貨物線

高島線を走行する貨物列車

貨物線(かもつせん)とは、貨物列車が主に運行される鉄道路線である。

解説

日本においては鉄道路線は一般に旅客列車を中心に運行されることが多いが、創業時の鉄道は一般に貨物輸送が主体であった路線が多い。

特に、臨海鉄道と呼ばれる臨海工業地帯等に敷設する鉄道では、日本国有鉄道国鉄分割民営化後は日本貨物鉄道(JR貨物))と地方自治体・大口荷主である沿線工場立地企業が合同出資し、旅客列車が運行されず貨物列車のみを運行する路線が多い。

なお、都市部においては一般に旅客列車の本数が多いため、別路線を建設して比較的速度が遅くなる貨物列車をその新路線に移す工事が行われたことがある。この一例として、武蔵野線京葉線は、貨物列車のバイパス線である東京外環状線の一部として建設された。

また、これ以前には山手線東海道本線等において旅客列車を運行する線路と分離して複々線化されたことがある。

しかし、山手線では湘南新宿ライン埼京線、東海道本線の場合はSM分離に伴う横須賀線列車の乗り入れなどで、現在では「貨物線」とされた軌道にも旅客列車が定期的に運行されることから、あまり意識されていないことが多い。山手線の場合は「急行線」または「列車線」、東海道本線の場合は「緩行線」または「電車線」的役割が強くなっている。

名古屋臨海高速鉄道あおなみ線も、元々は名古屋港西側への貨物支線だったのを地元の要望で旅客化したものである。また、おおさか東線西日本旅客鉄道(JR西日本)の片町線の貨物支線である城東貨物線を改良し、新大阪駅から久宝寺駅の間で旅客営業する鉄道路線で、このうち南側の放出駅から久宝寺駅までが2008年3月15日に、北側の新大阪駅から放出駅までが2019年3月16日に開業した。

貨物線の旅客化(完全転換や日常的な併用)だけでなく、貨物専用線に旅客列車を臨時的に乗り入れさせるツアーも、首都圏で実施されている[1]

日本全国貨物専用線一覧

  • ここではJR・各私鉄直営の路線について掲載。
  • なお、これらには貨物列車が主に運行される鉄道路線だけでなく、歴史的経緯から貨物線と呼ばれる路線が含まれている。

