豊田真由子

豊田 真由子(とよた まゆこ、1974年〈昭和49年〉10月10日 - )は、日本コメンテーター。元政治家厚生労働官僚学位修士ハーバード大学2002年)。

豊田 真由子
とよた まゆこ
文部科学大臣政務官就任に際して
公表された肖像写真
生年月日 (1974-10-10) 1974年10月10日(46歳)
出生地 千葉県船橋市[1]
出身校 東京大学法学部卒業
ハーバード大学大学院修了
前職 厚生労働省老健局課長補佐
現職 社会福祉法人職員
コメンテーター
所属政党自由民主党細田派)→)
無所属
称号 修士(ハーバード大学・2002年
配偶者 あり

選挙区 埼玉4区
当選回数 2回
在任期間 2012年12月18日[2] - 2017年9月28日

厚生労働官僚として、金融庁総務企画局課長補佐在ジュネーブ国際機関日本政府代表部一等書記官厚生労働省老健局課長補佐などを務めた後、政界入り。政治家としては、衆議院議員(2期)、内閣府大臣政務官文部科学大臣政務官復興大臣政務官第3次安倍第1次改造内閣)などを歴任したが、2017年8月、秘書への暴言・暴行が報道されたことを受け自由民主党離党し、2017年10月の第48回衆議院議員総選挙に無所属で出馬したが落選する。

来歴

生い立ち

1974年千葉県船橋市で生まれる[1]。血液型A型[3]。3人姉妹の次女[3]船橋市立法典東小学校[3]桜蔭中学校・高等学校を経て[3]1993年東京大学文科Ⅰ類へ入学[3]する。法学部第2類公法コースに進み、佐々木毅のゼミナールで政治学を学んだ[3]

官僚として

1997年、東京大学法学部を卒業後、厚生省(現:厚生労働省)へ入省[3][4]2000年に国費留学生として ハーバード大学大学院へ入学し、パブリック・ヘルスを学ぶ[5]。2002年に理学の修士号を取得した[3][4]

中央省庁再編により設置された厚生労働省にて、社会・援護局健康局などで勤務。2003年から金融庁総務企画局保険企画室課長補佐。2007年に、在ジュネーブ国際機関日本政府代表部に一等書記官として赴任した[1][3][4]。在職中、ジュネーブで長男、その後パリで長女を出産[3]

2011年に帰国し、厚生労働省の老健局高齢者支援課課長補佐に就任した[3][4]東日本大震災の発生により、避難先や仮設住宅等における高齢者福祉政策等を担当した[5]復興が一向に進まない現状から、民主党政権の国家運営の実情に対し強い疑問を抱き、政治の世界に転身する決意をする[6]

政治家として

2015年10月9日、大臣政務官辞令交付後の記念撮影にて内閣総理大臣安倍晋三(左端)、内閣官房長官菅義偉(左から2人目)、外務大臣政務官山田美樹(右から2人目)と

厚生労働省を退官後、自民党埼玉県連の公募に合格。2012年12月の第46回衆議院議員総選挙埼玉県第4区から自由民主党公認で出馬し[3]、初当選した[7]。この時、豊田は足首を骨折していた[8]

自由民主党においては、厚生労働副部会長、厚生関係団体委員会・労働関係団体委員会・外国人労働者等特別委員会等にて副委員長、首都圏整備特別委員会の事務局次長、国家戦略本部の主査を務めた[9]派閥としては清和政策研究会に所属した[10][11]

2014年に、第47回衆議院議員総選挙で他候補を大きく引き離して再選[12]2015年10月9日に、第3次安倍第1次改造内閣内閣府大臣政務官(東京オリンピック・パラリンピック担当)、文部科学大臣政務官科学技術イノベーションスポーツ振興担当)、復興大臣政務官に就任。

2017年6月22日、週刊新潮で秘書への暴言暴行について報じられ、同日に自民党へ離党届を提出し[13]、8月10日に離党が了承された(詳細は不祥事節の「秘書への暴行」を参照)[14][15][16]。国会議員になってからの4年半で自身の秘書が100人辞めたと報道された[17]が、それに対して「辞めたのは15人程度」と反論した[18]

2017年10月の第48回衆議院議員総選挙に無所属で出馬したが、自民党が擁立した穂坂泰に敗れ落選[19]供託金没収は免れたものの、得票数は第47回総選挙の4分の1となる21,614票に減少し、立候補者5名のうち最下位であった[19]

