路考茶

明和3年の川柳に「うくひすといふて路考は染めにやり」とあるため、鶯色江戸時代は本来の鶯色に茶色がかった鶯茶のこと)と同色という説もあり、こちらに従えば緑がかったくすんだ茶色である。

この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
路考茶
ろこうちゃ
 
16進表記 #8c7042
RGB (140, 112, 66)
CMYK (0, 20, 70, 55)
HSV (37°, 53%, 55%)
出典 http://www.colordic.org/w/ 日本の伝統色 和色大辞典

路考茶(ろこうちゃ・ろかうちや)とは、赤みがかった暗い黄褐色。

歌舞伎役者二代目瀬川菊之丞、通称「王子路考」が明和3年に「八百屋お七」の下女お杉役で舞台に上がった時に身に付けた色。

江戸中の女性がこぞって真似をしたといい、その後、明治に至るまで好まれた。

特定の人物名を冠した色名としては最も代表的な色である。

関連項目

参考文献

  • 福田邦夫『すぐわかる 日本の伝統色』東京美術 ISBN 4-8087-0784-5
  • 吉岡幸雄『日本の色辞典』紫紅社 ISBN 4-87940-549-3
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.