現用路線

※廃止はしていないが列車の運行が全くなくなった休止路線・区間については#廃止・休止路線を参照。

JRグループ

路線名(正式名称) 路線名(通称) 区間 営業キロ 管轄 電化方式 複線単線 主な貨物駅操車場信号場 旅客列車運転実績区間 備考
一種 二種
函館本線藤城線[2] 七飯大沼13.2km 非電化 単線 全区間 2016年3月に北海道新幹線新函館北斗駅が開業したことにより、当区間を通過していた下り特急列車は全て新函館北斗駅経由となった。そのため、現在は下り貨物列車の他には下り普通列車の一部(1日3本)のみとなっている。
海峡線中小国木古内87.8km 交流25000V 50Hz(中小国新中小国信号場間 20000V) 新中小国信号場 - 木古内間複線 新中小国信号場 - 木古内間で北海道新幹線と施設を共用。
旅客列車は2016年3月まで運行。それまでは津軽線江差線函館本線とともに通称「津軽海峡線」(青森 - 函館)の一部を構成していた。
奥羽本線秋田港線[3]土崎 - 秋田港1.8km-非電化単線秋田港秋田博'86開催期間に、臨時旅客列車「アッキー号」が当線を経由して秋田臨海鉄道南線へ運行された。
2017年8月、秋田港に寄港するクルーズ客船の乗客専用として、秋田港駅から秋田駅までの旅客列車が運行された。その際、JR東日本に対し、期間を限定した土崎駅-秋田港駅間の第二種鉄道事業が許可された。
新青森 - 青森信号場4.8km交流20000V 50Hz滝内信号所第一種鉄道事業者のキロ数設定なし。
2006年3月から2012年3月の間、夜行列車「北斗星」「トワイライトエクスプレス」は青森駅スイッチバックをせず、この区間を通過していた。
羽越本線酒田港線[3]酒田 - 酒田港2.7km-非電化酒田港
仙石線陸前山下 - 石巻港1.8km-石巻港
東北本線宮城野貨物線[4]長町 - 東仙台6.6km交流20000V 50Hz複線仙台貨物ターミナル全区間仙台駅で夜間工事が行われた際(特に東北新幹線工事の行われた1970年代後半が中心)に、旅客列車として仙台駅を臨時に迂回する夜行列車が運行された。
信越本線越後石山 - 新潟貨物ターミナル2.4km直流1500V新潟貨物ターミナル第一種鉄道事業者のキロ数設定なし。
2013年9月、夜行列車「あけぼの」が、羽越本線水原駅付近の安野川橋梁切換工事の関係で、上下とも臨時に信越貨物支線、白新線経由で運転されたことがある。
2018年4月14日、新潟駅付近連続立体交差事業の切り替え工事に伴い、日中全ての白新線上り列車は東新潟駅を停車せず、貨物支線を通過した。[5]
信越本線・信越本線貨物支線・白新線により、デルタ線を形成している。
上沼垂信号場 - 焼島2.1km-非電化単線焼島
常磐線三河島 - 南千住5.7km直流1500V隅田川
三河島 - 田端1.6km複線全区間1995-2002年頃まで行楽シーズンに「ホリデー快速ときわ鎌倉」が運行されていた。
武蔵野線武蔵野貨物線[6]鶴見 - 府中本町28.8km梶ヶ谷貨物ターミナル武蔵野貨物線とも言う。
区間の大半はトンネル。旅客列車は「ホリデー快速鎌倉」がおおむね通年の土休日に運転されている。
国立支線国立 - 新小平5.0km第一種鉄道事業者のキロ数設定なし。
区間の大半はトンネル。定期旅客列車は「むさしの号」のみ。
大宮支線西浦和 - 与野4.9km定期旅客列車は「むさしの」「しもうさ号」のみ。
北小金支線南流山 - 北小金2.9km第一種鉄道事業者のキロ数設定なし。
1990年代に、常磐快速線各駅と大宮を結ぶ「ホリデーおおみや・とりで」が、全区間で運行されていた。
馬橋支線南流山 - 馬橋3.7km第一種鉄道事業者のキロ数設定なし。
総武本線新金貨物線小岩 - 金町8.9km新小岩信号場
越中島支線[7]小岩 - 越中島貨物11.7km非電化新小岩信号場
越中島貨物
レール輸送列車のみ運行。
東北本線東北貨物線[6]田端 - 大宮23.2km直流1500V複線大宮操車場全区間現在は湘南新宿ラインの電車運転が主流だが、貨物列車も一部運行。与野駅 - 大宮操車場 - 大宮駅間は貨物列車の運行頻度が高く、「むさしの」「しもうさ」も乗り入れる。
山手線山手貨物線[6]品川 - 田端20.6km全区間にわたり山手線に隣接し、複々線を形成している。
現在は貨物列車よりも特急「成田エクスプレス」(品川駅 - 田端駅)・埼京線大崎駅 - 池袋駅)・湘南新宿ライン(品川駅 - 田端駅)の旅客列車がメインとなっている。
東海道本線品鶴線[8]品川 - 鶴見17.8km新鶴見信号場現在は横須賀線と湘南新宿ラインの電車運転が主流だが、貨物列車も一部運行。
東海道本線東海道貨物線東京貨物ターミナル - 浜川崎12.9km東京貨物ターミナル・川崎貨物旅客列車は1990年代まで運行された「カートレイン」のみの運行だった。
高島線[9]鶴見 - 桜木町8.5km鶴見 - 高島間複線東高島旅客列車は過去に臨時急行「横浜ベイエリア号」が運行されたが、2009年7月を最後に運転されていない。
東海道貨物線鶴見 - 八丁畷2.3km複線旅客列車は1990年代まで運行された「カートレイン」など。
鶴見 - 東戸塚16.0km横浜羽沢旅客列車は「湘南ライナー」(平日のみ運行される快速列車)などが運転されている。また、上り「サンライズ瀬戸出雲」が大幅遅延により品川駅止まりとなった際に、横浜羽沢駅経由に変更されることがある。
