貞享

貞享じょうきょう日本元号の一つ。天和の後、元禄の前。1684年から1688年までの期間を指す。この時代の天皇霊元天皇東山天皇江戸幕府将軍は徳川綱吉

改元

朝廷は当初、「文長」と「天明」を候補として決めたが、江戸幕府が両方の案に反対したために紛糾し、最終的に朝廷が「天明」と差し替える形で提案された「貞享」で両者が折り合う形となった(「貞享」は最終案から落選した候補であり、朝廷が強く推していた「文長」とともに再提案の候補とされたが、幕府は再び「文長」を拒否して「貞享」を選択した)[1]

出典

周易』の「永吉、王用于帝、吉。(永なれば吉、王用って帝にす、吉。)」から。

「末長く正しい道を守るのがよろしい。天の神を祀り、神はこれをお受けになって、幸運を得る。」という意味である。

貞享年間の出来事

誕生

死去

西暦との対照表

※は小の月を示す。

貞享元年(甲子一月※二月三月四月※五月六月※七月八月※九月※十月十一月※十二月
グレゴリオ暦1684/2/163/164/155/156/137/138/119/1010/911/712/71685/1/5
ユリウス暦1684/2/63/64/55/56/37/38/18/319/2910/2811/2712/26
貞享二年(乙丑一月※二月三月※四月五月六月※七月八月※九月十月※十一月十二月※
グレゴリオ暦1685/2/43/54/45/36/27/27/318/309/2810/2811/2612/26
ユリウス暦1685/1/252/233/254/235/236/227/218/209/1810/1811/1612/16
貞享三年(丙寅一月二月※三月閏三月※四月五月※六月七月八月※九月十月※十一月十二月※
グレゴリオ暦1686/1/242/233/244/235/226/217/208/199/1810/1711/1612/151687/1/14
ユリウス暦1686/1/142/133/144/135/126/117/108/99/810/711/612/51687/1/4
貞享四年(丁卯一月二月※三月※四月五月※六月七月八月※九月十月十一月※十二月
グレゴリオ暦1687/2/123/144/125/116/107/98/89/710/611/512/51688/1/3
ユリウス暦1687/2/23/44/25/15/316/297/298/289/2610/2611/2512/24
貞享五年(戊辰一月※二月三月※四月※五月六月※七月八月※九月十月十一月十二月※
グレゴリオ暦1688/2/23/24/14/305/296/287/278/269/2410/2411/2312/23
ユリウス暦1688/1/232/213/224/205/196/187/178/169/1410/1411/1312/13

脚注

  1. 久保貴子「改元にみる朝幕関係」『近世の朝廷運営-朝幕関係の展開-』(岩田書院、1998年) ISBN 4-87294-115-2 P235-236


This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.