政治主張

落選後

落選後は政界から離れ、2018年1月より介護や保育を手掛ける社会福祉法人で勤務[20][21][22]2019年10月にはNHKから国民を守る党から参議院埼玉県選挙区補欠選挙への出馬を打診されたが、固辞した[23]

2020年3月9日、フジテレビバイキング」にゲストコメンテーターとして登場。厚生労働官僚時代の2009年新型インフルエンザの担当外交官を務めた経験から、感染症の専門家として新型コロナウイルス問題の解説を行ったが、週刊誌で報じられたような秘書への暴言での感情的なイメージから一転、知識と経験に裏打ちされた論理的な解説で、SNS上でも好評を得た[24][25]。その後も、幾度か出演しているが、本人は騒動のイメージが残る中でテレビ番組に出演することに、「正直、怖くてためらった」と語っている[24][26][27]

人物

  • 国土交通省のキャリア官僚である夫との間に一男一女をもうけている[28]
  • 座右の銘は「艱難汝を玉にす」、趣味は絵画鑑賞、ジョギング、料理[7]
  • 厚生労働省時代に、TOEIC960点のスコアを取得[8][注 1]
  • ハーバード公衆衛生大学院時代に豊田を教えたマイケル・ライシュは、同大学院の修了生の多くが医療や途上国のフィールドでの活動を選ぶ中で、豊田は政治家となった数少ない事例であると述べている[5]
  • 第18回ビートたけしのエンターテインメント賞話題賞を受賞した。
  • 三度の飯より勉強好きと言う。政界復帰も否定し「希望は必ずある。大変な時期でも生きていくしかない」・「仕事も人生も、とにかく地道に」と今後の予定を述べた[29]
  • 田中絵里緒は中学から大学まで同級で親友である[30]

発言

  • 厚生労働省時代に、甚大な被害を受けた東日本大震災の被災地で、避難先や仮設住宅等での高齢者福祉政策等を担当した経験から、衆議院議員となった後も被災者の声を聴き、「決して忘れない」ことを伝えるために被災地へ通い続けることが大切だと述べている[5]
  • 2014年の衆議院議員再選で、政策を立案する官僚と、現場の思いをくみ取る国会議員という異なる立場を経験したことを生かしたいと述べている[31]

不祥事

政治資金問題

医療法人徳洲会」のグループ企業である株式会社ダイエタリーケアから、豊田の後援会へ2012年に開催されたパーティー代150万円の寄付があったと2013年に報じられた[32]が、2013年12月2日に全額返還している[33]

園遊会でのトラブル

2014年4月17日、春の園遊会に夫と共に招待されたが、夫ではなく招待者でもない豊田の母親[34]を同伴して入場を試みるも、宮内庁職員から非招待者の入場を拒否されると大声で抗議し[34]、制止する宮内庁職員を無視して母親を同伴して入場した[35]。その後、宮内庁は衆議院へルールの周知徹底を要請した[35][注 2]

秘書への暴行

2017年6月22日発売の『週刊新潮』が、豊田が政策秘書の男性(6月22日の時点で既に退職。以下「元秘書」)に対して暴言・暴行を行っていたと報じ、元秘書が録音した音声[37][38][39]YouTubeの「デイリー新潮」で公表した[40][41]

6月29日発売の『週刊新潮』の報道によると、同誌が公表した音声には、元秘書への豊田の暴言、元秘書の娘が強姦通り魔に遭って殺されるというたとえ話が含まれていた[42]

6月22日発売の『週刊新潮』の報道によると、この暴行のきっかけとなったのは、豊田の支援者へ贈るバースデーカードの宛名を元秘書が間違えたことに、豊田が激怒したことであった[40][43]。6月29日発売の『週刊新潮』の報道によると、豊田の「赤ちゃん言葉」(「あるんでちゅかぁ!」「どうしてそんなことになるのかな〜」などと申し向け、当該男性に対して尋常でない屈辱感を与えることを狙ったと思われる極度に悪質なもの)による暴言も存在した[44]

6月22日、自民党幹事長代行の下村博文は、豊田が精神的に不安定となり、入院したと発表した[45]

6月22日、豊田の事務所は暴言・暴行の事実を認めた[46]。豊田は元秘書に対する暴言・暴行の責任を取り[46]、事務所を通じて自民党に離党届を提出した[41][46]

7月3日、毎日新聞は、豊田の事件が2017年都議選(2017年7月2日)における自民党大敗の一因となったと論評した[47]