鶴見駅 - 横浜羽沢駅構内・羽沢横浜国大駅間は旅客線化され、相模鉄道線・埼京線直通列車が運転されている。
東戸塚 - 小田原47.2km相模貨物西相貨物東海道本線の線路別複々線
旅客列車は「湘南ライナー」が全線を通過するほか、「サンライズ瀬戸・出雲」も通常上りに限り、小田原駅→茅ケ崎駅間は東海道貨物線を通過する。
南武線尻手短絡線尻手 - 鶴見5.4km新鶴見信号場-鶴見間複線新鶴見信号場新鶴見信号場 - 鶴見駅間は品鶴線および武蔵野線との重複区間となっている。
尻手駅 - 新鶴見(信)間は、かつて浜松町駅発着の「カートレイン」が走行した。
新鶴見(信)- 鶴見駅間は現在、「ホリデー快速鎌倉」が通過している。
浜川崎支線八丁畷 - 川崎新町0.9km複線旅客列車は過去に「カートレイン」など。
八丁畷駅 - 川崎新町駅間は東海道貨物線用の複線と南武線旅客列車用の単線との三線区間となっている。
(川崎新町駅 - 浜川崎駅間は、複線線路を東海道貨物線と南武線旅客列車が共用している。)
東海道本線名古屋港線山王信号場 - 名古屋港6.2km非電化単線名古屋港名古屋 - ナゴヤ球場正門前・名古屋港現在は週に3往復、レール輸送列車のみ運行されている。
旅客列車は1987年から1994年にかけ、ナゴヤ球場でのプロ野球開催時のみ、ナゴヤ球場正門前駅まで運行されていた。なお、第二次世界大戦前には名古屋港まで旅客列車が運行されていたこともある。
稲沢線名古屋 - 稲沢11.1km直流1500V複線枇杷島駅 - 東海交通事業城北線分岐点(枇杷島駅構内扱い)東海道本線の線路別複々線。
城北線枇杷島駅は稲沢線の本線上にある。
新湊線能町 - 高岡貨物1.9km-非電化単線高岡貨物全区間旅客営業は1951年まで運行。
関西本線四日市 - 塩浜3.3km-塩浜
平野 - 百済貨物ターミナル1.4km-直流1500V複線百済貨物ターミナル2010年、貨物輸送力増強のために城東貨物線正覚寺信号場 - 平野駅間の貨客分離による3線化、平野駅構内の改良が行われた。この際に平野駅 - 百済貨物ターミナル間の配線は複線化されたが、貨物列車は主に従来からある単線を上下線とも走り、追加された線路は百済貨物ターミナルからの引き上げ線に使われている。
片町線城東貨物線[6]神崎川信号場 - 吹田貨物ターミナル3.7km西単線吹田貨物ターミナル
正覚寺信号場 - 平野1.5km西
東海道本線吹田貨物ターミナル - 大阪貨物ターミナル8.7km-吹田貨物ターミナル、大阪貨物ターミナル
北方貨物線[10]吹田貨物ターミナル - 尼崎12.2km西複線吹田貨物ターミナル全区間貨物列車のほか、宮原(操)への回送列車も多数運転。
旅客列車として、大阪駅改良工事に伴い深夜時間帯に大阪駅を迂回する寝台特急や、1995年12月から1999年1月まで臨時快速「ウエスト関空」の関西空港駅姫路行(梅田貨物線→新大阪駅→吹田信号場で折り返し→北方貨物線というルート。姫路駅発関西空港駅行きは別ルートのため北方貨物線は通過しない。)などが運転された。
梅田貨物線[10]吹田貨物ターミナル - 福島10.0km西吹田貨物ターミナル - 梅田信号場間複線吹田貨物ターミナル全区間第一種鉄道事業者のキロ数設定なし。
梅田貨物線を通過する貨物列車は、桜島線安治川口駅を発着する。
旅客列車は新大阪駅から大阪駅を通過せずに関西空港紀勢本線(きのくに線)方面を発着する列車であり、全て特急列車である。なお、以前は普通列車も運行されており、初の旅客列車は1988年の「なら・シルクロード博覧会」開催に合わせて運行された新大阪 - 関西本線(大和路線奈良間の臨時快速で、103系電車での運行であった。
大阪環状線福島 - 西九条2.6km西単線全区間旅客線が複線、貨物線が単線の3線を形成しているが、貨物線区間を通過する列車は現在、特急「はるか」などの旅客列車が多数になっている。
福島駅に分岐器・ホームはないので、列車は全て東海道線貨物支線から直通する。
鹿児島本線小倉 - 黒崎13.9km交流20000V 60Hz複線全区間海沿い経由の客貨分離の別線、複々線完成前はこちら側が旅客線だった。
なお、黒崎駅-折尾駅間の貨物線は、もともと筑豊本線直通の貨物専用線(複線)として主に運用されていたが、貨物列車の運用はなくなり、現在は福北ゆたか線(単線運用の旅客線。不要となった線路は一部で撤去されている。)に利用されている。
博多臨港線[9]香椎 - 福岡貨物ターミナル3.7km-単線千早操車場、福岡貨物ターミナル全区間1989年に、JR九州が一時的に第二種鉄道事業者となり、福岡貨物ターミナルの先の福岡ボート前駅廃駅)まで臨時旅客列車が運転されたことがある。
凡例
□印は全線で定期旅客列車が運行している路線
■印は一部区間で定期旅客列車が運行している路線
△印は全区間で臨時旅客列車が運行している路線
▲印は一部区間で臨時旅客列車が運行している路線
▽印は過去に全区間で旅客列車が運行していた路線
▼印は過去に一部区間で旅客列車が運行していた路線
★印は団体列車のみ運行実績あり <2012年2月現在>
【管轄欄】 1種…第1種鉄道事業者 2種…第2種鉄道事業者
北印…北海道旅客鉄道(JR北海道) 東印…東日本旅客鉄道(JR東日本) 海印…東海旅客鉄道(JR東海) 西印…西日本旅客鉄道(JR西日本) 四印…四国旅客鉄道(JR四国) 九印…九州旅客鉄道(JR九州) 貨印…日本貨物鉄道(JR貨物)

