農林水産大臣政務官

農林水産大臣政務官(のうりんすいさんだいじんせいむかん、英語: Parliamentary Secretary for Agriculture, Forestry and Fisheries)は、日本農林水産省を担当する大臣政務官

日本
農林水産大臣政務官
のうりんすいさん
だいじんせいむかん
内閣の紋
現職者:
池田道孝
熊野正士

就任日: 2020年(令和2年)9月18日
担当官庁 農林水産省
初代 金田英行国井正幸
創設 2001年(平成13年)1月6日
公式サイト 農林水産省/大臣・副大臣・政務官

概要

農林水産省が所在する中央合同庁舎第1号館

中央省庁等改革基本法に基づく中央省庁再編にともない、2001年(平成13年)1月6日に設置された。同日付で第2次森改造内閣(中央省庁再編後)が発足し、衆議院議員金田英行参議院議員の国井正幸が任命された。

政務を担当し、農林水産大臣を助けるとともに、特定の政策企画に参画する[1]国家行政組織法に基づき、定数は2名で運用されている[2]

ただ、常に2名同時に任命するわけではない。第1次小泉内閣では、衆議院議員の岩永峯一と参議院議員の国井正幸が任命された。しかし、2001年(平成13年)9月21日に国井のみ退任し、後任に参議院議員の岩永浩美が就任している。同じく第1次小泉内閣にて、2002年(平成14年)1月8日に岩永峯一のみ退任し、後任に衆議院議員の宮腰光寛が就任している。また、菅第2次改造内閣では、衆議院議員の田名部匡代松木謙公が任命された。しかし、2011年(平成23年)2月24日に松木のみ退任し、その翌日、後任に衆議院議員の吉田公一が就任した。