7月6日、元秘書は、豊田から暴力を振るわれた旨の被害届を埼玉県警察に提出した[48][49]。元秘書は、豊田から被害を受けた際の音声データ、診断書も埼玉県警に提出した[50]

7月7日、自由民主党埼玉県連合会は、党本部が離党届を受理した時点で、地元出身者等を公募で募集して公認候補とする意向を発表し、第48回衆議院議員総選挙穂坂泰を公認した[51]

豊田は9月17日放送の『Mr.サンデー』(フジテレビ系列)に出演し、謝罪した上で当時の心境を述べた[52]

10月27日、埼玉県警は、傷害暴行の容疑で豊田を書類送検した[53]。容疑は「顔や頭を殴った」などと報道されたが、豊田はそれらを否定して「手は上げたが、頭を殴ったのではなく肩をたたいた」と説明していた[54]

12月27日、さいたま地方検察庁が豊田を不起訴とした[55]。豊田の傷害と暴行の嫌疑は拭えず[56]、元秘書は豊田と示談していない[50]が、刑事処罰を求めない旨の上申書が元秘書からさいたま地検へ提出され、起訴猶予とされた[57][55][50]

12月27日、豊田は事務所を通じて謝罪と反省を述べたコメント(直筆[50])を発表した[58]

著書

共著

  • 『保険業法Q&A―少額短期保険業のポイント』(白藤文祐との共著、ただし主として白藤らによる著作であり、豊田の記述部分は僅かである)、保険毎日新聞社、2006年11月、ISBN 4892930156。

寄稿

  • 自民党国家戦略本部(編)『日本未来図2030』、日経BP社、2014年12月、ISBN 4822225194。

出演番組

テレビ

ラジオ

脚注

注釈

  1. 海外赴任前に、TOEIC900点以上のスコアが必要であったことが取得の動機である[8]
  2. 園遊会に招待されるのは、(1)要人(立法・行政・司法、地方公共団体)と、その配偶者 (2)各界功績者と、その配偶者 (3)日本に駐箚する各国の外交官(大使など)と、その配偶者・令嬢[36]。例外として、たとえば招待者が車いすを使用している場合などに、「介助者」を同伴して入場することは認められる[35]。豊田の母親は2014年4月17日の園遊会に招待されておらず[34]、例外として招待者への同伴が認められる「介助者」に該当しないため、豊田が母親を同伴して入場することはできないルールであった[34]

