(とん、: lobha: rāga)は、仏教における煩悩のひとつで、 貪り[1]、心にかなう対象に対する欲求[1]を意味する。別名を貪欲(とんよく[2])、我愛といい五欲の対象である万の物を必要以上に求める心である。[3]。対義語は無貪(alobha)。

仏教用語
パーリ語 lobha
サンスクリット語 राग (rāga)
日本語
英語 greed, sensuality, desire, attachment or excitement for sensory objects, lust, sexual desire, passion

定義

大乗阿毘達磨集論』(Abhidarmasamuccaya)では以下のように述べられている。

貪(rāga)とは何か? それは三界への愛着を本質とし、諸々の苦を引き起こすことを作用とする。[5]
(何等為貪?謂三界愛為体、生衆苦為業。)

抜粋

Siñca bhikkhu imaṃ nāvaṃ sittā te lahumessati
Chetvā rāgaṃ dosaṃ ca tato nibbāṇamehisi.

比丘よ、この舟から水を汲み出せ。
汝が水を汲み出せば、軽やかに進むであろう。
貪欲瞋恚とを断ったならば、汝は涅槃に達するだろう。

脚注・出典

参考文献

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.