足軽長屋 (新発田市)

足軽長屋(あしがるながや)は、新潟県新発田市にある江戸時代新発田藩足軽長屋形式の住居。国の重要文化財に指定[1]されている。所有者は財団法人北方文化博物館

外観

概要

冬期
内部
清水園と足軽長屋の間を流れる新発田川

江戸時代にはこの付近に4棟あったとされるが、現存するのは1棟のみ。茅葺の8世帯向け棟割長屋である。建造年代は不明だが、棟札に「天保十三年」(1842年)の文字が残されており、同年の建造と考えられている。

昭和44年(1969年)に解体修理が行われて整備されたが、その前年まで実際の住居として人が住んでいた。前述の棟札はこの解体修理の際に見つかった。

同市にある新発田市立歴史図書館の外観は、この足軽長屋の形をモチーフとしたものである。

交通アクセス

参考文献

  • 新潟県の歴史散歩編集委員会『新潟県の歴史散歩』山川出版社、1995年、2009年。

脚注

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.