出典

  1. 豊田真由子君”. 衆議院 (2017年9月23日). 2017年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月2日閲覧。
  2. 平成24年(2012年)12月18日埼玉県選管告示第96号(衆議院小選挙区選出議員選挙において当選した者の住所及び氏名並びに候補者届出政党の名称)
  3. とよた真由子. プロフィール”. 2017年5月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月7日閲覧。
  4. 文部科学大臣政務官 豊田 真由子 (とよた まゆこ) 第3次安倍改造内閣 大臣政務官名簿 総理大臣 首相官邸ホームページ”. 首相官邸ホームページ. 2017年9月23日閲覧。
  5. Public health politician (英語). Harvard T.H. Chan School of Public Health (2014年8月19日). 2020年1月8日閲覧。
  6. MEDIFAX digest
  7. 文部科学大臣政務官(2015年10月現在)”. 文部科学省. 2015年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月25日閲覧。
  8. 月刊「新潮45」2013年12月号「桜蔭だけがなぜ特別なのか」
  9. 自由民主党 役員表 自由民主党
  10. 会員・準会員紹介 清和政策研究会
  11. 豊田 真由子 清和政策研究会
  12. 読売新聞 2014年12月15日
  13. “豊田真由子衆院議員が自民党に離党届を提出 元秘書への暴行・暴言報道で引責”. 産経新聞. (2017年6月22日). http://www.sankei.com/politics/news/170622/plt1706220021-n1.html 2017年6月22日閲覧。
  14. “豊田真由子氏の離党了承”. 毎日新聞. (2017年8月10日). https://mainichi.jp/articles/20170811/k00/00m/010/175000c 2017年8月11日閲覧。
  15. 自民、豊田氏の離党届受理 秘書への暴行など報道(2017年8月10日、日本経済新聞)2020年8月11日閲覧
  16. 「このハゲ」豊田真由子議員の離党届を了承(2017年8月11日、テレビ朝日)2020年8月11日閲覧
  17. 秘書暴行の豊田真由子議員、秘書は「4年半で100人辞めた」「死んじゃう…」と永田町では悪評”. ビジネスジャーナル (2017年6月28日). 2020年6月14日閲覧。
  18. 豊田真由子氏、議員辞職せず 月刊誌で「辞めた秘書は15名程度」と説明”. 産経新聞 (2017年9月7日). 2020年6月14日閲覧。
  19. 豊田真由子氏は最下位 得票数は前回の4分の1の2万票 支援者らと涙流し抱き合う”. 産経新聞. 2017年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月23日閲覧。
  20. ““このハゲ!”豊田真由子氏、現在は福祉の仕事に従事 後見人社長は「政界復帰はない」”. 週刊新潮. (2019年10月17日). https://www.dailyshincho.jp/article/2019/10081700/?all=1 2019年10月12日閲覧。
  21. “【ヒューマン】豊田真由子さん、暴言騒動からイメージ一新 どん底で学んだ希望”. サンスポ. (2020年4月18日). https://www.sanspo.com/geino/news/20200418/int20041805040001-n1.html 2020年6月4日閲覧。
  22. “〈独占告白〉「このハゲ〜!」騒動から3年・豊田真由子「意識のあるときは、死ぬことばかり考えていた」”. 婦人公論.jp. (2020年4月18日). https://fujinkoron.jp/articles/-/2072?page=3 2020年6月4日閲覧。
  23. “参院選当選したのに辞めて参院補選立候補…ありなの?”. 朝日新聞. (2019年10月9日). https://www.asahi.com/articles/ASMB94RH4MB9UTIL02H.html 2019年10月12日閲覧。
  24. 豊田真由子氏、新型コロナ解説で評判 異例のケースも番組側は信頼”. Yahoo!ニュース(マイナビニュース) (2020年5月7日). 2020年7月26日閲覧。
  25. “「ハゲー!」豊田真由子氏バイキングでコロナ解説”. 日刊スポーツ. (2020年3月9日). https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202003090000392.html 2020年3月9日閲覧。
  26. 豊田真由子さん「コメンテーター転身」をネット民歓迎の理由(2020年3月31日、NEWSポストセブン)2020年8月11日閲覧
  27. 豊田真由子氏、新型コロナ解説で評判 異例のケースも番組側は信頼 マイナビニュース 2020年5月7日
  28. “桜蔭中高-東大-ハーバード院/豊田真由子氏の略歴”. 日刊スポーツ. (2017年6月23日). オリジナルの2017年6月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170623050843/https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1844479.html 2017年6月23日閲覧。
  29. 豊田真由子さん、暴言騒動からイメージ一新 どん底で学んだ希望 【ヒューマン】豊田真由子さん、暴言騒動からイメージ 2020.4.18
  30. 豊田真由子さんと私の関わり| Facebook 2017年6月23日
  31. 埼玉新聞 2014年12月15日
  32. 朝日新聞 2013年11月25日
  33. 「変えるぞ日本とよた真由子を育てる会」政治資金収支報告書(平成25年分 定期公表)
  34. “豊田議員、園遊会でもトラブル 母親入場させようと”. 共同通信. (2017年6月22日). オリジナルの2017年7月9日時点におけるアーカイブ。. https://this.kiji.is/250598262111929851?c=39546741839462401 2017年7月9日閲覧。
  35. “自民・豊田真由子衆院議員、ルール違反 園遊会に招待者以外同伴”. 産経新聞. (2014年4月29日). オリジナルの2014年11月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141124061154/http://www.sankei.com/life/news/140429/lif1404290008-n1.html 2017年6月22日閲覧。
  36. 園遊会”. 宮内庁. 2017年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月24日閲覧。
  37. 【週刊新潮】凶暴代議士「豊田真由子」による秘書への“絶叫暴言&暴行傷害”音声 - YouTube
  38. 【第2弾】「豊田真由子」代議士の“ミュージカル調”イジメ音声 - YouTube
  39. 【第3弾】〈物事にはねえ!裏と表があんの!!〉 さらなる絶叫暴力「豊田真由子」代議士 - YouTube
  40. 自民党の豊田真由子衆院議員が秘書に暴言、暴行 週刊新潮が「その女代議士、凶暴につき」と報道”. 産経新聞 (2017年6月22日). 2017年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月30日閲覧。
