十干
十二支

(たつ、しん)は十二支のひとつである。通常十二支の中で第5番目に数えられる。

前は、次はである。

概要

  • 辰年は、西暦年を12で割って8が余る年が辰のとなる。
  • 辰の月は旧暦3月(概ね新暦4月
  • 辰の刻は午前8時を中心とする約2時間。
  • 辰の方は北基準右廻り120°(南東よりやや東、東南東よりやや南、南東微東よりやや東)の方角である。
  • 五行は土気[1][2]、または木気[3]
  • 蔵干は本気が、中気が、余気が
  • 陰陽は陽である。

なお、現在の暦では辰年は通常閏年となる(他に子年、申年も同様)。辰年で閏年にならない年は、前回は1700年、次回は2300年であり、必ず干支庚辰となる。

伝承

漢書』律暦志によると辰は「振」(しん:「ふるう」「ととのう」の意味)。草木の形が整った状態を表しているとされる。

後に覚え易くするために神話動物の龍が割り当てられた。

相場格言に「辰巳天井、午尻下がり、未辛抱、申酉騒ぐ。戌は笑い、亥固まる、子は繁栄、丑はつまずき、寅千里を走り、卯は跳ねる」があり、辰年の相場は俗に上昇相場といわれる[4]

辰を含む干支

脚注

  1. 三木照山『四柱推命学の完全独習』
  2. 稲田義行『十二支読本』
  3. 余春台『窮通宝鑑』
  4. 金融市場NOW Financial Market Review vol.121 ニッセイアセットマネジメント、2020年1月13日閲覧。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.