辰野金吾

辰野 金吾 (たつの きんご、1854年10月13日嘉永7年8月22日〉- 1919年3月25日) は、日本建築家である。位階勲等従三位勲三等工学博士

辰野金吾
建築學會発行「建築雑誌1919年12月号」より
生誕1854年10月13日
肥前国唐津(現・佐賀県唐津市
死没 (1919-03-25) 1919年3月25日(64歳没)
東京府東京市赤坂区(現・東京都港区
国籍 日本
出身校工部大学校
職業建築家
所属 辰野葛西事務所
辰野片岡事務所
建築物 日本銀行本店
東京駅
デザイン 歴史主義建築

工部大学校(のちの帝国大学工科大学、現在の東京大学工学部)卒業。工学博士、帝国大学工科大学学長、建築学会会長。設計の頑丈さから「辰野堅固」と呼ばれた。帝国大学では後進の指導にも励み、伊東忠太長野宇平治矢橋賢吉武田五一中條精一郎塚本靖野口孫市、大沢三之助、関野貞岡田時太郎らの人材を輩出した。帝国大学総長渡邉洪基(渡辺洪基) の意向を受け、工手学校 (工学院大学) の創立(1887年(明治20年))を推進し、運営にも尽力した。大隈重信の要請を受け、早稲田大学建築学科創設(1912年(明治45年)創設顧問に就任)に尽力した。

東大仏文科で小林秀雄三好達治らを育てたフランス文学者・辰野隆は息子であり、薬学者辰野高司は孫である。

経歴

辰野金吾
  • 1854年(嘉永7年)肥前国(現在の佐賀県唐津藩の下級役人・姫松蔵右衛門とオマシの間に次男として生まれる。姫松家は足軽よりも低い家格であった。
  • 1868年(明治元年)叔父の辰野宗安の養子となる。
  • 1873年(明治6年)工部省工学寮(のち工部大学校、現在の東大工学部)に第一回生として入学。
  • 1875年(明治8年)二年終了後に、造船から造家(建築)に転じる。
  • 1877年(明治10年)ロンドン出身の建築家ジョサイア・コンドルが工部大学校造家学教授に就任。
  • 1879年(明治12年)造家学科を首席で卒業(同期生に曽禰達蔵片山東熊佐立七次郎)。
  • 1880年(明治13年)英国留学に出発。コンドルの前職場と出身校であるバージェス建築事務所とロンドン大学で学ぶ。
  • 1883年(明治16年)日本に帰国。
  • 1884年(明治17年)コンドルの教授退官後、工部大学校教授に就任。
  • 1886年(明治19年)帝国大学工科大学教授、造家学会(のちの日本建築学会)を設立。辰野金吾建築事務所を設立(所員は岡田時太郎
  • 1887年(明治20年)工手学校(現工学院大学)の設立に参加。
  • 1898年(明治31年)帝国大学工科大学学長。
  • 1902年(明治35年)工科大学を辞職。
  • 1903年(明治36年)葛西萬司と辰野葛西事務所を開設(東京)。
  • 1905年(明治38年)片岡安と辰野片岡事務所を開設(大阪)。
  • 1910年(明治43年)国会議事堂(議院建築)の建設をめぐり、建築設計競技(コンペ)の開催を主張。
  • 1912年(明治45年)早稲田大学建築学科顧問に就任。
  • 1919年(大正8年) 国会議事堂の設計競技で審査員を務める。当時大流行したスペインかぜに罹患し、3月25日死去。享年64歳。墓所は西新宿常圓寺裏手の同寺墓地。