私鉄・第三セクター

会社名 路線名 区間 営業キロ 電化方式 複線・単線 主な貨物駅・操車場・信号場 旅客列車 備考
秩父鉄道三ヶ尻線武川 - 三ヶ尻7.6km直流1500V単線熊谷貨物(タ)通常の貨物列車のほか東武東上線の甲種輸送列車も運行される。
相模鉄道厚木線相模国分(信) - (JR)厚木2.2km直流1500V単線全区間神中鉄道時代の1941年まではこちらが本線であり旅客列車も運行していた。
1941年に相模国分駅 - 海老名駅間が開業した際に厚木駅 - 相模国分駅間は旅客営業を廃止して貨物線となった。
かつては航空燃料の輸送もあったが、現在は甲種輸送列車のみ運行されている。
三岐鉄道三岐線(JR)富田 - 三岐朝明(信)1.0km直流1500V単線全区間1985年までは旅客列車も運行していた。
旅客列車は現在、全て近鉄富田駅 - 三岐朝明信号場間の近鉄連絡線を通り、近鉄富田駅発着となっている。
なお、旅客輸送がなくなった現在でもこちらが三岐線の本線である。

廃止・休止路線

貨物線の休廃止は数が膨大なため、主なものを掲載(Wikipedia日本語版に掲載されている路線が中心)。

国鉄・JRグループ

旅客 休廃止 管轄 路線名(正式名称) 路線名(通称) 区間 電化方式 複線・単線 全線廃止(休止) 備考
1種 2種
 手宮線 南小樽 - 手宮(貨)非電化単線1985年旅客営業は1962年廃止。
  函館本線貨物支線札幌市場線桑園 - 札幌市場(貨) 〃  〃 1978年
    〃  貨物支線小樽築港 - 浜小樽(貨) 〃  〃 1984年
    〃   〃 白石 - 東札幌 〃  〃 1986年東札幌は千歳線定山渓鉄道との接続駅だった。
    〃   〃 東札幌 - 月寒 〃  〃 1976年1973年千歳線から編入。
    〃   〃 近文 - 旭川大町(貨) 〃  〃 1978年
   〃  南美唄支線美唄 - 南美唄(貨) 〃  〃 1973年旅客営業は1971年廃止。
  室蘭本線貨物支線貨物支線室蘭 - 西室蘭(貨) 〃  〃 1985年
  根室本線貨物支線貨物線釧路 - 浜釧路(貨) 〃  〃 1989年
    〃  天寧貨物線東釧路 - 天寧(貨) 〃  〃 1984年
    〃  貨物線厚岸 - 浜厚岸(貨) 〃  〃 1982年
    〃    〃  根室 - 根室港(貨) 〃  〃 1965年
幌内線貨物支線貨物支線三笠 - 幌内 〃  〃 1987年旅客営業は1972年廃止。(JR移行時第1種鉄道事業JR北海道に継承されたが、旅客列車の設定はされなかった。)
 八戸線貨物支線 本八戸 - 湊(貨) 〃  〃 1985年旅客営業は1974年廃止。
  東北本線貨物支線貨物支線浪打 - 堤川 〃  〃 1946年
    〃  仙台市場線宮城野 - 仙台市場(貨) 〃  〃 1974年
  気仙沼線貨物支線 南気仙沼 - 気仙沼港(貨) 〃  〃 1979年
 塩釜線 陸前山王 - 塩釜埠頭 〃  〃 1997年旅客営業は1956年廃止。
    〃   塩釜港 - 塩釜魚市場 〃  〃 1978年
  石巻線 女川 - 女川港(貨) 〃  〃 1980年
  信越本線貨物支線万代貨物線新潟 - 万代(貨) 〃  〃 1965年
   〃  貨物支線沼垂(貨) - 新潟港(貨) 〃  〃 1986年旅客列車はボートトレインが乗り入れ。戦争激化のため休止。
   〃  沼垂貨物線上沼垂(信) - 沼垂(貨) 〃 〃2010年旅客列車は1958年(昭和33年)まで運行。
   〃  焼島貨物線焼島(貨) - 東新潟港(貨) 〃  〃 2002年
    〃  貨物支線直江津 - 直江津港(貨) 〃  〃 1959年
  東北本線貨物支線須賀貨物線王子 - 須賀(貨) 〃  〃 1971年
    〃  北王子線田端操車場 - 北王子(貨) 〃2014年
  総武本線貨物支線貨物支線銚子 - 新生(貨) 〃  〃 1978年
  武蔵野線貨物支線下河原線北府中 - 下河原(貨)直流1500V 〃 1976年1973年に中央本線から編入。
  青梅線貨物支線貨物支線立川 - 上古新田荷扱所非電化 〃 1935年
    〃    〃  福生 - 福生河原(貨) 〃  〃 1959年