歴代大臣政務官

農林水産大臣政務官
内閣氏名就任日退任日党派氏名就任日退任日党派備考
第2次森内閣改造内閣
(中央省庁再編後)
金田英行2001年(平成13年)1月6日2001年(平成13年)4月26日自由民主党国井正幸2001年(平成13年)1月6日2001年(平成13年)4月26日自由民主党
第1次小泉内閣岩永峯一2001年(平成13年)5月7日2002年(平成14年)1月8日2001年(平成13年)5月7日2001年(平成13年)9月21日
岩永浩美2001年(平成13年)9月21日2002年(平成14年)9月30日※1
宮腰光寛2002年(平成14年)1月8日2002年(平成14年)9月30日※2
  第1次改造内閣熊谷市雄2002年(平成14年)10月4日2003年(平成15年)9月22日渡邉孝男2002年(平成14年)10月4日2003年(平成15年)9月22日公明党
  第2次改造内閣木村太郎2003年(平成15年)9月25日2003年(平成15年)11月19日福本潤一2003年(平成15年)9月25日2003年(平成15年)11月19日
第2次小泉内閣2003年(平成15年)11月20日2004年(平成16年)9月27日2003年(平成15年)11月20日2004年(平成16年)9月27日
  改造内閣大口善徳2004年(平成16年)9月30日2005年(平成17年)9月21日公明党加治屋義人2004年(平成16年)9月30日2005年(平成17年)9月21日自由民主党
第3次小泉内閣2005年(平成17年)9月22日2005年(平成17年)10月31日2005年(平成17年)9月22日2005年(平成17年)10月31日
  改造内閣金子恭之2005年(平成17年)11月2日2006年(平成18年)9月26日自由民主党小斉平敏文2005年(平成17年)11月2日2006年(平成18年)9月26日
第1次安倍内閣永岡桂子2006年(平成18年)9月27日2007年(平成19年)8月27日福井照2006年(平成18年)9月27日2007年(平成19年)8月27日
  第1次改造内閣谷川弥一2007年(平成19年)8月29日2007年(平成19年)9月26日澤雄二2007年(平成19年)8月29日2007年(平成19年)9月26日公明党
福田康夫内閣2007年(平成19年)9月27日2008年(平成20年)8月2日2007年(平成19年)9月27日2008年(平成20年)8月2日
  改造内閣江藤拓2008年(平成20年)8月6日2008年(平成20年)9月24日野村哲郎2008年(平成20年)8月6日2008年(平成20年)9月24日自由民主党
麻生内閣2008年(平成20年)9月29日2009年(平成21年)9月16日2008年(平成20年)9月29日2009年(平成21年)9月16日
鳩山由紀夫内閣佐々木隆博2009年(平成21年)9月18日2010年(平成22年)6月8日民主党舟山康江2009年(平成21年)9月18日2010年(平成22年)6月8日民主党
菅直人内閣2010年(平成22年)6月9日2010年(平成22年)9月17日2010年(平成22年)6月9日2010年(平成22年)9月17日
  第1次改造内閣田名部匡代2010年(平成22年)9月21日2011年(平成23年)1月14日松木謙公2010年(平成22年)9月21日2011年(平成23年)1月14日
  第2次改造内閣2011年(平成23年)1月18日2011年(平成23年)9月2日2011年(平成23年)1月18日2011年(平成23年)2月24日
吉田公一2011年(平成23年)2月25日2011年(平成23年)9月2日※3
野田内閣仲野博子2011年(平成23年)9月5日2012年(平成24年)1月13日森本哲生2011年(平成23年)9月5日2012年(平成24年)1月13日
  第1次改造内閣2012年(平成24年)1月13日2012年(平成24年)6月4日2012年(平成24年)1月13日2012年(平成24年)6月4日
  第2次改造内閣2012年(平成24年)6月4日2012年(平成24年)10月1日2012年(平成24年)6月4日2012年(平成24年)10月1日
  第3次改造内閣梶原康弘2012年(平成24年)10月2日2012年(平成24年)12月26日鷲尾英一郎2010年(平成22年)10月2日2012年(平成24年)12月26日
第2次安倍内閣稲津久2012年(平成24年)12月26日2013年(平成25年)9月30日公明党長島忠美2012年(平成24年)12月26日2013年(平成25年)9月30日自由民主党
小里泰弘2013年(平成25年)9月30日2014年(平成26年)9月3日自由民主党横山信一2013年(平成25年)9月30日2014年(平成26年)9月3日公明党
  改造内閣佐藤英道2014年(平成26年)9月4日2014年(平成26年)12月24日公明党中川郁子2014年(平成26年)9月4日2014年(平成26年)12月24日自由民主党
第3次安倍内閣2014年(平成26年)12月25日2015年(平成27年)10月9日2014年(平成26年)12月25日2015年(平成27年)10月9日
  第1次改造内閣佐藤英道2015年(平成27年)10月9日2016年(平成28年)8月5日加藤寛治2015年(平成27年)10月9日2016年(平成28年)8月5日
  第2次改造内閣細田健一2016年(平成28年)8月5日2017年(平成29年)8月7日自由民主党矢倉克夫2016年(平成28年)8月5日2017年(平成29年)8月7日公明党
  第3次改造内閣野中厚2017年(平成29年)8月7日2017年(平成29年)11月1日上月良祐2017年(平成29年)8月7日2017年(平成29年)11月1日自由民主党
第4次安倍内閣2017年(平成29年)11月2日2018年(平成30年)10月2日公明党2017年(平成29年)11月2日2018年(平成30年)10月2日
  第1次改造内閣濱村進2018年(平成30年)10月2日2019年(令和元年)9月13日高野光二郎2018年(平成30年)10月2日2019年(令和元年)9月13日
  第2次改造内閣河野義博2019年(令和元年)9月13日2020年(令和2年)9月18日藤木眞也2019年(令和元年)9月13日2020年(令和2年)9月18日
菅義偉内閣 池田道孝 2020年(令和2年)9月18日 現職 自由民主党 熊野正士 2020年(令和2年)9月18日 現職 公明党
  • 大臣政務官は同一の職に複数名を任命することがあるため、通常は代数の表記は行わない。そのため、本表では代数の欄は設けない。
  • 党派の欄は、就任時の所属政党を記載した。
  • ※1 国井正幸のみ退任し、後任に岩永浩美が就任。
  • ※2 岩永峯一のみ退任し、後任に宮腰光寛が就任。
  • ※3 松木謙公のみ退任し、後任に吉田公一が就任。

脚注

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.