趙グ

趙 俁(ちょう ぐ、1083年 - 1127年6月4日)は、北宋神宗の十男。哲宗の同母弟で、母は美人林氏(後の貴妃)。

本来の表記は「趙俁」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

経歴

元豊6年(1083年)9月に生まれ、翌年に成国公に封ぜられた。元豊8年(1085年)4月、兄の哲宗により咸寧郡王に封ぜられた。紹聖5年(1098年)3月、莘王に進封された。

元符3年(1100年)に哲宗が崩じた際、嗣子がなかった。皇太后向氏が不恭[1]を口実に、趙俁の後継に反対した。同年3月、帝位を継いだ兄の徽宗により衛王に再進封された。

その後、魏王に進み、燕王にいたった。靖康の変後、に連行された。金の天会5年4月16日(1127年6月4日)、餓死した。遺体は馬槽に納められて火葬に付された。

家族

  • 正室:郭氏
  • 側室:王柳姑、葉三娘[2]
  • 男子:趙有章、趙有亮
  • 女子:趙巧蓀、趙飛燕[3]

みな金に連行された。

伝記資料

  • 宋史
  • 『宋会要輯稿』
  • 『曾公遺録』

脚注

  1. 哲宗の崩御後、皇太后向氏が述べたところによると、莘王は先帝の崩御を聞いても涙を流さなかった。哲宗を臨終まで看護した者はその後、向氏がみな降格させて宮中から追い出しており、この件には証人がいなかった。
  2. この2人はみな洗衣院に下された。
  3. 後に金の熙宗の次妃にいたった。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.