  五日市線貨物支線貨物支線武蔵田中(旧線) - 拝島多摩川(貨)非電化 〃 1944年
東海道本線貨物支線東海道貨物線(大汐線)浜松町 - 東京貨物(タ) 〃  〃 1998年旅客列車は浜松町発着の「カートレイン」のみ運行
   〃    〃  品川 - 浜松町 〃  〃 1996年
   〃    〃  品川 - 汐留(貨) - 東京貨物(タ) 〃  〃 1986年品川 - 汐留間は日本の鉄道発祥の区間。旅客営業は1914年に一旦廃止、その後1985年から「カートレイン」のみであるが汐留駅廃止まで営業していた。
     〃  貨物支線(東京市場線)汐留(貨) - 東京市場(貨)非電化単線1984年
     〃  貨物支線(芝浦線)汐留(貨) - 芝浦(貨) 〃  〃 1985年
     〃  貨物支線川崎 - 小田(操) - 浜川崎 ?  ? 1973年
     〃    〃  東神奈川 - 海神奈川(貨)非電化単線1959年
   南武線貨物支線貨物支線向河原 - 新鶴見(操) 〃  〃 1973年
     〃    〃  矢向 - 川崎河岸(貨)非電化単線1972年
   鶴見線貨物支線貨物支線浅野 - 鶴見川口(貨)非電化 〃 1982年
     〃    〃  安善 - 浜安善(貨) 〃  〃 1986年安善駅の構内側線として現存。
  東海道本線貨物支線高島線(新興線)入江(信) - 新興(貨) 〃  〃 2002年
     〃  高島線(瑞穂線)東高島(貨) - 瑞穂(貨) 〃  〃 1958年旧千若(信)経由
     〃  高島線(横浜市場線)東高島(貨) - 横浜市場(貨) 〃  〃 1982年旧千若(信)経由
     〃  高島線(表高島線)高島(貨) - 表高島(貨) 〃  〃 1982年
     〃  高島線(横浜臨港線)高島(貨) - 東横浜(貨) - 横浜港(貨) 〃  〃 1987年
     〃  高島線(山下埠頭線)横浜港 - 山下埠頭(貨) 〃  〃 1987年
     〃  高島線(東高島線)東神奈川 - 東高島(貨) 〃  〃 1959年
    〃  高島線(保土ケ谷線)高島(貨) - 保土ケ谷 ?  〃 1929年
   東海道本線貨物支線貨物支線(平塚支線)平塚 - 平塚荷扱所 〃  〃 1924年
     〃  貨物支線(沼津港支線)沼津 - 沼津港 〃  〃 1974年
     〃  貨物支線熱田 - 千種 〃  〃 1930年古渡(信)経由
     〃  名古屋港線(東港線)名古屋港(貨) - 堀川口(貨)非電化単線1980年
     〃    〃  八幡(信) - 白鳥(貨)名古屋市場(貨) 〃  〃 1982年名古屋市場駅は1978年廃止。
   関西本線貨物支線貨物支線四日市 - 四日市港(貨) 〃  〃 1985年四日市駅の構内側線として現存。
   北陸本線貨物支線貨物支線東富山富山(操) - 蓮町 〃  〃 1986年東富山 - 富山(操)は北陸本線(本線)との重複区間。
  新湊線 高岡(貨) - 新湊(貨) 〃  〃 2002年旅客列車は1951年まで運行。路線の廃止ではなく、駅移転の扱い。
   七尾線貨物支線七尾港線七尾 - 七尾港(貨) 〃  〃 1984年
   北陸本線貨物支線敦賀港線敦賀港(貨) - 敦賀新港(貨) 〃  〃 1986年
  舞鶴線貨物支線舞鶴港線(海舞鶴線)西舞鶴 - 舞鶴港(貨) 〃  〃 1985年大正時代に一時期旅客列車を運転。
     〃  貨物支線東舞鶴 - 東舞鶴港(貨) 〃  〃 1941年
   東海道本線貨物支線貨物支線(旧大津線)膳所 - 浜大津(貨) 〃  〃 1969年京阪石山坂本線と共用(三線軌条)。
     〃  貨物支線(京都市場線)梅小路 - 京都市場(貨) 〃  〃 1984年
 西   〃  貨物支線(山陰連絡線)丹波口 - 京都(貨)直流1500V 〃 2016年旅客列車は「ホリデー号」など臨時列車のみ。
   片町線貨物支線淀川貨物線巽(信)・鴫野 - 淀川(貨) 〃  〃 1982年淀川電車区の出入庫のため、路線自体は1985年まで存続。
     〃    〃  京橋 - 淀川(貨) 〃  〃 1961年淀川電車区の出入庫のため、路線自体は1985年まで存続。
