貴族院議長 (日本)

貴族院議長(きぞくいんぎちょう)は、大日本帝国憲法に基づき設置されていた日本帝国議会両院制を構成する貴族院上院)の議長である。

日本
貴族院議長
貴族院議長の印
担当官庁 貴族院
初代 伊藤博文伯爵
創設 1890年(明治23年)
10月24日
廃止 1947年(昭和22年)
5月2日

日本国憲法施行後は、帝国議会に代わる国会において下院である衆議院は維持されたが、貴族院は廃止され上院として参議院が設置され、参議院議長(さんぎいんぎちょう)が後継役職となった。

概要

帝国議会における貴族院の議長及び副議長は、議院の意思によらず、内閣輔弼により天皇から勅任されることとなっていた。任期は7年。任期の定めのある議員の場合は議員としての任期の期間、その職に就くこととなっていた。仮議長は、議長及び副議長の両者共に身体の故障等のある際に議院において選挙された。

歴代貴族院議長

貴族院議長(貴族院)
氏名就任日退任日退任理由会期爵位所属会派
1 伊藤博文1890年(明治23年)10月24日1891年(明治24年)7月21日 議員辞職第1回通常会伯爵 
2 蜂須賀茂韶1891年(明治24年)7月21日1896年(明治29年)10月3日辞職

第2回通常会 - 第9回通常会

侯爵  
3 近衛篤麿1896年(明治29年)10月3日1903年(明治36年)12月4日任期満了

第10回通常会 - 第18回解散後議会

公爵 三曜会
4 徳川家達1903年(明治36年)12月4日1910年(明治43年)12月5日任期満了

第19回通常会 - 第26回通常会

公爵 火曜会
5 1910年(明治43年)12月5日1917年(大正6年)12月5日任期満了

第27回通常会 - 第39回解散後議会

6 1917年(大正6年)12月5日1924年(大正13年)12月5日任期満了

第40回通常会 - 第49回解散後議会

7 1924年(大正13年)12月5日1931年(昭和6年)12月5日任期満了

第50回通常会 - 第59回通常会

8 1931年(昭和6年)12月5日1933年(昭和8年)6月9日辞職

第60回通常会 - 第64回通常会

9 近衛文麿1933年(昭和8年)6月9日1937年(昭和12年)6月7日辞職

第65回通常会 - 第70回通常会

公爵 火曜会
10 松平頼寿1937年(昭和12年)6月19日1939年(昭和14年)7月9日議員任期満了

第71回解散後議会 - 第74回通常会

伯爵 研究会
11 1939年(昭和14年)7月13日1944年(昭和19年)9月13日薨去

第75回通常会 - 第85回臨時会

12 徳川圀順1944年(昭和19年)10月11日1946年(昭和21年)6月19日議員辞職

第86回通常会 - 第90回臨時会

公爵 火曜会
13 徳川家正1946年(昭和21年)6月19日1947年(昭和22年)5月2日貴族院廃止

第90回臨時会 - 第92回通常会

公爵 火曜会

歴代貴族院副議長

貴族院副議長(貴族院)
氏名就任日退任日退任事由会期爵位所属会派
1 東久世通禧1890年(明治23年)10月24日1891年(明治24年)8月1日議員辞職第1回通常会伯爵 
2 細川潤次郎1891年(明治24年)9月30日1893年(明治26年)11月13日議員辞職

第2回通常会 - 第4回通常会

   
3 西園寺公望1893年(明治26年)11月13日1894年(明治27年)5月12日辞職

第5回通常会 - 第6回解散後議会

侯爵  
4 黒田長成1894年(明治27年)10月6日1901年(明治34年)10月7日任期満了

第7回臨時会 - 第15回通常会

侯爵 研究会
5 1901年(明治34年)10月7日1908年(明治41年)10月7日任期満了

第16回通常会 - 第24回通常会

6 1908年(明治41年)10月7日1915年(大正4年)10月7日任期満了

第25回通常会 - 第36回解散後議会

7 1915年(大正4年)10月7日1922年(大正11年)10月7日任期満了

第37回通常会 - 第45回通常会

8 1922年(大正11年)10月7日1924年(大正13年)1月16日辞職

第46回通常会 - 第48回通常会

9 蜂須賀正韶1924年(大正13年)1月16日1931年(昭和6年)1月16日任期満了

第48回通常会 - 第59回通常会

侯爵 研究会
10 近衛文麿1931年(昭和6年)1月16日1933年(昭和8年)6月9日議長就任

第59回通常会 - 第64回通常会

公爵 火曜会
11 松平頼寿1933年(昭和8年)6月9日1937年(昭和12年)6月19日議長就任

第65回通常会 - 第70回通常会

伯爵 研究会
12 佐佐木行忠1937年(昭和12年)6月19日1944年(昭和19年)6月19日任期満了

第71回解散後議会 - 第84回通常会

侯爵 火曜会
13 1944年(昭和19年)6月19日1944年(昭和19年)10月21日辞職第85回臨時会
14 酒井忠正1944年(昭和19年)10月21日1945年(昭和20年)12月17日議員辞職

第86回通常会 - 第89回臨時会

伯爵 研究会
15 徳川宗敬1946年(昭和21年)6月19日1947年(昭和22年)5月2日貴族院廃止

第90回臨時会 - 第92回通常会

伯爵 研究会

歴代貴族院仮議長

貴族院仮議長(貴族院)
氏名選任日事由会期爵位所属会派
近衛篤麿1891年(明治24年)1月13日伊藤議長故障、東久世副議長病気 第1回通常会公爵 
1891年(明治24年)1月29日
徳川頼倫1919年(大正8年)2月14日徳川議長病気、黒田副議長故障第41回通常会侯爵研究会
1919年(大正8年)2月20日徳川議長故障、黒田副議長病気
近衛文麿1921年(大正10年)12月27日徳川議長公務により海外出張、黒田副議長参内第45回通常会公爵火曜会
蜂須賀正韶1922年(大正11年)3月24日徳川議長故障、黒田副議長旅行
(同日徳川議長は蜂須賀仮議長を2回選任)
第45回通常会公爵研究会
徳川圀順1941年(昭和16年)2月12日松平議長病気、佐佐木副議長故障第76回通常会公爵火曜会
1943年(昭和18年)6月17日松平議長病気、佐佐木副議長故障第82回臨時会
島津忠重1945年(昭和20年)12月15日松平議長、酒井副議長ともに故障第89回臨時会公爵火曜会
中御門経恭1947年(昭和22年)2月20日徳川議長病気、徳川副議長故障第92回通常会侯爵火曜会
  • 仮議長の選任は議長に委任され、投票によることはなかった。

記録

最年少就任記録は近衛篤麿の33歳、最長在任記録は徳川家達の29年6ヶ月。いずれも衆議院議長参議院議長も含めた最年少・最長記録である。

親子二代で議長を務めたのは近衛篤麿・文麿と徳川家達・家正の二組。これも衆議院議長・参議院議長には例がない(三権の長としては内閣総理大臣を親子二代で務めた福田赳夫康夫の例や最高裁判所長官を親子二代で務めた寺田治郎寺田逸郎の例がある)。

貴族院議長になった内閣総理大臣経験者は初代伊藤博文、貴族院議長退任後内閣総理大臣になったのは伊藤と近衛文麿。

上記一覧のとおり、歴代の貴族院議長はいずれも華族議員で、勅選議員など非華族からの議長就任はなかった。また、勲功華族出身者の議長も初代の伊藤だけで、残りは皆公家大名の出身である。


This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.