輝度 (光学)

輝度(きど、: luminance)とは、光源の明るさを表す心理物理量のひとつである。平面状の光源における概念であるため、通常は光源とみなせるもの(など)では考慮しない。

輝度
luminance
量記号 L
次元 J L 2
種類 スカラー
SI単位 カンデラ毎平方メートル (cd/m2)
物理学
ウィキポータル 物理学
執筆依頼・加筆依頼
物理学
カテゴリ
物理学 - (画像)
ウィキプロジェクト 物理学

定義

輝度Lθ は光源の光度と光源に臨む角度を用いて以下の式で定義される。

ここで

である。

特徴

輝度

光度と輝度の違いは、光源の面積を考慮するかしないかである。右図のように、光源に広さがある場合、広ければ広いほど当然明るくなる。輝度は光源が広くなることによる明るさを無視できるように、面光源の面積で光度を割る(微分する)ことによって算出される。一般的に、光度は発光する物の面積を考えない星や電灯の明るさを表すのに対し、輝度はディスプレイなどの明るさを表す時に利用される。

照度と輝度の違いは、観測者の感受性を考慮するかしないかである。例えば、同じ輝度で同じ面積の蛍光灯を照らすとき、本を近くに置けば照度が高くなって読みやすくなり、遠くに置けば照度が低下して読みにくくなる。

すなわち、輝度は平面状の光源における面積や観測者に依存しない指標なのである。

単位系

測光の国際単位系

SIの光の単位

測光量SI単位記号備考
光度エネルギールーメン·lm·s放射量における放射エネルギー
光束ルーメン(またはカンデラ·ステラジアンlm放射量における放射束
光度カンデラcd放射量における放射強度
輝度カンデラ毎平方メートルcd/m2放射量における放射輝度
照度ルクス(またはルーメン毎平方メートル)lx放射量における放射照度
光束発散度ラドルクス(またはルーメン毎平方メートル)rlx放射量における放射発散度
視感度分光視感効果度とも呼ぶ
発光効率ルーメン毎ワットlm/Wランプ効率とも呼ぶ

単位系の補足

輝度の単位である「カンデラ毎平方メートル」を「nt」「nit」で表すことがある[1]CRTテレビやPDPテレビ、液晶テレビなどの「ピーク輝度」(画面の一部だけを発光させたときの最大輝度)の定量表現の数値に使われている。

脚注

関連項目


This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.