   梅田貨物線梅田コンテナターミナル線梅田(貨) - 梅田南(貨)非電化 〃 1982年
   桜島線貨物支線北港貨物線安治川口 - 大阪北港(貨) 〃  〃 1986年
     〃  桜島埠頭線桜島(旧) - 桜島埠頭(貨) 〃  〃 1986年関西フレートサービス(株)に運行委託。
   大阪環状線貨物支線大阪市場線野田 - 大阪市場(貨) 〃  〃 1985年1984年より野田駅の構内側線扱い。
     〃  大阪臨港線(浪速貨物線)境川(信) - 浪速(貨)大阪港(貨) 〃  〃 2006年浪速(貨) - 大阪港(貨)方面は1986年廃止。2004年全線休止。浪速駅以遠については浪速鉄道産業(株)に運行委託。
     〃  東港貨物線浪速(貨) - 大阪東港(貨) 〃  〃 1986年浪速鉄道産業(株)に運行委託。
   関西本線貨物支線貨物支線百済(貨) - 百済市場(貨) 〃  〃 1984年
 西  〃  阪和貨物線竜華(操) - 杉本町直流1500V 〃 2009年旅客列車は臨時列車のみ運転。末期は錆取り列車のみ運転。
   和歌山線貨物支線川端貨物線大和二見 - 川端(貨)非電化 〃 1982年
   紀勢本線貨物支線貨物支線新宮 - 熊野地(貨) 〃  〃 1982年
     〃    〃  紀伊由良 - 由良内(貨) 〃  〃 1968年
   東海道本線貨物支線貨物支線(尼崎市場線)尼崎 - 尼崎市場(貨) 〃  〃 1980年
  福知山線貨物支線尼崎港線尼崎 - 尼崎港(貨) 〃  〃 1984年1981年までは旅客列車を運行。旅客廃止後、貨物線に格下げ。尼崎駅起点だが実質は塚口駅より分岐。
  東海道本線貨物支線神戸臨港線東灘(信) - 神戸港(貨)直流1500V 〃 2003年旅客列車は1940年まで運行(ポートトレインのみ)。
     〃    〃  神戸港(貨) - 摩耶埠頭(貨)非電化 〃 1986年灘浜埠頭(信)経由(場内でスイッチバック)。
     〃  湊川貨物線神戸港(貨) - 湊川(貨) 〃  〃 1985年1988年頃まで高浜埠頭まで専用線として存続。
   山陽本線貨物支線兵庫臨港線兵庫 - 新川(貨)神戸市場(貨) 〃  〃 1984年
     〃    〃  新川(貨) - 兵庫港(貨) 〃  〃 1984年
  高砂線貨物支線 高砂 - 高砂港(貨) 〃  〃 1984年旅客営業は1921年まで、以後1985年の高砂線廃止まで旅客営業は高砂駅まで。
   山陽本線貨物支線貨物支線姫路 - 姫路市場(貨) 〃  〃 1979年
   山陰本線貨物支線貨物支線東松江 - 馬潟港(貨) 〃  〃 1975年
     〃  浜田港線西浜田 - 浜田港(貨) 〃  〃 1982年
   山陽本線貨物支線貨物支線下関 - 下関港(貨) 〃  〃 1942年
  鹿児島本線貨物支線貨物支線門司港 - 外浜(貨) 〃  〃 2008年2009年に平成筑豊鉄道門司港レトロ観光線として復活(旅客営業のみ)。
  鹿児島本線貨物支線鹿児島港線鹿児島 - 鹿児島港(貨) 〃  〃 1984年
  日豊本線貨物支線苅田港線小波瀬西工大前 - 苅田港(貨) 〃  〃 2005年
     〃  大分港臨港線西大分 - 大分港(貨) 〃  〃 1984年
   志布志線[11]貨物支線貨物支線油津 - 元油津(貨) 〃  〃 1960年
凡例
?印…詳細不明
【旅客欄】
▽印…全区間で旅客列車の運行があった路線 ▼印…一部区間で旅客列車の運行があった路線(いずれも団体列車は除く) 
無印…団体列車を除き旅客列車の運行実績はなし。
【休廃止欄】
◇印…休止路線であるが施設等は完全に残っているため復活は可能。 
◆印…休止路線であるが部分的または全区間にわたり施設が撤去されていたり、軌道敷上に他の構造物が建てられていたりしているため復活は不可能、事実上の廃止路線。
無印…廃止路線
【管轄欄】 1種…第1種鉄道事業者 2種…第2種鉄道事業者
国印…日本国有鉄道(国鉄) 北印…北海道旅客鉄道(JR北海道) 東印…東日本旅客鉄道(JR東日本) 海印…東海旅客鉄道(JR東海) 西印…西日本旅客鉄道(JR西日本) 四印…四国旅客鉄道(JR四国) 九印…九州旅客鉄道(JR九州) 貨印…日本貨物鉄道(JR貨物)

