越境転職

越境転職(えっきょうてんしょく)とは、異業種、異職種間の転職のことである。

背景

産業構造の変革により、業種の概念が刷新が必要となっている。そのような中で、「転職・採用は業種も職種も問わない傾向」が加速している[1]。2009~2013年の5年間に異業種転職が決定した数の平均を「1」とすると、2018年には「越境転職」は、2.6倍に増えた[2]。リクルートキャリアによると、一例として企業のデジタルトランスフォーメーションの加速などを背景に、「業種や職種の壁は融解」し、異業種から新しい発想やノウハウを取り入れようという方針が加速したことが理由にある。「こうした越境する個人と企業の新たな出会いは、今後も加速していく」と予想している[3]。また、IT技術職においては都市部と地方の給与格差が少ないために地方への移動もある。またコロナウイルス流行によるリモートワークの加速も背景にある[4]

イノベーションと越境転職

「固定観念や先入観により、既存社員だけでは新しい発想が生まれないという課題から、異業種から新しい知見を取り入れたい」という理由により越境転職は増えている[5]。厚労省からソフトバンクに入社し「目利き」役として働いている事例[6]や住友商事からP&Gなどの事例[7]がある。

短期の移籍

イノベーションを目的として短期間、人材を社外に武者修行させる制度[8]DXを目的として、高度人材を短期間シェアリングするサービスなどが存在する[9][10]

脚注

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.