越喜来湾

越喜来湾(おきらいわん)は日本岩手県南東岸にある。東側の太平洋に向けて開いた湾である。

概要

三陸海岸の中央部に位置するリアス式海岸であり、概ね東西方向に伸び、湾口の幅、約1.5km、奥行き約6.5km。湾口は大塩岬が北からせり出しているため、湾内の小石浜-崎浜間のほうが幅約4kmと広くなっている。湾内には越喜来漁港[1]や崎浜漁港をはじめとして複数の漁港が整備されており、ワカメホタテ貝の養殖も行われている[2]。湾内に大きな島はなく、海岸まで山地が迫っているが、河口部などに砂浜も見られる。湾の北西岸に越喜来の集落があり、海岸部は全て大船渡市である。流入河川として、北西岸に浦浜川があり、西岸に甫嶺川や矢作川が流入している。

東北地方太平洋沖地震に伴う津波は、越喜来湾では最大15m以上の高さとなり[3]、沿岸各所に大きな被害をもたらした[4]

脚注

  1. 岩手県庁 越喜来漁港
  2. 越喜来湾
  3. 今後の海岸堤防等の整備について 国土交通省水管理・国土保全局海岸室
  4. 地区別の被害状況について 大船渡市
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.