脚注・出典

  1. 経由するのは新金線、常磐貨物線、山手貨物線、高島貨物線。出典は、「貨物線」を行くツアー特集クラブツーリズム(2019年4月14日閲覧)および『日経MJ』2018年12月30日(ライフスタイル面)掲載記事【新サービス 記者がチェック】都会の貨物線走る鉄道ツアー/普段通れない鉄橋に興奮 お座敷列車「」で広々風景。
  2. 『北海道新幹線で行く 北海道鉄旅ガイド』 - JTBパブリッシング
  3. 『貨物列車ナビ2015-2016』 - 学研パブリッシング
  4. 『日本鉄道史年表: 国鉄・JR』 - 三宅俊彦
  5. 新潟駅付近連続立体交差事業 高架化工事に伴う列車の運休・バス代行輸送計画および新潟駅高架駅第一期開業について http://www.jrniigata.co.jp/press/20180323niigataekikoukakouji.pdf
  6. 『貨物列車のひみつ』 - PHP研究所
  7. 『総武線120年の軌跡』 - 三好好三
  8. 『首都圏の鉄道のすべて』 - PHP研究所
  9. 『貨物列車ナビ2014-2015』 - 学研パブリッシング
  10. 『関西圏の鉄道のすべて』 - PHP研究所
  11. 分岐駅の路線は現在、日南線に編入されている。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.