栄典・授章・授賞

位階
勲章等

主な作品

建造物名所在地備考1備考2備考3
きんこう/銀行集会所1884年現存しない
こうかたいかく/工科大学本館1888年13東京現存しない
いきりす/英吉利法律学校校舎1888年13東京現存しない現・中央大学。1887年締結の「英吉利法律学校新築約定書」は日本初近代的建築契約書とされる
にほんきんこう00本店/日本銀行本店1896年13東京都日本橋区重要文化財現・日本銀行本店旧館
日本銀行西部支店 1898年 福岡県北九州市 現存しない 1917年8月 門司支店に改称。1945年6月 空襲により焼失
第一銀行本店 1902年 東京都日本橋区兜町 現存しない
にほんきんこう27大阪/日本銀行大阪支店1903年27大阪大阪市
にほんきんこう26京都/日本銀行京都支店1906年26京都京都市重要文化財現・京都文化博物館別館
たいいちきんこう26京都/第一銀行京都支店1906年26京都府京都市現・みずほ銀行京都中央支店/1999年に取り壊され、2003年にレプリカ再建
はまてらこうえんえき/浜寺公園駅1907年27大阪堺市登録有形文化財辰野金吾が設計した初の鉄道駅舎
たいいちきんこう28神戸/第一銀行神戸支店1908年28兵庫神戸市現・みなと元町駅/外壁保存
こくきかん/国技館1909年13東京墨田区現存しないのち日大講堂。1982年に解体。
にほんせいめい40福岡/日本生命九州支店1909年40福岡福岡市重要文化財現・福岡市赤煉瓦文化館
ならほてる/奈良ホテル1909年29奈良奈良市
いわてきんこう/岩手銀行本店本館1911年03岩手盛岡市重要文化財現・岩手銀行赤レンガ館
まつもと/松本健次郎邸1911年40福岡北九州市重要文化財現・西日本工業倶楽部会館
ちようせんきんこう/朝鮮銀行本店1912年大韓民国ソウル特別市現・韓国銀行貨幣博物館
まんせいはし/万世橋駅舎(初代)1912年13東京都千代田区神田関東大震災で焼失
にほんきんこう01小樽/日本銀行小樽支店1912年01北海道小樽市現・日本銀行旧小樽支店金融資料館
おおさかきよういく/大阪教育生命保険1912年27大阪府大阪市現・結婚式場 オペラ・ドメーヌ
やすた/安田製釘所1912年40福岡県北九州市現・安田工業八幡工場、鉱滓煉瓦で作られた施設の中では最大級の面積を持つ
にほんきんこう07福島/日本銀行福島支店1913年07福島福島市現存しない
にしゆうさん/二十三銀行本店1913年44大分大分市登録有形文化財現・大分銀行赤レンガ館
ちゆうおうていしや/中央停車場
東京駅丸の内駅舎)
1914年13東京千代田区重要文化財
たけおおんせん/武雄温泉新館武雄温泉楼門1914年41佐賀武雄市重要文化財
にほんせいめい26京都/日本生命京都支店1914年26京都府京都市登録有形文化財現・日本生命京都三条ビル
いなわしろだいいちはつでんしょ07福島/猪苗代第一発電所建屋1914年07福島県会津若松市日本遺産
ひやくさんしゆう/百三十銀行八幡支店1915年40福岡県北九州市市指定有形文化財現・北九州市立旧百三十銀行ギャラリー
れいなんさか/霊南坂教会旧会堂1917年13東京都港区赤坂現存しない
とうきょうえいわがっこう/東京英和学校勝田ホール1918年13東京都渋谷区渋谷現存しない現・青山学院大学
おおさかしちゆうおう/大阪市中央公会堂
(中之島公会堂)
1918年27大阪府大阪市重要文化財実施設計
めいしせんもん/明治専門学校本館1920年40福岡県北九州市現存しない現・九州工業大学/正門・守衛所は現存[6]
なんてんえん/南天苑本館1913年/
1935年
27大阪府河内長野市登録有形文化財
からつぎんこう/唐津銀行41佐賀県唐津市登録有形文化財
「辰野金吾博士 作品集成絵図」後藤慶二 1916年

逸話

  • 唐津では、のちに首相となる高橋是清に英語を学んだ。さらに高橋の後を追って上京し、工学寮に入学している。
  • 相撲好きで子のを相撲部屋に入門させた。のちに旧両国国技館を設計したのも辰野だった。
  • 辰野が得意とした赤煉瓦に白い石を帯状にめぐらせるデザインは、ヴィクトリアン・ゴシックに影響を受けたもので、辰野式建築(たつのしき けんちく)として知られる。明治から大正にかけて多くの建築家がこれを模倣した。現在でも台湾総統府として使用されている旧台湾総督府庁舎は辰野が監修した作品の一つである。直接手掛けてはいないが台中市役所も辰野式が取り入れられた。教え子で総督府の技師だった森山松之助も辰野式を取り入れた台湾総督官邸台北州庁台中州庁台南州庁台南地方法院などを現地で手掛けている。
  • 同じく1914年の作品のうち、東京駅ドームの天井にウシ・トラ・タツ・ヘビ・ヒツジ・サル・イヌ・イノシシの8つのレリーフがあるに対し、武雄温泉楼門の天井四隅にはネズミ・ウサギ・ウマ・トリの4つの彫り絵がある。合わせて十二支となるため、辰野の遊び心から来たと解釈する人もいる[7][8]

家族

  • 妻:秀子
  • 長女:須磨子(鈴木梅太郎夫人)
  • 長男:(フランス文学者)
  • 次男:(陸上競技選手、日本体育協会理事)
  • 孫(隆の次男):高司薬学者
  • 曽孫:智子(建築家、有限会社辰野武山建築設計事務所取締役)

脚注

  1. 『官報』第354号「叙任及辞令」1884年9月1日。
  2. 『官報』第907号「賞勲叙任」1886年7月10日。
  3. 『官報』第4302号「叙任及辞令」1897年11月1日。
  4. 『官報』第4051号「叙任及辞令」1896年12月28日。
  5. 『官報』第5548号「叙任及辞令」1901年12月28日。
  6. 九州工業大学”. 北九州市. 2019年2月19日閲覧。
  7. 辰野金吾のレリーフ、十二支そろう 東京駅と佐賀に”. 日経アーキテクチュア (2013年4月19日). 2017年4月29日閲覧。
  8. 東京駅の謎が解けた? 武雄温泉楼門を保存修理”. 日経アーキテクチュア (2013年8月1日). 2017年4月29日閲覧。

参考文献

  • 工学博士辰野金吾伝(白鳥省吾編)
  • 日本の建築 明治大正昭和〈3〉国家のデザイン(藤森照信、三省堂)
  • 東京、はじまる(2020年2月 文藝春秋) - 辰野を主人公とした小説

関連文献

  • 東秀紀 『東京駅の建築家 辰野金吾伝』 講談社、2002年
  • 河上眞理・清水重敦 『辰野金吾 美術は建築に応用されざるべからずミネルヴァ書房〈日本評伝選〉、2015年
    • 河上眞理・清水重敦 『辰野金吾 佐賀偉人伝08』(佐賀県立佐賀城本丸歴史館、2014年)、読み易い評伝案内

関連項目

外部リンク


公職
先代:
菊池大麓
震災予防調査会長
1901年 - 1902年
次代:
真野文二
学職
先代:
古市公威
東京帝国大学工科大学
1898年 - 1902年
次代:
渡辺渡
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.