  41. 豊田真由子議員、自民に離党届 秘書への暴行疑惑報道”. 朝日新聞 (2017年6月22日). 2017年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月30日閲覧。
  42. 安倍チルドレン「豊田真由子」代議士の“絶叫暴行”を秘書が告発”. 週刊新潮 (2017年6月29日). 2017年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月30日閲覧。
  43. “豊田氏秘書への暴言きっかけ カード受け取った男性「まさか、こんなことで」”. 東京新聞. (2017年6月22日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/list/201706/CK2017062302000195.html
  44. “「豊田真由子様に向かって」や「あるんでちゅかあ!」の赤ちゃん言葉 週刊新潮が新たな罵声、暴言報じる”. 産経新聞. (2017年6月29日). オリジナルの2017年7月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170731111823/http://www.sankei.com/affairs/news/170629/afr1706290014-n1.html 2017年7月13日閲覧。
  45. “豊田真由子衆院議員が入院 精神的に不安定になり…”. 産経新聞. (2017年6月22日). オリジナルの2017年6月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170623125819/http://www.sankei.com:80/politics/news/170622/plt1706220032-n1.html 2017年9月19日閲覧。
  46. “自民党の豊田真由子衆院議員が離党届 元秘書への暴行・暴言で引責 本人は入院”. 産経新聞. (2017年6月22日). オリジナルの2017年12月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171229205720/http://www.sankei.com/politics/news/170622/plt1706220049-n1.html 2017年12月30日閲覧。
  47. “都議選 自民、逆風で崩壊 揺らぐ「安倍1強」”. 毎日新聞. (2017年7月3日). オリジナルの2018年7月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180709073848/https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170703/ddm/003/010/127000c 2017年7月9日閲覧。
  48. “豊田真由子議員の暴行疑惑、元秘書が埼玉県警に被害届”. 朝日新聞. (2017年7月7日). オリジナルの2017年10月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171023171439/http://www.asahi.com/articles/ASK6V7T1TK6VUTNB00V.html 2017年7月6日閲覧。
  49. “豊田議員の元秘書が被害届 傷害などの疑いで捜査へ”. 日本放送協会. (2017年7月7日). オリジナルの2017ー07-06時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170706215322/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170707/k10011047441000.html 2017年7月6日閲覧。
  50. “「豊田真由子氏に小さなチャンスを贈ります」「再生のきっかけ必要」 不起訴上申書出した元秘書がコメント”. 産経新聞. (2017年12月27日). オリジナルの2018年1月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180103222953/http://www.sankei.com/affairs/news/171227/afr1712270052-n1.html 2018年1月4日閲覧。
  51. “埼玉の自民県連 豊田真由子氏の後任候補は地元出身を軸に公募で一致 有権者「地元としては恥」”. 産経新聞. (2017年7月8日). オリジナルの2017年10月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171010005818/http://www.sankei.com/politics/news/170708/plt1707080028-n1.html 2017年7月10日閲覧。
  52. “「どうかしてたんだなっていう…」豊田真由子衆院議員が「Mr.サンデー」で涙の謝罪”. 産経新聞. (2017年9月17日). オリジナルの2017年10月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171023230726/http://www.sankei.com/politics/news/170917/plt1709170029-n1.html 2017年9月19日閲覧。
  53. “元秘書暴行で豊田真由子氏を書類送検「頭は殴っていない」と一部否認”. 産経新聞. (2017年10月27日). オリジナルの2017年10月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171027053410/http://www.sankei.com/affairs/news/171027/afr1710270023-n1.html 2017年10月27日閲覧。
  54. 豊田真由子氏を書類送検「手は上げたが殴ったのではなく肩をたたいた」”. ハフポスト (2017年10月22日). 2020年6月14日閲覧。
  55. “さいたま地検 豊田真由子元議員を不起訴 秘書暴行問題”. 毎日新聞. (2017年12月27日). オリジナルの2017年12月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171227145320/https://mainichi.jp/articles/20171227/k00/00e/040/281000c 2017年12月27日閲覧。
  56. “さいたま地検 豊田真由子元議員を不起訴 秘書暴行問題”. 毎日新聞. (2017年12月27日). オリジナルの2017年12月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171227145320/https://mainichi.jp/articles/20171227/k00/00e/040/281000c 2017年12月27日閲覧。
  57. 豊田真由子氏を不起訴処分に 元秘書への暴行問題”. 朝日新聞 (2017年12月27日). 2017年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月30日閲覧。
  58. “豊田真由子氏「償いの気持ちと向き合う」 不起訴受け”. 朝日新聞. (2017年12月27日). オリジナルの2018年1月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180103222318/https://www.asahi.com/articles/ASKDW6JPXKDWUTNB00K.html 2018年1月4日閲覧。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.