神社千葉県成田市藤原師賢別表
靖国神社靖国神社東京都千代田区護国の英霊単立勅祭社
東照宮久能山東照宮静岡県静岡市駿河区徳川家康別表
尾山神社尾山神社石川県金沢市前田利家別表
福井神社福井神社福井県福井市松平慶永別表
藤島神社藤島神社福井県福井市新田義貞別表
結城神社結城神社三重県津市結城宗広別表
北畠神社北畠神社三重県津市北畠顕能別表
護王神社護王神社京都府京都市上京区和気清麻呂別表
建勲神社建勲神社京都府京都市北区織田信長別表
豊国神社豊国神社京都府京都市東山区豊臣秀吉別表
梨木神社梨木神社京都府京都市上京区三条実美単立
談山神社談山神社奈良県桜井市藤原鎌足別表
阿部野神社阿部野神社大阪府大阪市阿倍野区北畠親房北畠顕家別表
四條畷神社四條畷神社大阪府四條畷市楠木正行別表
湊川神社湊川神社兵庫県神戸市中央区楠木正成別表
名和神社名和神社鳥取県西伯郡大山町名和長年別表
豊榮神社豊榮神社山口県山口市毛利元就別表
野田神社野田神社山口県山口市毛利敬親別表
山内神社山内神社高知県高知市土佐藩歴代藩主単立
佐嘉神社佐嘉神社佐賀県佐賀市鍋島直正別表
菊池神社菊池神社熊本県菊池市菊池武時別表
照国神社照国神社鹿児島県鹿児島市島津斉彬別表

脚注

  1. ただし、この数は昭和20年以降の昇格や昇格予定が反映されていない可能性がある。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.